レンタルオフィス福井市

最近は、低コストで東京都内にある「レンタルオフィス」や「バーチャルオフィス」を利用し、東京進出を果たしている地方企業が増えています。

テレワークやリモートワークが一般化されつつある現在では、作業場としてのオフィスの必要性は薄れているものの、会社の所在地やブランド力は重要です。名刺交換やホームページに記載される住所を見て「この会社はこんなところにオフィスがあるんだ」という認識をされるため、オフィスの所在地に関しては安さを求めるべきではありません。
レンタルオフィスなら低コストで東京オフィスを持つことも可能なため、エリアを選ぶ際にはぜひ意識したいものです。

今回はマーケット拡大や都内での拠点づくりを考えている福井市内の企業や個人の方に向けて、福井市内のレンタルオフィス事情と、都内にあるおすすめのレンタルオフィスについて解説していきます。

福井市とはどんなところ?

福井市は福井県の北部に位置する市であり、福井県の県庁所在地および政令指定都市となっています。
江戸時代に68万石を数える大城下町となった同市は、福井城本丸跡地に福井県庁が建設されるなど、現在もなお福井城を中心とした市街地形成が行われているのが特徴です。市内には、国の出先機関や上場企業のオフィスをはじめ、原子力関連施設や金融機関、教育機関などが多数集積するほか、北陸工業地帯の一部を担うエリアも存在します。

そんな福井市には、2021年11月現在259,979人が居住。県内人口第2位の坂井市(約9万人)、第3位の越前市(約8万人)を大きく引き離して、県内最大の都市に君臨しています。近年では、市内の玄関口である福井駅周辺を中心に再開発が次々に着工しており、複数の高層ビルのオープンに加え、市内の観光名物でもある「恐竜」をモチーフとした像が誕生するなど、ますます賑わいをみせています。

福井市内のレンタルオフィス事情

福井市のレンタルオフィスやバーチャルオフィスは、「福井駅」や「福井城址大名町」の周辺に集中しており、いずれも最寄り駅から徒歩7分圏内という交通アクセスの良さを誇ります。

オシャレでリーズナブルなワークスペースが多いのが特徴ですが、基本的にはコワーキングスペースや貸しスペースがメインであり、完全個室のレンタルオフィスを見つけるのは至難の業です。とはいえ、「ドロップインOK」や「セミナー開催OK」などスペースを様々な用途に使える施設が多いため、フレキシブルに利用したい個人事業主の方には向いているでしょう。

参考までに、福井市内にあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などを下記に記載しましたので、気になる方はチェックしてみてください。

福井市内にあるレンタルオフィス料金イメージ

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 福井駅から徒歩1分 コワーキングスペース、貸し会議室 通常会員

月額8,800

1名~ 感染症対策徹底

ドロップインOK

ホテルの朝食利用可能

レンタルオフィスB 福井駅から徒歩5 レンタルスペース 平日プラン

1時間1,800

1名~ 最低利用時間2時間~

6か月先まで予約可能

講座開催もOK

レンタルオフィスC 福井駅から徒歩5分 シェアオフィス、バーチャルオフィス、貸しスペース オフィスシェア

月額10,000円~

1名~ エアコン利用料別途

ビジネスツール完備

展示会・イベントなどの開催可能

レンタルオフィスD
福井駅から徒歩5 コワーキングスペース、貸しスペース 要問合せ 1名~ キッチン、冷蔵庫あり

習い事教室への利用OK

365日利用可能

レンタルオフィスE
福井城址大名町駅から徒歩7分 コワーキングスペース、貸しスペース フリーアドレスプラン

月額13,200

1名~ 24時間利用可能

ドロップインOK

オフィス家具、ビジネスツール完備

東京進出を狙う地方企業にマッチしたレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

消費が冷え込む現在では、東京市場でのビジネス展開は、事業拡大において外すことができない選択肢の一つです。東京を含めた関東で販売することができれば、全国展開も視野に入れることができます。ネット全盛の今では、必ずしも東京でビジネスをする必要はないかもしれませんが、メディアに取り上げられる機会や商圏の広さは地方の比ではありません。

レンタルオフィスはそんな東京進出を後押しすることを可能にする素敵なオフィス形態です。しかし、ひとえにレンタルオフィスと言っても東京都内には山のような数の施設があり、その中から自社に最適なレンタルオフィスを探すのは非常に困難を極めます。

そこで、おすすめしたいレンタルオフィスとして銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」を紹介しましょう。

「銀座ビジネスセンター」は銀座で20年以上の運営実績を持つ老舗のレンタルオフィス。企業のプロジェクト利用から中小企業、士業、個人事業主といった方々など幅広い層に利用されています。最寄り駅となる東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からは徒歩5分という好立地にあり、羽田空港や新幹線停車駅となる東京駅や品川駅も30分圏内と利便性の高さが魅力です。

東京都内に数多あるレンタルオフィスの中で「銀座ビジネスセンター」が特におすすめなのか、その理由を簡単にまとめました。

秘書のクオリティは一級品!おもてなしのプロがサポートするレンタルオフィス

レンタルオフィスの中には「秘書サービスあり」と謳っているものの、人数も少ない中で業務を行っているところも多く見受けられます。そうなれば、必然とミスも増えますし、対応も遅くなってしまうこともあり得ます。

しかし、「銀座ビジネスセンター」には10名程度の秘書が常駐しており、サポート体制は万全。秘書一人ひとりは高いスキルを身に付け、ホスピタリティあふれる対応をしてくれます。お客様が何を求めているかを常に考え、一歩先行くサービスを心がけてくれるので、利用していても不安を感じることが一切ありません。アルバイトや派遣社員で対応している他社の受付秘書とはサービスクオリティが全然違います。これは「銀座ビジネスセンター」の受付秘書が正社員雇用されたうえで、教育・研修をしっかり受けている、といった自信からくるものと言えるのではないでしょうか。

知名度は申し分ない「銀座」アドレスを利用できるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」のある住所ですが、「東京都中央区銀座6-6-1銀座風月堂ビル5F」となり、このアドレスを会員となった際には、法人登記・銀行口座開設時、または名刺やホームページのアドレスとして利用することが出来るようになります。

ホームページや名刺に書かれた住所だけで仕事が取れる、というわけではありませんが、少なくとも「銀座にオフィスを構えられるほどの安心できる会社」という印象を与えることが出来るだけの、インパクトが「銀座」というエリアにはあります。その結果、案件獲得や受注単価のアップにつながる可能性は確実に高まることでしょう。

まとめ

東京への拠点を検討したい福井市内にある既存企業やスタートアップ企業、個人事業主の方、東京の拠点を持つにはレンタルオフィスを活用するのが近道です。

その際、知名度の高い銀座にある、「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」なら、月額11,000円~の料金で銀座に東京オフィスを構えることができます。また「銀座ビジネスセンター」はバーチャルオフィスとしても利用できるタイプのレンタルオフィスなので、常時東京にいる必要なく、福井を拠点にしながら仕事ができます。

このようにフレキシブルな働き方を可能にする「銀座ビジネスセンター」なら、東京進出をスピーディに実現してくれることでしょう。

おすすめの記事