コロナ禍でテレワークやリモートワークというスタイルが確立されましたが、多くの方は自宅やカフェ、ファミレスといった身近な場所を利用して仕事をしています。軽微な作業や短時間で終わる仕事であれば、そのような場所でも大きな問題はありませんが、ハードな内容の仕事や、静かに集中しなければいけない仕事の場合は、できるだけ誰にも邪魔されない環境が欲しいと感じるのではないでしょうか。

そんなときに便利なのが「シェアオフィス」です。シェアオフィスであれば比較的安い料金でビジネス環境を手に入れられます。自宅に家族がいると気が散ってしまう方や、カフェやファミレスでは周囲の雑音が気になる方は、シェアオフィスの利用を検討してみるのも良いかもしれません。

今回は、シェアオフィスの利用を検討している1人会社や個人事業主といった個人利用を考えている方に向けて、最適なシェアオフィスの選び方についてまとめてみました。

シェアオフィスをおすすめする理由

手頃で快適なワーキングスペースとして利用できる「シェアオフィス」。オフィスと名付けられていることもあり、かしこまった堅いイメージをお持ちの方もいると思いますが、実際は個人でも気軽に利用できる施設です。

シェアオフィスとは1つのオフィスを他の企業と共有して利用するオフィス形態であるため、共有スペースには他にも多くの方がいて、作業に没頭したり打ち合わせしたりしています。

シェアオフィスと同様のオフィス形態をもつ施設には、コワーキングスペースやレンタルオフィスがありますが、コワーキングスペースは人脈形成やコミュニティ形成を目的としたスペースで、レンタルオフィスは個室感が高いためコストが割高となる傾向にあることから、手頃な料金で利用できるワーキングスペースとしてはシェアオフィスがおすすめです。

シェアオフィスの主な機能

シェアオフィスには「フリーアドレス」で利用できるスペースと「個室利用」できるスペース(運営会社によります)があります。フリーアドレスで利用できるタイプとは、設置されているデスクやテーブルのうち、空いている席を使って作業できるものであり、固定された席があるわけではないため、このようなネーミングになっています。

一方で、個室利用できるタイプはレンタルオフィス同様、専用のスペース(時間貸しのケースもあります)を利用して作業できます。個室利用スペースの形状は、完全密閉型のものからパーテーションやアクリル板で仕切られたような間仕切り型などがあります。完全密閉型であれば他人の声を遮ってくれるため静かな環境が保たれますが、コストは高めです。間仕切り型の場合、周囲の雑音は防御できないといったデメリットがある点は知っておきましょう。

個人でシェアオフィスを利用するメリット

一般的なシェアオフィス(ここではフリーアドレス型を指します)は、初期費用や月額利用料を含めコストを抑えられることから、個人で利用するには非常に最適なワーキングスペースとなります。よく「カフェやファミレスで仕事をするのと変わらないのではないか?」という声も聞かれますが、カフェやファミレスとの大きな違いは、ビジネス環境が整備されている点にあります。

シェアオフィスでは、オフィス家具や備品が備わっていることやインターネット環境の整備、スタッフによる利用サポートなどが受けられるため、仕事をするのには最適の環境です。一方のカフェやファミレスでは「席が空いているかは行ってみなければわからない」「電源を確保できる席が空いていない可能性もある」「Wi-Fiが時間単位で切れるため、再接続が手間」といった具合にビジネスに特化した環境ではないため、いろいろと不便を感じることもあるでしょう。

またフリーアドレスのシェアオフィスであれば、利用のたびに座席変更ができるため、気分転換を図れます。煮詰まった仕事をしているときには、利用日中にも気軽に別の席へ移動できたり、他の利用者とコミュニケーションを図れたりできる点は魅力的です。特に一人で仕事をしていると気が滅入ることもありますが、そんなときに同様のビジネス仲間がいれば、ちょっとした相談にも乗ってもらえるチャンスがあります。

シェアオフィスの利用を検討する際にチェックしておきたいポイント

いざ、シェアオフィスを利用したいと考えた場合、どのような点に気を付けて契約するかどうかを判断したら良いのでしょうか?

シェアオフィスに関わらずコワーキングスペース・レンタルオフィスも同様ですが、自宅から通いやすい場所にある施設を選ぶことが重要です。自宅や近所のカフェであればいつでも気軽に利用できますが、少々距離がある場所のシェアオフィスの場合、ちょっとしたことがきっかけで足が遠のいてしまうからです。たとえば「天気が悪い日が続いた」「お客様のところへ行く機会が多くなり、頻繁に行けなくなった」といった事例が起こりうるため「家から30分以内で行けるシェアオフィスにする」「交通費があまりかからない路線で行けるところにする」など、自分なりの選定基準を決めておきましょう。

また、これから事業をスタートさせたいと考えている方や、これまでは個人として活動していたものの、シェアオフィスを利用して法人成りしたい(法人登記したい)、といった場合は、法人登記ができ、さらにビジネスオフィスに適したエリアのシェアオフィスを利用するのが賢明です。

シェアオフィスよりリーズナブルで快適なレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

ここまで、個人の方に最適なワーキングスペースとしてシェアオフィスを紹介してきましたが「本気で仕事に集中したい」「できればセキュリティが高い個室を利用したい」という方は、レンタルオフィスを検討してみると良いかもしれません。

レンタルオフィスは「シェアオフィスより料金も高いのでは?」と思う方もいるでしょうが、東京都内のシェアオフィスを検討している方なら、銀座にリーズナブルな完全個室が利用できるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」をおすすめします。

「銀座ビジネスセンター」は銀座6丁目にある「銀座風月堂ビル」の5階にある、450㎡のワンフロアーを利用した全22室からなるレンタルオフィス。20年以上の運用実績を持ち、1人会社や個人事業主、士業といった個人利用の方から、大企業の短期プロジェクトでの使用など、多くの方々に利用されています。

月額利用料金は銀座エリアであるにも関わらず11,000円から利用可能。個室料金は別途となりますが、1時間1,760円からの時間貸しタイプであるため、完全個室を自分の予算に応じて利用できます。利用しなければかかるコストは月額利用料だけですが、この料金のなかには法人登記や口座開設に利用できる銀座アドレスの利用や郵便物の受取・保管・転送対応などが含まれており「銀座ビジネスセンター」にしばらく行けなかったとしても、オフィス宛に届いた郵便物は自宅などに転送してくれるため、不便を感じることがありません。
また、上位プランのなかには電話やFAX対応プランもあるため、ビジネス形態に応じてサポートしてくれるレンタルオフィスとなっています。

個人事業をしている方には、シェアオフィス利用より、受付秘書によるサポートがしっかりとした銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」が、ぜひおすすめです。

おすすめの記事