東京中央区で起業・開業したいスタートアップ企業やフリーランスの方の中には、バーチャルオフィスを事業拠点としてビジネスをスタートさせたいと考えている人もいるのではないでしょうか?

バーチャルオフィスであれば、少ないコストでも希望のエリアにて事業用の住所を持つことができるため非常に便利。

ましてや東京のど真ん中にあたる中央区に会社のアドレスを持つことが出来れば、ビジネス展開も思いのほかスピーディーに進む可能性が高まります。

今回は東京都内の中央区にてバーチャルオフィスを検討している方のために、重視したいポイントやおすすめのバーチャルオフィス・レンタルオフィスをご紹介していきます。

 

バーチャルオフィスとはどのようなものを言うの?

バーチャルオフィスやレンタルオフィス、シェアオフィス、コワーキングスペースなど、オフィス形態の多様化により様々なタイプのオフィスが登場していることから、何がどんな特徴を持つのかよく理解できていない人もいるでしょう。

中にはバーチャルオフィスと思って契約したものの実はシェアオフィスだった、という笑えない話もあるようです。

バーチャルオフィスとはどんなものなのか、他のオフィス形態との違いや特性を理解しながら見ていきましょう。

 

バーチャルオフィス

バーチャルオフィスとは、物理的なスペースを持たない「住所貸し」スタイルのオフィス形態のものを指します。コロナ禍の影響で会社に出社しない働き方が一般化されつつある今、働く場所はオフィスであったり近所のカフェだったり、様々な場所で自由にできることが増えてきました。

しかしながら、起業時やフリーランスとしての事業所として、拠点となる住所が必要となります。その際、法人登記や開業する住所を自宅にするとセキュリティ的に不安、ということもあることでしょう。

そんな時バーチャルオフィスであれば、低コストで法人登記や口座開設時に使用できる住所利用が可能。物理的になじみのない場所にあるレンタルオフィスでも契約することが出来るので、「東京近郊に住んでいるけれども、会社アドレスは中央区に置きたい」といったニーズにも応えてくれるのがバーチャルオフィスなのです。

 

レンタルオフィス

レンタルオフィスとは、専用の個室利用が可能なオフィス形態のものを指します。契約している間は自分だけの誰にも邪魔されない空間が利用できるとあって、1人でビジネスを立ち上げた方や、フリーランスの方には人気のオフィスとなっています。しかしながら、月額固定型のレンタルオフィスの場合には、家の家賃と同様に使っても使わなくても費用が掛かりますし、エリアやグレードにもよりますが、東京都内のレンタルオフィスは総じて費用は高めです。完全密閉型(天井までしっかり塞がれているタイプ)の場合、月額10万円程度はかかると見ておく必要があります。

 

シェアオフィス

シェアオフィスとは、自分以外の利用者もフリーアドレス(固定の席を持たない)にて利用するオフィス形態を指します。レンタルオフィスのような個室がない分料金設定も安めとなっていますが、セキュリティ的に不安があることや、コロナ禍において不特定多数の人間が出入りする環境にあるため、あまり好ましい環境とは言えないのが実情です。

 

コワーキングスペース

コワーキングスペースは、作業場というよりも利用者間での交流を目的とした場が提供されるスペースを指します。コロナ禍以前には活発的な交流が行われていましたが、コロナ禍の現在ではワーキングスペースとしての利用シーンが多い印象となっています。

 

サテライトオフィス

サテライトオフィスとは、企業の本社から離れたところに設置されるスポット的なオフィスを指します。郊外や地方に設置されることが多く、本社へわざわざ出社せずとも十分業務に支障をきたさないような環境が構築されることにより、社員の通勤時間短縮や子育て・介護といった家庭の事情を持つ社員の退職防止にも活用されています。

サテライトオフィスはコロナ禍においてよく耳にするようになった言葉ですが、実は今から30年近く前にすでに生まれていた歴史を持つオフィス形態だったりします。

 

バーチャルオフィスを選ぶ際に重視すべきポイント

バーチャルオフィスを契約する際にはいくつか外してはいけないポイントがあるのですが、それは「エリア」と「法人登記や銀行口座開設ができるかどうか」ということ。

「エリア」に関しては自宅近くである必要はなく、できるだけ知名度がある場所を選ぶことが重要です。

法人登記する場所は会社の顔となるため、取引先や商談相手に良い印象を与えられるエリアがベスト。東京都内であれば銀座や渋谷、新宿、六本木といったエリアでバーチャルオフィスを活用できる運営会社を探してみましょう。特に銀座エリアは世界的にも知名度が高いというメリットがあります。グローバル展開を視野に入れる方であれば銀座エリアにあるバーチャルオフィスがおススメです。

また「法人登記や銀行口座開設ができるかどうか」ですが、すべてのバーチャルオフィスで法人登記や銀行口座開設ができるというわけではありません。そもそも法人登記サービスをしていなかったり、口座開設の実績が乏しいバーチャルオフィスである可能性もあります。契約したあとで困らないように事前に確認しておくことが必要です。

 

バーチャルオフィスとレンタルオフィスが融合した「銀座ビジネスセンター」とは?

もし中央区でバーチャルオフィスを探しているなら、知名度抜群の銀座にあり、レンタルオフィスとしての個室利用も可能な「銀座ビジネスセンター」が大変おススメです。

「銀座ビジネスセンター」は2000年に銀座で運営をスタート、これまで20年以上にわたり中小企業や個人事業主、士業の拠点として、また地方企業の東京営業所、大企業の短期プロジェクト利用時など、幅広い事業や用途に使われているレンタルオフィスです。みゆき通りと並木通りが交差する銀座6丁目の「銀座風月堂ビル」の5階をベースとし、バーチャルオフィスとレンタルオフィスを融合したスタイルにて事業展開を行っています。

 

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの両方が利用できるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」ではバーチャルオフィスだけでなく、レンタルオフィスとして個室利用も可能。バーチャルオフィスとして住所利用をメインにする場合には、月額11,000円~の料金でサービスを利用できます。

法人登記・都市銀行銀座支店の口座開設が可能な住所利用(業種や条件によっては法人登記や口座開設が難しい場合もあります)、さらに郵便物の受取・転送対応がこの料金に含まれます。

またスペース利用の場合には、1時間1.760円~の料金で完全密閉型の防音対策済の個室を使用できます。

「銀座ビジネスセンター」は時間貸しのレンタルオフィスなので、利用したい時に利用したい分だけ借りることができ非常に経済的。キャンセル料は一切発生しないことや、5分単位での清算システムのため、無駄なコストが発生することはありません。

 

まとめ

東京都中央区内にバーチャルオフィス設置を検討しているなら、日本国内だけでなく世界的にも知名度の高い「銀座」にある「銀座ビジネスセンター」の利用がおススメ。バーチャルオフィスとレンタルオフィスを併せ持つ「銀座ビジネスセンター」なら、20年以上の豊富な実績により法人登記や口座開設も安心して行えます。

事業のスタートを「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」で始めてみるのはいかがでしょうか?

おすすめの記事