現在の住まいや職場が幕張エリアにある方で、起業に向けた拠点または副業の仕事場として、誰にも邪魔されずに仕事ができる場所を手に入れたいと考えている方、この機会にレンタルオフィスを利用してみるのはいかがですか?

 

当然身近なワークスペースと言えば、カフェやファストフードなどを思い浮かべる方も多いと思いますが、こうしたオープンスペースは低コストで利用できるものの、周囲の騒音が気になったり、セキュリティ面が脆弱、電源の確保が必ずできるわけではないなど、長い時間仕事をする環境としてはあまりよろしくありません。

 

また、自宅を利用して仕事をする場合には「家族が頻繁に声を掛けてくるので集中できない」「ついついマンガやゲームに手が出てしまう」といった声も聞かれ、ワークスペース選びの難しさを感じさせます。

 

しかしレンタルオフィスであれば、仕事に欠かせないオフィス家具・備品が備え付けられていることがほとんどですし、専用個室が利用できるので(レンタルオフィスによっては半個室タイプや簡易的な個室のケースもあり)、特定のオフィスを持たない方には仕事がしやすい環境が手に入ります。

 

また法人登記・銀行口座開設可能なところやバーチャルオフィスとしても利用できるレンタルオフィス、エグゼクティブ専用のハイグレードオフィスなど、様々な形態のレンタルオフィスから好みや予算に合わせて選択することも可能です。

 

今回は幕張エリアでワークスペースを探している方を対象に、快適なレンタルオフィスの選び方とおすすめのレンタルオフィスについてご紹介していきます。

 

幕張ってどんなエリア?

幕張とは千葉県千葉市の花見川区と美浜区にまたがるエリア。

 

花見川区は内陸部、美浜区は海浜側の埋め立て地となっており、「幕張」という言葉が付く地名には、幕張本郷・幕張町(花見川区)と幕張西(美浜区)などがあります。加えて当エリアに立つ建物や施設などの名前は、所在地にかかわらず「幕張」の名が使われることが多くなっているようです。

 

幕張は1990年~2000年代にかけて開発が急速に進みました。中でもその中心的存在となっているのが「幕張新都心」。外資系企業も多く発展するビジネス街であるほか、研究機関や教育・文化施設、商業エリア、住宅街などの機能がバランスよく配置されていることもあり、就業者数や居住人口は日本最大級となっています。

 

近年ではマリン系の施設が充実するなど、ウォーターフロントエリアとしてリゾートや観光の分野に力が注がれています。

 

幕張のレンタルオフィス事情

日本企業のみならず多国籍企業も多く進出する幕張エリアですが、実はレンタルオフィスの数はそれほど多くありません。幕張エリアにあるレンタルオフィスの特徴としては、金額的には比較的リーズナブルではあるもののサービス内容は充実している点が挙げられます。

 

また、エグゼクティブ向けのハイグレードオフィスや多国籍企業の契約も可能など、グローバルに対応しているところも国際的都市である幕張ならではと言えるでしょう。

 

以下に幕張エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などをまとめましたので、検討する際には参考にしてみてください。

 

幕張エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

 

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 海浜幕張駅から徒歩2分 レンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィス レンタルオフィス

月額59,000円~

1名~7 24時間365日利用可能

有人受付

ハイグレードオフィス

レンタルオフィスB 海浜幕張駅から徒歩5 レンタルオフィス レンタルオフィス

月額66,000円~148,000

(現在空室なし)

1名~ 創業支援オフィス

海外企業も契約可能

受付サービスあり

 

バーチャルオフィスとしても機能するレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

上記で述べたように、幕張エリアにはあまりレンタルオフィスは多くありませんので、利用希望者同士での争奪戦になりやすく「借りたかったのにいつも満室」、「半年待ちと言われた」といったケースが頻繁に起こっているようです。

 

またバーチャルオフィス機能を有するレンタルオフィスもほとんどなく、幕張エリアでレンタルオフィスやバーチャルオフィスの利用を考えているのであれば、千葉駅周辺や東京都内での利用を検討したほうがよさそうです。

 

そこで幕張でレンタルオフィスを検討している方におススメなのが、バーチャルオフィスの機能が付いたレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年に銀座で運営をスタートし、現在まで20年以上にわたり営業し続けるレンタルオフィス。秘書のスキルの高さや利用者に優しいサービス内容、施設や設備の充実度は他社に類を見ないクオリティレベルとなっています。

 

「銀座ビジネスセンター」までは東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からは徒歩5分の近さ。東銀座駅や新橋駅、銀座一丁目駅などからも徒歩移動ができるため、交通アクセスの良さは折り紙付きです。

 

そんな「銀座ビジネスセンター」が数あるレンタルオフィスの中で特段おススメな理由について、以下にまとめてみました。

 

契約条件に縛りなし!即日利用可能なレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は即日契約できるレンタルオフィス。必要書類の提出や申込書の記入と捺印、それに支払いが完了した時点で契約は完了となります。保証人や保証会社が不要な点や、更新料や保証金、敷金・礼金などの金額も一切かからないので、面倒な手続きや無駄なコストがかからない点は魅力といえるでしょう。

 

また、多くのレンタルオフィスでありがちな半年、1年といった契約期間の縛りもありません。1か月単位での契約となるため、万が一解約の場合でも、解約違約金等が発生することなく、とても安心です。

 

月額1万円~の料金でバーチャルオフィス機能の付いたレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は会員になると月額1万円~の料金で、ビジネスを快適にするためのサービスが多々受けられます。プランは全部で3種類あり、事業規模や業務内容に応じて利用形態を選ぶことができます。

 

月額10,000円のプラン

住所利用のみ行いたい方のプラン。普段は郊外や他県などに拠点があるものの、都心の住所を使ったビジネスをしたい個人や企業に最適です。法人登記や銀行口座開設可能な住所の利用や、郵便物・宅配便の受取・転送を秘書が行ってくれます。

 

普段は幕張のある自宅やカフェで仕事して、商談時やクライアントとのミーティング時、または集中して仕事をしたい時には個室利用、といったケースがおすすめです。

 

月額25,000円のプラン

上記10,000円のプランに加えて、電話・FAX対応が付いたプランです。電話代行や転送対応、FAX受信時のPDFファイルへの変換、転送対応などがこちらに含まれます。外出が多い人向きのサービスとなっています。

 

月額50,000円のプラン

上記25,000円のプランに加えて、20時間分の部屋利用(4人部屋相当)付きのプランです。

 

企業のサテライトオフィスとして、週に5時間程度の部屋利用をしたい、という企業にはリーズナブルな条件だと言えるでしょう。

 

幕張から銀座ビジネスセンターまでの交通アクセス

幕張から「銀座ビジネスセンター」までの移動ですが、海浜幕張駅を利用する場合、JR京葉線で八丁堀駅までは約35分、そこから東京メトロ日比谷線で銀座駅まで約6分です。

 

また幕張駅の場合は、JR総武線で御茶ノ水駅までが約45分、東京メトロ丸ノ内線で銀座駅まで約8分となっています。

 

まとめ

幕張エリアにてレンタルオフィスを検討しているなら、銀座にあるバーチャルオフィス機能付きレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」が大変おススメ!

 

月額固定型と違い、時間貸しスタイルで利用したい時だけ利用できる「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」は、無駄な移動時間やコストを可能な限り節約でき、業務効率を著しく高めることができるレンタルオフィスです。

おすすめの記事