テレワークやリモートワークが定着しつつある今、職場や住んでいる場所が新宿西口周辺という方で、カフェやファミレスを利用している方も多いことでしょう。カフェやファミレスなどのオープンスペースは、ドリンク代ほどのコストで気軽に場所利用が可能であることから、連日多くの利用者が訪れます。

 

しかし利用者が増えるにしたがって様々な弊害も生まれており、「コンセントが使える席は常に満席」「不特定多数の出入りがあるためセキュリティ面が心配」「学生や小さな子供連れが多く、仕事に集中しにくい」といった利用時の不満から、もっと仕事に集中できる環境が欲しいと考えている方も中にはいるのではないでしょうか?

 

そんな快適なワークスペースを探している人にとっておきの場所が「レンタルオフィス」です。レンタルオフィスは自分だけの占有スペースが利用できるため、セキュリティや他人の存在を気にすることなく、仕事を行うことができます。

 

今回は、新宿西口エリアでワークスペースを検討している方に向けて、快適なレンタルオフィスの選び方とおすすめのレンタルオフィスについてご紹介します。

 

新宿西口ってどんなエリア?

新宿西口は、東京都新宿区西新宿一丁目周辺を指す呼称です。

 

当エリアでは200012月に都営大江戸線の駅として新宿西口駅が誕生。それによってJR線・京王線・小田急線の各線の新宿駅および西武新宿駅と相互乗り換えできるだけでなく、近接する東京メトロ丸ノ内線の新宿駅とも連絡が可能となり、利便性が大幅に向上しました。

 

駅の開業当時には3万人を下回っていた1日の平均乗降人員数は年々増加を遂げ、2018年には6万人を突破するなど、新宿エリアを代表する駅の1つに成長。今後も更なる利用者の増加が見込まれています。

 

そんな新宿西口駅周辺は、大手有名百貨店やショッピングセンター、商店街などが軒を連ね、大規模な繁華街を形成しています。その一方で、企業のオフィスビルが多く集積する東京を代表するオフィス街となっています。特に新宿駅に最も近い高層ビルの一つである「新宿エルタワー」は、大企業のオフィスのみならず金融機関、予備校、飲食店などが入居する施設として有名です。

 

新宿西口のレンタルオフィス事情

新宿西口エリアのレンタルオフィスは、交通アクセスが良いことやオフィスビルが多いことなどもあって、かなり数が多めです。いずれのレンタルオフィスも駅から徒歩15分で移動が可能であり、立地が良いのが特徴です。

 

以下に新宿西口駅エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態をまとめましたので、新宿西口駅周辺でレンタルオフィスを検討する際にはぜひ参考にしてみてください。

 

新宿西口エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

 

  エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 新宿西口駅徒歩1 レンタルオフィス・コワーキングスペース 1・2名用個室月額57,000円~

3~10名用個室月額120,000円~286,000

1名~10 24時間365日利用可能

秘書常駐

ICカードキー採用

レンタルオフィスB 新宿西口駅徒歩2 レンタルオフィス・シェアオフィス・コワーキングスペース・バーチャルオフィス 2名用個室月額60,000

4名用個室月額

132,000円

(空室の値段)

1名~4 全体の94%の部屋が窓付き

オートロック機能あり

レンタルオフィスC 新宿西口駅徒歩2 レンタルオフィス レンタルオフィス月額35,000円~ 1名~4 24時間利用可能

バイリンガルスタッフ

レンタルオフィスD 新宿西口駅徒歩2 レンタルオフィス 見積もり対応 1名~ 外資系レンタルオフィス

有人受付あり

レンタルオフィスE 新宿西口駅徒歩3 レンタルオフィス・シェアオフィス・バーチャルオフィス バーチャルオフィス月額15,000円~

レンタルオフィス月額50,000

1名~ 秘書業務代行、電話受付代行サービスあり

 

ブランド力の高い「銀座」にあるハイグレードなレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

新宿西口エリアに存在するレンタルオフィスの形態には、外資系の高級オフィスから、簡易個室の格安レンタルオフィスまで、価格帯やサービス内容にかなり幅があります。そのため「自分に合ったレンタルオフィスを見つけ出すのが難しい」「選択肢が多すぎて選べない」と感じる人も多いようです。

 

また新宿の繁華街エリアでは古いビルもまだまだ多く、雑居ビルの中にあるレンタルオフィスも目につきます。

 

そのようなオフィスだとクライアントを呼ぶのにも躊躇してしまいますし、防火や防災への対策面における不安は常に付きまといます。できれば外観的なイメージも良く、しっかりしたレンタルオフィスを選びたいところですが、コストとの兼ね合いで思ったような施設を見つけるのは大変かもしれません。

 

そこでレンタルオフィスを検討している方にぜひおすすめしたいのが、新宿から少々離れるものの、リーズナブルでかつハイグレードな時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年から銀座で運営をスタート。20年以上にわたり業界を牽引し続けるレンタルオフィスです。銀座6丁目にある銀座風月堂ビルの5階に位置しており、全部で22ある個室スペースが1時間1,600円~の料金で利用することが出来ます。

 

「銀座ビジネスセンター」へのアクセスは東京メトロ銀座線の銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からは徒歩5分。さらに銀座一丁目駅や新橋駅、東銀座駅からも徒歩圏内の好立地にて、クライアントを招きやすいレンタルオフィスと言えるでしょう。

 

東京都内には沢山のレンタルオフィスが存在しているものの、なぜ新宿西口エリアではなく銀座にある「銀座ビジネスセンター」をおすすめする理由について下記にまとめてみました。

 

バーチャルオフィスとしても利用可能!コストメリットの高いレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は月額1万円~の料金で法人登記および銀行口座開設可能な住所が利用できるレンタルオフィス。ホームページへの記載や名刺、会社案内など、住所を提示する機会には、銀座アドレスでビジネス展開できるので、スタートアップ企業でもライバル企業に大きく差をつけることができます。

 

とりわけ「住所利用のみで問題ない」という方には、バーチャルオフィスの機能も付帯しているため、住所は銀座、普段の仕事は新宿など自宅周辺、といった具合にフレキシブルなワークスタイルにも対応可能。自宅住所を法人登記アドレスとして晒したくない方や、賃貸マンションなどで自宅を法人登記できない人も最適です。

 

さらに受付対応や郵便物の受取・転送対応、電話・FAX対応(プランによる)などのサービスが受けられるので、住所利用と合わせてもコストメリットが高いレンタルオフィスとなっています。

 

完全密閉型の個室スペースで音漏れも気にせず喋れるレンタルオフィス

東京都内にあるレンタルオフィスの中には、隣の部屋と完全に遮断されていないタイプのレンタルオフィスも多々あります。よくあるのは部屋の壁の上部分が開いたままの作りのタイプで、隣の声やキータッチの音が漏れてくるのが非常に気になるといったもの。これではカフェやファミレスで仕事するのと大差ありません。

 

このようなレンタルオフィスの場合、PCを前にしてオンラインミーティングを行ったり電話をしたりするのは難しく、席を移動したりする必要があり業務効率が低下してしまいます。

 

しかし「銀座ビジネスセンター」なら全ての個室が完全密閉型となっているため防音効果は完璧。打ち合わせや電話、テレビ会議も気兼ねなく行えます。社内で行うのがためらわれる極秘プロジェクト会議においても「銀座ビジネスセンター」なら安心です。

 

新宿西口から銀座ビジネスセンターまでの交通アクセス

新宿西口駅から「銀座ビジネスセンター」までは、電車利用の場合だと乗り換えなしで移動可能。新宿西口駅と近接する新宿駅から東京メトロ丸ノ内線で銀座駅まで行くのが最短ルート(17)となります。そこから「銀座ビジネスセンター」まではあっという間です。

 

JR線を利用する場合には、新宿駅まで歩き、中央線快速で東京駅で乗り換え、有楽町までは1駅のルートとなります(21)

 

まとめ

新宿西口周辺でレンタルオフィスを検討するなら、格式高い銀座エリアにある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」を利用するのが断然おススメ!

 

新宿西口から30分ほどの距離にある「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」を利用してビジネスを展開できれば、クライアントからの信用もアップすること間違いなし!

 

ぜひ一度「銀座ビジネスセンター」を検討してみませんか?

おすすめの記事