最近、副業および起業したのちカフェやファミレスで仕事をしているビジネスパーソンを見かける機会が多くなりました。その際、自身のポケットWi-Fiやモバイルテザリングなどを利用してネットへアクセスしている人もいることと思いますが、巷にあふれているFree Wi-Fiに頼って仕事している人も少なくありません。

 

そんな外部環境で仕事をする人の中にはレンタルオフィスやシェアオフィスを利用して仕事をする人も多いことでしょう。そんなオフィス環境でもFree Wi-Fiは当たり前のように利用できることから、何の気なしにネット接続をしている人はいると思います。

 

しかしFree Wi-Fiはセキュリティ面において非常に脆弱であるがゆえに「出先でFree Wi-Fiを利用するのが怖い」、「危険だとはわかっているけれども仕方なく利用している」とう人もいるのではないでしょうか?

 

今回は、カフェやファミレスにおけるFree Wi-Fiにおけるセキュリティや、レンタルオフィスを利用する際のネット接続環境への注意点について説明していきます。

 

カフェやファミレスでのFree Wi-Fiは安全ではない?

ここ数年の間にFree Wi-Fiが利用できる飲食店が一気に増加し、街中の至る所で無料のネット環境が利用できるようになりました。この背景には訪日外国人の増加によるネット環境の整備といったことがありますが、現在Free Wi-Fiが利用できる主な施設には以下のようなものが存在します。

 

  • カフェ
  • ファミレス
  • 空港
  • ビジネスホテル
  • コンビニ
  • 大学などの教育機関

 

しかしFree Wi-Fiの利用には常に情報漏洩の危険が付き纏いますが、いったいそれは何故なのでしょうか?

 

その一番の理由は、悪質な業者や個人が設置したアクセスポイントに接続すると通信内容やパソコン、スマートフォンに入っているデータが盗み取られる危険性があるためです。ちなみにFree Wi-Fiにはパスワードが必要なものと不要なものの2種類がありますが、実はパスワードの有無に関係なく危険であると言われています。

 

例として、悪質な業者や個人が、店舗での公式SSIDに似たような名前を付けてわざと利用者から見分けにくくしたり、公開されたパスワードを使用してFree Wi-Fiを乗っ取ったりと、非常に巧妙な手口でデータや個人情報などを盗んでいきます。するとクレジットカード番号やネット銀行のID・パスワード、SNSのアカウント情報などを乗っ取ることができるため、金品を盗み取られたり、犯罪に利用されたりする可能性もあり大変危険です。

 

このようなものへの対策としては、個人のポケットWi-FiVPN(セキュリティソフト)の契約が有効とされています。とはいえ、利用者の中には「わざわざポケットWi-Fiを契約するのは面倒」、「VPNの設定がわからない」といった人も多数いると思われます。

 

そこで外部環境で仕事する際にはカフェやファミレスといった場所ではなく、有線LANが利用できるレンタルオフィスやシェアオフィスを利用して仕事をするというのがセキュリティ的にも安全でおススメです。

?

セキュリティ対策としてレンタルオフィスがおすすめの理由

レンタルオフィスには、賃貸オフィス契約より低リスク・低コストで仕事できる環境を手に入れられるだけでなく、オフィス家具やホワイトボードやプロジェクター、スキャナーといった備品類も一通り揃っています。そのため、自分のパソコンやスマートフォンさえ持参すればすぐにでも仕事できる環境がレンタルオフィスには整っているのです。

 

しかしながら、レンタルオフィスもFree Wi-Fiを設置しているのだから、「セキュリティ面に不安がある」、「不特定多数が出入りするようなカフェやファミレスと大差ない」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

施設的にすべての個室にLANポートを設置するには費用もかかるため、大半のレンタルオフィスでは無線LANの設置しかしていないところもありますが、中にはそのような不安を持つ方もいることを考慮し、有線LAN使用OKの施設もあります。

 

レンタルオフィスを利用する企業の業務内容にもよりますが、個人情報や売上データを扱うような業種の方であればできる限り安心な通信回線を利用するのが得策です。

?

セキュリティ対策は万全!銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

「セキュリティ対策が万全なレンタルオフィス選びたい」と考えるビジネスパーソンは多いと思いますが、セキュリティ対策に関する情報はウェブサイトや広告上だけで判断するのは至難の業。

 

Wi-Fi利用可」といった告知は大々的にしているものの、セキュリティ対策についてウェブサイト上に詳しく記載していないレンタルオフィスは多く、詳細が気になる場合には手間がかかりますが各運営会社に問い合わせなければなりません。

 

そこでセキュリティ対策万全のレンタルオフィスを都内で検討している方におススメなのが銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は銀座にて2000年に運営開始したレンタルオフィス。すでに20年以上にわたりレンタルオフィス業を続けている業界の先駆け的存在。銀座エリアの一等地、銀座6丁目にある銀座風月堂ビル5階にてバーチャルオフィス機能付きのレンタルオフィス運営を行っています。

 

そんな銀座のレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」がセキュリティを気にする方になぜおススメなのか、その特徴を以下にまとめました。

?

有線LANも利用可能!個人情報や機密情報の取り扱いも安全なレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」では会員となった段階からいつでも個室利用が可能。利用人数やプランによって利用できるサービスは異なりますが、基本的に個室利用時に備え付けられているビジネスツールや家具は無料で利用できます。

 

「銀座ビジネスセンター」では、有線でのインターネット接続をされたい方へ、LANケーブルおよびハブの無料貸し出しも行っています。有線でのインターネット接続はVLANを使用しており、情報がハッキングされる心配はありません。他の部屋のPCにアクセスすることはできないため、機密情報や個人情報を扱う機会の多い方で、個人のデータをしっかりと管理したいという場合には、セキュリティー対策万全の「銀座ビジネスセンター」はおすすめです。

 

設備やサービス、すべてに納得した上で入会できるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」では代表自らが利用希望者と面会して入会審査を行うレンタルオフィス。
入会の際に不安が一つでも存在しないよう、利用希望者には代表がしっかりと銀座ビジネスセンターに関する説明を丁寧に行ってくれます。利用者側が確認したい内容もわかりやすくかみ砕いて教えてくれるので、一切不安に感じることなく入会可能なレンタルオフィスです。

 

機密性の非常に高いレンタルオフィス

レンタルオフィスの中には個室利用可と言いながら壁が密閉されていないものや、簡易的なパーテーション等で仕切られただけのものも数多く存在します。そのため、個室内で電話やネットを介したオンラインミーティングが出来なかったり、施錠ができなかったりするところではセキュリティ面で大きな不安が残ります。

 

しかし「銀座ビジネスセンター」では、壁がしっかりと天井まで密閉された完全個室で各部屋は仕切られています。室内には防音対策が施されており、施錠も可能。通路には防犯カメラやセキュリティシステムも導入されているため、セキュリティ面に不安を感じることなくビジネスに集中できます。

 

まとめ

自宅から一歩そこに出た外部環境にてセキュリティを気にせず仕事を行いたいなら、銀座にある「銀座ビジネスセンター」は有線LANの利用が可能、セキュリティ面に配慮された空間でビジネスを行える貴重なレンタルオフィスです。

 

今利用しているワークスペースのセキュリティ対策に不安がある方、これから新たにワークスペースの利用を考えている方、この機会に「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」で安心安全なビジネス環境を手に入れてみませんか?

おすすめの記事