レンタルオフィスやシェアオフィスを利用して法人登記をする、そのようなスモールビジネス従事者が増えています。一昔前であれば、オフィスを賃貸契約するのが一般的で、イニシャルコストの高さに多くの起業家たちが頭を悩ませていましたが、今はレンタルオフィスを利用すれば非常に低コストで法人登記が可能、自宅で登記したりすることなく、対外的にも不自然ではない形で事業用のアドレスを持つことが可能となりました。

とはいえ、自分がいま住んでいるエリア周辺にレンタルオフィスがない、という人も多いことでしょう。東京都内、それも中央区晴海周辺エリアに住んでいる方などは、現在もしかしたら近くのカフェなどを利用してビジネスを行っているという人もいるかもしれません。

そこで今回は、晴海エリアのレンタルオフィス事情とおすすめのレンタルオフィスについてご紹介していきます。

晴海ってどんなエリア?

晴海は、東京都中央区の町名であり、行政地名としては一丁目から五丁目までがあります。この地は、明治中期から昭和初期にかけて実施された東京湾工事で出た海底の土砂を利用してできた埋立地です。

かつては、コンベンションセンター「東京国際見本市会場」が置かれ、さまざまな見本市やイベントが多数開催。また晴海団地をはじめとする集合住宅が多数建設されるようになり、徐々に住宅地としての側面も持つようになりました。

2000年代に入ると、再開発により大型の商業施設やオフィスビル、高層マンションなどが軒を連ねるようになったほか、都営大江戸線の勝どき駅や月島駅が建設され、交通利便性が格段に向上しました。

晴海エリアのレンタルオフィス事情

晴海エリアでは、レンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスのいずれもほとんどありません。

最も近いレンタルオフィスは、中央区の最南端の駅である「勝どき駅」から徒歩10分。あまり利便性が良くないため、徐々に通う頻度が減ってしまったり、利用しなくなってしまったりする可能性も考えられます。そのため、レンタルオフィスをワークスペースとして頻繁に利用する方は、交通アクセスの良い銀座エリアや新橋エリアを選ぶのがおすすめです。ただし、バーチャルオフィスとしても利用できる施設を探すのであれば、そこまで利便性にこだわる必要はありません。あくまでビジネス拠点としてのオフィスを探す人であれば、多少距離があってもそこまで苦にならないかもしれません。

参考までに、晴海エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などを下記に記載しましたので、気になる方はチェックしてみてください。

晴海エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 勝どき駅から徒歩10 レンタルオフィス・コワーキングスペース 要問合せ 最大キャパシティ1,000 住所:〒104-0053 東京都中央区晴海3丁目10 Daiwa晴海ビル 2F

24時間利用可能

ラウンジあり

スモールビジネスのワークスペース!銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

晴海にお住まいの方の場合、カフェなどを除いたワーキングスペースを家から近い場所で探すのは不可能に近いです。とはいえ、晴海であれば、同じ中央区内である銀座まで足を伸ばしさえすれば数多くのレンタルオフィスに出会うチャンスがあります。

そんな晴海を拠点にしている方におすすめのレンタルオフィスが、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年より運営をタートした業界の先駆者とも言われるレンタルオフィス。銀座の超一等地となる銀座6丁目「銀座風月堂ビル」の5階がその拠点にて、全22室の個室及び会議室が利用可能、バーチャルオフィスとしての機能も備え持ったハイブリッド型のレンタルオフィスが利用者を出迎えてくれます。

最寄り駅となる東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からは徒歩5分と交通利便性の高さはとても魅力。現在の利用者はスモールビジネスに従事している方が非常に多く、中小企業経営者や士業、個人事業主といった方々、他には大企業が短期プロジェクトに利用したり、地方企業の東京サオフィスとして利用したりと、幅広い方々に活用されています。

「銀座ビジネスセンター」は、月額11,000円からという銀座エリアでは比較的リーズナブルな料金設定となっています。個室利用料は月額料金とは別にかかりますが、1時間1,760円からとなっていますが、時間貸しタイプのレンタルオフィスですので、使ったら使った分だけしか料金は発生しません。

また個室スペースは、防音やセキュリティ対策がしっかり施されているので、隣の部屋に電話やオンラインミーティング、対面での会議における声が漏れるようなことがありません。逆もしかりで、隣の声が自室に漏れてくることもありませんので、静かに作業に没頭することができます。

そんな「銀座ビジネスセンター」はなぜおススメなのか、その理由について簡単にまとめてみました。

ビジネスツールが無料で利用できる!オフィス機能がすべて揃ったレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」はオフィス環境が抜群。パソコンとスマートフォンさえ合えればそれ以外は何も持たなくてもすぐに仕事に取り掛かれます。机や椅子といったオフィス家具、コピー機やプロジェクター、プリンター、ホワイトボード、文房具といったオフィス備品がほとんど無料で利用できます(一部有償のものあり)。そのため、個室利用の最中に「コピーが取りたい」「データをスキャンしたい」といった場合でも、「銀座ビジネスセンター」に備え付けられている備品をいつでも使用することが可能です。

銀座ビジネスセンターで利用可能な備品類(一部のもの)

無料備品

インターネット環境(有線LAN/Wi-Fi)、シュレッダー、スキャナ、ホワイトボード、プロジェクター、80インチスクリーン、文房具など

有料備品

FAX(送信時)、カラーコピー、レーザープリンター、鍵付きキャビネットなど

月額11,000円~の料金にて銀座にオフィスを持つことを可能にしたレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は、全22室の個室および会議室について、必要な時に必要な時間必要なだけ借りることができる時間貸しタイプのレンタルオフィスです。用意されている月額プランは全部で4種類となっており事業ステージや事業規模、予算に応じて希望するプランを選択できます。利用においては1か月単位での契約となりますが、プランの変更も自由に行えます。

バーチャルオフィス利用を検討の方は11,000円プラン

住所利用を中心としたい方向けのプラン。法人登記や銀座口座開設に利用できる住所利用が可能、来客時の受付対応、郵便物や宅配物の受取・保管・転送対応がサービスに含まれています。

受付秘書の電話応対サービス付き22,000円プラン

上記の月額11,000円プランに電話対応が付加されているプラン。専用電話番号(03番号)の付与、受付秘書による不在時の電話対応が含まれます。固定電話を用いてクライアントに対する信用度を高めたい人向け。

FAX対応サービス付き月額27,500円プラン

上記月額22,000円プランにFAX対応が付加されたプラン。業態的にFAXでの情報のやり取りもある方に適しています。

20時間分の個室使用付き月額55,000円プラン

上記月額27,500円プランに、4名部屋相当の個室利用が20時間分付いているプラン。個室利用前提であればお得に利用できます。

まとめ

東京都中央区晴海エリアを拠点としている方で、法人登記可能なワーキングスペースを探しているなら、銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」を利用してみてはいかがでしょうか?

「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」は月額11,000円から銀座にオフィスを構えられるレンタルオフィス。自宅で法人登記をしなくても、身近な銀座であれば、利用しやすさも抜群ですし、何よりもスモールスタートをする場合には非常にリーズナブルにオフィス利用を可能にします。

まずは、公式ホームページにアクセスして、提供しているサービスを確認してみて下さい。そのまま内覧予約を行って、実際の施設をその目で見てみれば「銀座ビジネスセンター」の魅力が体感できることでしょう。

おすすめの記事