レンタルオフィス静岡市

静岡市内を中心に活動している方の中でも商圏拡大のために東京へ拠点づくりを検討している企業の多くは、賃貸オフィス契約を念頭に置いた物件探しをイメージしているケースがほとんどではないでしょうか。
賃貸オフィス契約は「敷金・礼金・保証金などの準備が大変」「条件の良い場所は月額料金が高い」「保証人や保証会社探しが面倒」といった具合に契約までの道のりがハードです。

しかし、賃貸オフィス契約よりも圧倒的にリーズナブルな金額でオフィス立ち上げが可能なレンタルオフィスであれば、契約も簡単、駅近やハイクラスエリアでも低コストで借りられるケースもあり、コストが高いと諦めていた東京オフィスも現実的なものとなります。

今回はビジネス戦略的に最適なオフィスエリアを模索している静岡市内の企業や個人事業主の方に向け、静岡市内のレンタルオフィス事情や、東京都内でおすすめのレンタルオフィスについてご紹介していきます。

静岡市とはどんなところ?

静岡市は静岡県の中央部に位置する市であり、静岡県の県庁所在地および政令指定都市です。県内にある浜松町市とともに静岡・浜松大都市圏を築いており、三大都市圏および北九州・福岡大都市圏に次ぐ全国5位の規模を誇っています。

そんな静岡市は、2021年10月現在682,679人が居住する、浜松市に次ぐ県内第二の人口の都市。市内はおよそ4万の事業所が置かれるビジネス都市および商業都市として機能し、市内の中心駅である「静岡駅」周辺には超高層ビルやタワーマンションなども集積しています。

また駿府城や三保の松原、静岡浅間神社など多くの観光名所を有する県内随一の観光都市としても知られており、静岡まつりや大道芸ワールドカップの開催時期には県内外から多くの観光客が訪れます。

静岡市内のレンタルオフィス事情

静岡市のレンタルオフィスやバーチャルオフィスは、市内の中心駅となる「静岡駅」に集積しています。とはいえ数が豊富にあるわけではなく、個室契約を手に入れるのは至難の業。2021年10月現在でも個室レンタルオフィスの空室はかなり少ないようで、利用したいタイミングで契約・入居できない場合があることも想定しておく必要があります。

ちなみに静岡市内にあるレンタルオフィスの個室利用料金は、月額利用料金が5~10万円を超えるオフィスも。その金額を出すのであれば、東京都内でも同等またはそれ以下の金額にてレンタルオフィスやバーチャルオフィス、サテライトオフィスといった場所を借りることもできます。

今後の事業展開で東京エリアに拠点を構えることを考えているならマーケット拡大に向け、都内にあるレンタルオフィス契約を検討してみる価値は十分にあるかもしれません。

参考までに、静岡駅周辺にあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などを下記に記載しましたので、気になる方はチェックしてみてください。

静岡市内にあるレンタルオフィス料金イメージ(静岡駅周辺)

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 静岡駅から徒歩2 レンタルオフィス、コワーキングスペース、貸し会議室 レンタルオフィス

月額45,000円~

2坪より広い部屋は要問い合わせ

1名~ 文房具の貸し出し無料

ドロップイン可能

水光熱費、共益費込み

レンタルオフィスB 静岡駅から徒歩3 レンタルオフィス、コワーキングスペース 個室プラン

月額42,900円~110,000

※空室状況はホームページを要確認

1名~4 24時間365日利用可能

登記可能

郵便物転送や社名表示看板などは別料金

レンタルオフィスC
静岡駅から徒歩4 レンタルオフィス、コワーキングスペース 個室プラン

月額24,200円~

1名~ ドロップイン可能

登記、ポスト利用などは別途料金

セキュリティシステム完備

レンタルオフィスD 静岡駅から徒歩10 シェアオフィス、コワーキングスペース 3名個室

月額44,000

※現在3部屋のみ空室

1名~6 24時間365日利用可能

ドロップイン可能

会議室、撮影スタジオ完備

 

地方企業の東京進出時にぜひ利用したい!銀座のレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

東京にオフィスを持つといっても、どんなエリアでもよいというわけではありません。東京もエリアによっては移動に不便を感じる場所もありますし、なじみの薄い、治安があまりよくない場所もあります。できればビジネス上不便に感じないエリアで拠点を作るのがベストです。

そんな東京都内に静岡の企業が進出する際にぜひ利用をおすすめしたいのが、東京銀座の一等地にあり、バーチャルオフィスとしても利用可能なレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年から運営をスタートさせ、現在まで20年以上と長い歴史を持つレンタルオフィスの先駆者的な存在。都内の超一等地である銀座6丁目「銀座風月堂」ビルの5階に拠点を構え、銀座の住所利用が可能なバーチャルオフィスと全22あるレンタルオフィスを利用することができます。

最寄り駅は東京メトロ銀座駅で、改札を出てから徒歩2分、JR有楽町駅からは徒歩5分という抜群の利便性を誇ります。また出張が多い方には、羽田空港や新幹線の乗車駅となる東京駅や品川駅にも近いため、全国展開の足掛かりも作れます。

そんな「銀座ビジネスセンター」をなぜおすすめなのか、以下に簡単にまとめてみました。

契約も簡単!すぐに利用可能な時間貸しレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は即日契約可能なレンタルオフィス。契約さえ完了できれば、当日からすべてのサービス利用することができます。賃貸オフィスを契約しようものならこうはいきません。その点、地方から契約を考えた場合にすぐ利用できる点は大きなメリットといえるでしょう。

また、月の途中からの契約となった場合も、きちんと日割りで計算をしてくれるので、無駄なコストがかかることは一切ありません。契約期間に縛りもなく、半年、1年といった長期契約を組まされるリスクはない点もポイント。半年分の保証金が必要、ということや途中退会で解約金が発生することもなく安心して利用できます。

バーチャルオフィス利用だけなら月額11,000円で東京にオフィスが持てる

「銀座ビジネスセンター」は会員になればいつでも個室や会議室を必要な時に必要な時間、必要なだけ借りられる時間貸しのレンタルオフィスです。
「銀座ビジネスセンター」の月額プランは全部で4種類あり、予算や事業規模に合わせてフレキシブルに選べます。

地方企業のバーチャルオフィス利用として最適:月額11,000円プラン
バーチャルオフィスとして住所利用を中心としたい方向けプラン。法人登記や銀座口座開設に利用できる住所利用が可能、来客受付対応や郵便物や宅配物の受取・転送対応がサービスに含まれています。

秘書による電話応対サービス付き:月額22,000円プラン

月額11,000円の上記プランに電話対応が付加されたプランです。専用電話番号(03番号)が付与され、不在時の電話対応をしてくれます。東京にいなくてもリアルタイムで顧客対応可能です。

FAX対応サービス付き:月額27,500円プラン

上記月額27,500円のプランにFAX対応が付いたプランです。メールが主流となった現在では以前ほどではありませんが、それでもFAXでやり取りが多い、という企業には最適なサービスを施してくれます。

20時間分の個室利用が付いた:月額55,000円プラン

月額27,500円までの上記プランに加え、個室利用が20時間分付いたプラン(4名部屋相当)です。メインは静岡だったとしても、東京で打ち合わせを行う場合、東京営業を行う場合には拠点となる個室スペースがあるに越したことはありません。そんな時にこのプランはとても役立ちます。

個室利用は事前予約が必要となりますが、当日予約でもほとんどの場合利用はできますので、打ち合わせや商談、面談等に合わせて活用してみるのもよいでしょう。

まとめ

静岡市内で東京進出、全国展開を検討している企業や個人事業主の方にとって、東京銀座にある「銀座ビジネスセンター」は、バーチャルオフィスとしても申し分ないレンタルオフィス。20年以上にわたる確固たる実績が後押しし、地方企業でも銀座エリアにオフィスを持つことを可能にしてくれます。

詳しいことは「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」のホームページをチェック。その後ぜひ内覧してみることもおすすめします。

おすすめの記事