シェアオフィスやレンタルオフィスといった施設が、コロナ禍を機に知名度を高めた現在、スタートアップ企業や個人事業主の方だけでなく、スモールビジネスを展開する企業、さらにはこれまで賃貸オフィスを借りていた企業がコスト削減のためにオフィスに移転するなど、シェアオフィスやレンタルオフィスの需要が高まっています。

しかし、シェアオフィスやレンタルオフィスという名前は聞いても、実際どのようなサービスを提供しているのか、どのような施設なのかがよくわかっていない方もいることでしょう。たとえば、フリーアドレス形式のデスクではなく個室利用が可能なシェアオフィスは、レンタルオフィスとどこが違うのか明確に答えられる人は少ないかもしれません。とはいえ、これからシェアオフィスやレンタルオフィスを利用したいと考えている方は、しっかりとその違いを知っておくことで、自分の利用目的に合った快適なオフィスを見つけられるようになります。

今回は、シェアオフィスで個室利用可能な施設やレンタルオフィスとの違いについて、見ていきたいと思います。

個室利用可能なシェアオフィスとは?

一般的なシェアオフィスはフリーアドレス形式のデスクが設置されており、自由に空いている席で作業したり、打ち合わせしたりするイメージを持っている方が多くいるのではないでしょうか。しかし、中には簡易的な間仕切りで区切られたスペースがあるものや、個室が設置されたシェアオフィスもあるため、レンタルオフィスのような専用個室で作業したいと思っている方は、シェアオフィスでも個室空間を利用できるのです。

個室利用可能なシェアオフィスがレンタルオフィスと異なる点として、シェアオフィスは個室以外のオープンスペース利用によって気分を変えて作業できるのに対し、レンタルオフィスは、自身が利用する個室以外のスペースがない(会議室は除く)といったことがあります。また、シェアオフィスの中には、個室利用者専用のラウンジが設けられている施設もあるようです。

しかし、それ以前にレンタルオフィスが他の利用者と交流を求めず、作業することをメインに考えたスペースであるのに対し、シェアオフィスは交流を求める人たちが集う場所という意味合いを持つことから、両者を利用する層がそもそも違っている点は把握しておかなければいけません。

以上は一般的なシェアオフィスとレンタルオフィスの違いについてまとめたものであるため、運営会社によって両者を併せもったタイプの施設や、独自のサービスを展開している施設もあり、さまざまなシェアオフィスの情報を調べてみると新たな発見ができるかもしれません。

個室利用できるシェアオフィスのメリット・デメリット

シェアオフィスを好む方の中には、周囲に人がいる環境が好きな方もいれば、静かな環境を望む方がいるなど千差万別。そのため、シェアオフィスが自分に合っているかどうかは、実際に施設の様子を知らなければわからないというのが現状です。

ここまで見てきたように、個室スペースとオープンスペースの両方が利用できるシェアオフィスであれば、両者のメリットを享受できるため利用価値が高いように感じます。専用個室が利用できるタイプ(月額固定型の場合)のシェアオフィスであれば、部屋に荷物を置きっぱなしにできたり、オフィス備品を置いて機能的なオフィスに変貌させたりすることが可能。チームメンバーが集まって他人に聞かれたくないミーティングをすることもできます。また、気分が滅入ったときには、オープンスペースに出てザワザワとした話し声や音を感じながら作業するなど、さまざまな利用方法が考えられる点がシェアオフィスの大きな利点だといえるでしょう。

その反面、シェアオフィスの個室を利用すれば、当然コストはフリーアドレス利用に比べて高くなるため、ローコストであることを重視してシェアオフィスを検討するのであれば、二の足を踏んでしまうかもしれません。

個室利用できるシェアオフィスのチェックポイント

個室利用が可能なシェアオフィスを利用してみたいと思ったとき、検討段階でチェックすべきポイントにはどのようなものがあるでしょうか?

チェックポイント
  • 個室の空き状況(満席時の待ち時間)
  • 空間の広さ
  • 備品の利用可否
  • オフィス家具設置状況
  • トータルコスト(シェアオフィス利用料と個室利用料の総額)
  • 法人登記の可否
  • 郵便物等の対応状況
  • インターネット接続状況
  • セキュリティ
  • 清掃状況(個室・共有部・トイレなど)
  • 営業時間

などがあります。上記以外に立地状況や交通アクセスなどを含め、利用しやすいシェアオフィスであるかどうかをチェックしておきましょう。

より個室環境を重視したい方はレンタルオフィスの検討も

個室利用可能なシェアオフィスは、個室以外にもフリーアドレスの席で仕事ができるなど、ワーキングスペースとしての柔軟さが魅力ポイントですが、「とにかく静かな環境で作業したい」という方には、シェアオフィスよりも専用個室に重きを置いたレンタルオフィスのほうが利便性は高いかもしれません。

一見コストが高く感じるレンタルオフィスですが、なかには非常にリーズナブルなものも存在します。

例えば、東京の銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」は、時間貸しタイプのレンタルオフィス。1時間1,760円からの料金で完全密閉スペースを使用できるため、静かな環境をリーズナブルに利用したい方にはおすすめのレンタルオフィスとなっています。銀座6丁目にある銀座風月堂ビルの5階に拠点を構える「銀座ビジネスセンター」は、20年以上の運用実績を誇ります。東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からは徒歩5分という交通利便性の高さが魅力です。

「銀座ビジネスセンター」は月額利用料金が11,000円からとなっていますが、この料金には、バーチャルオフィスとしての機能が含まれており、法人登記や口座開設に必要となる銀座アドレスの利用や郵便物の受取・保管・転送対応といったサービスも受けられます。通常都内で完全密閉型の個室を利用するとなると、月額10万円程度の金額がかかるのはざら。銀座周辺だと30万円ぐらいするものもあります。「銀座ビジネスセンター」なら個室利用は予算に応じて調整可能なため、スタートアップ企業や個人事業主、1人会社などスモールビジネス従事者にも、かなりコストメリットが高いオフィスだといえます。

また、全22部屋はすべて防音対策が施されており、隣の部屋の声が自室に聞こえることはありません。また、各部屋には施錠扉が付いており、セキュリティ面の不安がないことも安心材料となっています。オフィス備品やオフィス家具も買いそろえる必要なく、すべて施設のものが利用可能。しかも基本無料である点も大きなメリットです(一部備品は有償)。

シェアオフィスのようにローコストのオフィスを検討していた方も、より高いパフォーマンスを発揮するためには快適で静かな環境の確保は欠かせません。レンタルオフィス「銀座ビジネスセンター(URL: https://www.ginza-bc.co.jp/)」は、リーズナブルな料金で完全個室が利用できる優れたレンタルオフィス。ぜひ一度検討してみることをおすすめします。

おすすめの記事