富山県内でレンタルオフィスを探している起業予定の方や、東京進出を視野に入れている富山県内にある企業に向けて、東京のレンタルオフィス契約をするメリットについてまとめてみました。

 

富山県とはどんなところ?

富山県は中部地方の日本海側にある地域で、北陸地方と呼ばれるエリアの一部を成しています。

方々を山に囲まれる地域ですが、石川県南部以西とは北陸道で結ばれ、経済や文化的な結び付きが強くなっています。

富山新港や伏木港など工業製品の輸出入拠点を有し、大手金属メーカーの発祥地にもなるほど工業の盛んな地域であり、地の利を得て古くから北陸工業地帯や臨海工業地帯が発展してきました。

 

富山県の観光地としては、世界文化遺産に登録されている「白川郷・五箇山の合掌造り集落」、世界有数の大規模山岳観光ルート「立山・黒部アルペンルート」、国宝に指定されている「瑞龍寺」などが有名です。

 

2020年9月現在、富山県には4,247.59㎢の面積に1,035,863人(37/47都道府県)が居住しています。

 

そんな富山県の県庁所在地であり最大の都市は「富山市」。市町村合併により市の面積は富山県の約3割を占め、全国の県庁所在地では第2位の総面積を有しています。北陸最大の銀行である北陸銀行や北陸電力の本店など、主要な企業が本拠地を構える経済の中心地であり、コンパクトシティを目指した街づくりに力を入れる市として知られています。

 

同市の玄関口「富山駅」は、北陸新幹線が通る駅であるほか、富山地方鉄道が運営する「電鉄富山駅」とも隣接する県内最大のターミナル駅です。市民のみならず観光客の利用も多く賑わいを見せています。

近年、駅北口では再開発が著しく、新しい富山の玄関口となることが期待されています。

 

富山市以外の主要エリアには、県第二位の都市「高岡市」、石川県との県境に位置する「氷見市」、県の南西部に位置する「南砺市」などがあります。

 

富山県にあるレンタルオフィス事情

富山県のレンタルオフィスやバーチャルオフィスは、富山市、高岡市、氷見市などに数件存在しており、個室利用と法人登記が可能となっています。同県のレンタルオフィスは、自治体や中小企業支援団体などが運営するインキュベーション施設が圧倒的に多いのが特徴で、比較的安価な金額でオフィスを借りられるのがメリットではあるものの、「創業から5年以内」「ソフトウエアの研究開発を行う個人や法人」といったように募集対象者を限定していることが多く、だれでも手軽に利用できるという訳ではありません。

 

富山県内でなく東京のレンタルオフィスを使うという選択肢

富山県内で起業を考えている方や、販路拡大を目指し東京進出を目指している富山県内にある企業が、東京のレンタルオフィス利用を検討する場合には、次のようなケースが考えられます。

 

起業予定でレンタルオフィスを探している人のケース

先ほども述べたように、富山県内のレンタルオフィスやバーチャルオフィスはインキュベーション施設が多いこともあり、誰しもが簡単に利用できるとは限りません。また、インキュベーション施設以外のレンタルオフィスも個室には限りがあるので、利用したい場合に空室がないといったことも考えられます。

 

そんな時には富山県内で法人登記を考えるのではなく、東京のレンタルオフィスやバーチャルオフィスを利用するという選択肢もあります。東京のオフィスは人脈やネットワークづくりにも便利で、顧客開拓に有利となるだけでなく、ビジネスチャンスも格段に多くなります。

 

富山県内ではすでに実績豊富な企業が東京進出に向けてレンタルオフィスを利用するケース

富山県内では十分な実績がある有名企業が、東京を中心とした販路拡大に向けて東京のレンタルオフィスを利用するケースです。最初から本社機能を東京に移したり、賃貸オフィス契約して営業拠点を持ったりすることはコスト面におけるハードルも高く二の足を踏みがちですが、レンタルオフィスを活用するのであれば低リスク・低コストで東京にオフィスを構えることが可能となります。

 

富山県内にある優良企業が東京のレンタルオフィスを活用するメリット

東京マーケットを狙おうと考えている富山県内にある企業が、東京のレンタルオフィスを利用するメリットには以下のようなものがあります。

 

ビジネスチャンスに事欠かない東京の巨大なマーケット

東京は人口1,400万人を有する、言わずと知れたビジネスの中心かつトレンドの発信地でもあります。富山県の人口が100万人程度であるのに対し、その人口差はなんと14倍!富山県内で事業展開するよりもはるかにビジネスチャンスは多く、新たな販路や顧客獲得を見込むことができます。
東京進出によりビジネスを軌道に乗せることができれば、関東圏のみならず日本全国に販路を広げることも夢ではありません。

 

レンタルオフィスであればスモールスタートでリスクを低減できる

東京にいざ進出しようと思っても競合企業も多く、ビジネスでの成功が確約されているわけではありません。そのことから東京にオフィスを持つことに対して抵抗がある企業も存在しているのも事実です。
しかし東京のレンタルオフィスを利用すれば、自社商品が市場に受け入れられるかどうか事前にテストマーケティングすることができます。そのため、たとえ失敗したとしても、その間の人件費や月額数万円の賃料程のマイナスで済みますので大きな痛手を被る心配はありません。

すでに東京でレンタルオフィスを利用したスモールスタートを切り、事業を行っている地方企業も増えています。

 

東京銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

富山から東京進出を考える企業にぜひおススメなのが、東京都中央区銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年から運営スタートしたレンタルオフィス。東京のハイブランドエリアである銀座の6丁目「銀座風月堂ビル」の5階、みゆき通りと並木通りに面した落ち着いた場所にあります。

最寄りの東京メトロ銀座駅B5番出口からはおよそ12分、JR有楽町駅からは5分、少々離れてはいるものの銀座一丁目駅や東銀座、新橋駅からも徒歩圏内のアクセスの良いエリアです。

 

東京に多数あるレンタルオフィスの中で「銀座ビジネスセンター」が最もおススメできる理由

東京都内には多くのレンタルオフィスが存在していますが、その中でも「銀座ビジネスセンター」をおススメする理由には以下のようなものがあります。

 

密閉された完全個室のため電話や打ち合わせ時も他人に気を使わずに済む

多くのレンタルオフィスでは個室スペースといってもブースの上部分が開いており、声が筒抜けとなっているものだったり、単にパーテーションで分けられている簡易的なものだったりするのが現状です。そのため、個人情報や機密情報を扱うような仕事をそのような場所で行うのには情報漏洩の危険が高まります。電話も机についている状態では他の方に迷惑となるため、別の場所に移動する必要が生じます。

 

しかし「銀座ビジネスセンター」は22のある個室すべてが天井まで密閉されたつくりとなっています。そのため、隣室に電話や打ち合わせ時の声が漏れるようなことがなく、ストレスを感じずに仕事ができます。
各部屋は施錠も行えるため、ちょっと席を外すような場合にも情報漏洩の心配なく安心です。

 

さらにコロナ禍では、感染症対策がなされているかどうかも選ぶ際の決め手の一つ。ソーシャルディスタンスが叫ばれている今、「銀座ビジネスセンター」では、各部屋利用後には常駐している秘書が必ず清掃やアルコール消毒を行い、感染症防止にしっかりと務めています。

 

オフィス家具や備品は不要。PCやスマホさえあればすぐに事業開始も

「銀座ビジネスセンター」では、煩雑な手続きは不要。必要書類の提出や申込書記入、捺印、入会金・基本料金の支払いが完了すれば契約は締結です。敷金や保証人もありません。特に問題がなければ即契約完了となり、当日からビジネススタートが可能となります。

 

また、「銀座ビジネスセンター」では机や椅子、ネット環境、ホワイトボード、プロジェクターやスキャナー、文房具、コピー機、FAXなどのオフィス備品も備わっていますので、企業側は何も準備することなく、PCやスマートフォンがあれば業務に取り掛かることができます。

 

銀座ビジネスセンターまでの交通手段

富山県内から「銀座ビジネスセンター」への移動に関しては、新幹線または飛行機となります。

 

まず新幹線の移動ですが、富山駅から東京駅までは2時間15分~30分で到着します。東京駅到着後に「銀座ビジネスセンター」へは電車でも移動できます(有楽町駅下車)が、タクシーでも銀座まで目と鼻の先です。

また飛行機での移動ですが、富山空港から羽田空港までは約1時間10分のフライトとなります。羽田空港から銀座までは、東京モノレール利用の場合、浜松町駅で「JR山手線」に乗り換えて新橋駅まで約25分。新橋駅から「銀座ビジネスセンター」までは数分の距離です。京急線の場合には、エアポート急行で東銀座駅まで行き(35)、そこから徒歩または「東京メトロ日比谷線」で銀座駅まで1駅となっています。

 

まとめ

富山県内でレンタルオフィスを検討している起業準備中の方、また東京進出を予定している企業にとって、東京都中央区銀座にある「銀座ビジネスセンター」は地方企業が東京でビジネスタートさせるのには最適なレンタルオフィスです。

 

ぜひ「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」を利用して東京の拠点づくりをしてみませんか?

おすすめの記事