東銀座エリアの企業に就業している方の中で、企業の新規プロジェクト発足時に利用できるワークスペースを探している方や、これから脱サラして起業しよう、副業しようと考えている方、広さと機能を備えたレンタルオフィスやシェオフィスの活用を検討してみたことはありますか?

 

ここでは東銀座でワークスペースを探している方に、初期投資が少なく月々の利用料もリーズナブルなレンタルオフィスやシェアオフィスを見つけるための方法をご紹介していきます。

 

企業の不足するワークスペースを補えるレンタルオフィス、シェアオフィス

近年、コスト削減の一環としてオフィスの延床面積を縮小する企業が増えてきています。ネットインフラ環境の浸透により、オンラインミーティングやリモートワークなどが導入しやすくなったことも追い風となり、今後こうした流れはますます加速する見込みです。時に2020年はコロナの影響が大きく、これから先も日本経済は先行き不透明ということもあってか、東京都内のオフィスの空室率は上がっているようです。
(
データ参照【オフィスビル市況】202010月度の東京主要5区空室率は4.09)

 

しかし企業のワークスペースが削減されると、新たなスペースが必要となった場合には逆にスペース不足に悩まされる場合もあります。特に大手企業のように日々新たなプロジェクトが発足し、プロジェクトチームが一同に集まれる場所の確保が難しい場合には、社内ではなく外部のレンタルオフィスなどを利用する必要が出てくるでしょう。

 

しかしエリアによっては空きがほとんどなく利用できないといったケースが発生してしまいがち。特に東銀座にはマーケティング会社や飲食関企業などがひしめくエリアにて、何としてもスペースを確保したい企業によって日々争奪戦が繰り広げられています。

 

起業や副業スタート時に機能がすべて備わったレンタルオフィスやシェアオフィス

大企業を中心に副業が解禁され、社員がサイドビジネスに携わることを禁止していた時代も終焉に向かいつつあります。働き方の価値観が見直され、人生のリスクヘッジや趣味のビジネス化など様々な個人のニーズが実現できる環境ができる世の中では、脱サラ起業や副業によって今まで以上の収入を得るための施策も以前に比べて格段に行いやすくなりました。

 

脱サラ起業や副業を考える際、実はしっかりと確立しておきたいのが「ワークスペースの確保」です。

 

ネット環境が整備され、カフェやファミレス、自宅でも気軽に起業準備や副業に取り組めるようになりましたが、かなりの人が「集中できない」「安全面に不安がある」という思いを持ちながらやっていることも事実。

 

たとえばカフェやファミレスでの仕事は、周囲の雑音が気になって仕事に集中できなかったり、後ろからパソコンの情報が見られているのではないか?というセキュリティ面での不安が付きまとったりすることもあります。また、席に着いた状態でパソコンを開き、オンラインミーティングや通話を行えば他の人に迷惑が掛かるため、行える作業は限定されてしまいます。

 

一方自宅での仕事では、家族の存在であったり睡魔や趣味の誘惑に負けたりして、作業が一向に進まないといったケースもあることでしょう。

 

しかしレンタルオフィスを利用すれば、設備がすべて整った静かな環境でじっくりと仕事に取り組むことが出来ます。起業の場合には、家から近い場所であれば大きな負担にはなりませんし、副業の場合には利用できる時間が終業後や休日などに限定されますが、利用環境として不安定なカフェやファミレスと違ってほぼ確実に利用可能であることは最大のメリットと言えます。

 

そんなレンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスですが、東銀座エリアにはどのようなものが存在しているのでしょうか?

 

東銀座エリアのレンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィス事情

東銀座エリアの一般的なオフィス賃料ですが、「銀座」と言えば日本一地価が高い!と言われる場所であること、また東京でも有名なオフィス街であることから、周辺エリアと比べてもかなり高めの設定となっています。
それゆえ、企業のプロジェクト用ワークスペースとしてはそれほど金額の高さを感じないかもしれませんが、脱サラ起業や副業を考えている人にとっては少々ハードルの高いエリアであるといえるでしょう。

 

このエリアのレンタルオフィスやシェアオフィス数はとても多く、銀座の地にふさわしいエグゼクティブ限定オフィスや士業専門オフィスといったものが存在している一方、無駄を徹底的に排除したローコストのレンタルオフィスやシェアオフィスなどもあり、バラエティーにとんだ展開がなされていることが見受けられます。

 

しかしながら、人気のオフィス街ということもあり空室が出ることは稀だということは知っておきましょう。

 

以下に東銀座エリアにあるレンタルオフィスやシェアオフィスの利用料金イメージや形態をまとめていますので、検討する際の参考にしてみてください。

 

東銀座エリアのレンタルオフィス料金のイメージ

 

エリア 形態 料金 面積 人数 その他
レンタルオフィスA 東銀座徒歩3 レンタルオフィス 月額40,000+インセンティブ~ 2.02㎡~7.96 1名~3 不動産ベンチャー起業バックアップオフィス
レンタルオフィスB 東銀座駅徒歩2 レンタルオフィス・シェアラウンジ・会議室 シェアラウンジ

月額20,000

レンタルオフィス

非公開

- 1~最大30

(会議室含む)

24時間利用可能

海外の日本支社にも利用可能

レンタルオフィスC 東銀座駅徒歩6 バーチャルオフィス・レンタルスペース バーチャルオフィス

月額4,743円~

レンタルスペース利用

1時間1,000円~

- 1名~ 会社設立支援、商標登録など創業支援あり
レンタルオフィスD 東銀座駅徒歩3 バーチャルオフィス・貸し会議室 バーチャルオフィス

月額3,150円~

貸し会議室

1時間1,000円~

- 1名~9 時間貸し会議室
レンタルオフィスE 東銀座徒歩2 レンタルオフィス・シェアオフィス・コワーキングスペース ※通常プランの場合

フリーデスク

月額25,000円~

スタンダード

月額45,000円~

エグゼクティブオフィス

月額60,000円~

総面積1,000 1名~ エグゼクティブデスクあり
レンタルオフィスF 東銀座駅徒歩2 レンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィス バーチャルオフィス

月額3,800

フリーデスク

月額9,505

個室

月額50,000円~

0.5坪(個室) 1名~ インキュベーション施設
低コスト

 

使いたい時に使いたいだけ利用可能なレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

以上のように東銀座エリアのレンタルオフィスやシェアオフィスは数が豊富ですが、企業のプロジェクト用としては小さすぎたり、個人で利用するには金額が高めのため、選ぶのが難しいと感じるかもしれません。
さらにもっと根本的な部分として「空きがない」という問題に遭遇する可能性も高いことを忘れてはいけません。

 

そこでぜひおススメしたいのが、東銀座から徒歩圏内、銀座6丁目にある時間貸しのレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は、2000年のスタートからおよそ20年以上、銀座で運営を続けるレンタルオフィス。銀座風月堂ビル5階で450㎡のワンフロアーを利用したバーチャルオフィス機能付きレンタルオフィス事業を展開しています。

 

そんな銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」の利用メリットについて簡単にまとめてみました。

 

10名ほどのミーティングも十分可能、リーズナブルな完全個室型レンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」では22ある個室のほとんどが密閉された完全個室スペースとなっています。

通常の個室スペース利用では、16名程度のスペース提供が多い中、10名を有する大規模なミーティングなどが十分可能な広めのスペースが利用できるのはとても魅力で、企業のプロジェクト利用時などにも重宝します。

 

「銀座ビジネスセンター」は個室スペースを固定で契約する形ではなく時間貸しタイプのレンタルオフィスなので、希望するサイズの部屋の空き状況を確認した上で予約・利用し、使った分だけの請求となるので非常に経済的です。

 

キャンセル料が一切かからない、利用者に親切なレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」の個室ですが、基本的には前日までに予約することで利用可能となります。ただし急な予約でもほとんど問題なく利用できるため、利用者にはうれしい限りです。

逆に「急な仕事が入ってしまいキャンセルしたい」といった場合でも、電話やメールにてキャンセルすることができます。当日キャンセルの場合には予約した時間分の全額または一部料金を支払わなければならないレンタルオフィスも多い中、「銀座ビジネスセンター」はキャンセルのタイミングに関わらず、キャンセル料が一切かかりません。

 

まとめ

企業のプロジェクト推進用スペースや脱サラ起業や副業用のワークスペースを東銀座で探すなら、使いたい時に使いたいだけ利用可能な時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」がおすすめです。

 

この機会に、快適なビジネス環境がすべて整っている「銀座ビジネスセンター」をぜひ一度利用してみませんか?

おすすめの記事