浜松市に生活拠点を持ち起業を目指している方、浜松市内で事業をされている企業や個人事業主の方、コロナ禍で地方経済の消費が低迷する今、東京進出に活路を見出してみるのはいかがですか?しかし東京進出にはコストもかかりますしリスクも伴うことから、行動をおこせない方もいることでしょう。

しかし、レンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスを活用すれば、東京進出をスピーディーかつリーズナブルにできるのです。

 

ここでは浜松市についての現状データを見つつ、浜松市以外での商圏拡大に向けて、東京進出の礎となるレンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィス活用術についてまとめてみました。

 

浜松市の概要

浜松市は静岡県の西部に位置する市です。同県の県庁所在地である静岡市とともに静岡・浜松大都市圏を形成し、日本の三大都市圏(首都圏・近畿圏・中京圏)および北九州・福岡大都市圏に次ぐ第5位の規模を誇ります。

 

2020年10月現在、浜松市には約が居住しており、その数は静岡県最大です。大規模な人口を背景に、遠州地域における経済・文化・観光の中心地的役割を果たしています。また東海地方有数の工業都市でもあり、楽器メーカーや自動車部品メーカーなどが多く集積しています。

2020年には新興企業を生み出すための「グローバル拠点都市」にも選出されています。

 

そんな浜松市の中心は「中区」。市内の玄関口である浜松駅をはじめ、官庁や企業のオフィスビルが立ち並ぶ地域です。中でも浜松市役所本庁舎が置かれる元城町周辺は、徳川家康が浜松城を築城して以来、浜松市の行政や経済の中心として発展してきました。近代的なビルやオフィスが並ぶ一方、現在もなお歴史的建造物が残る風情ある街並みが特徴です。

 

浜松市の交通事情

浜松市の玄関口である浜松駅は、東海道新幹線と東海道本線が乗り入れる浜松市の中心駅。隣接する遠州鉄道の新浜松駅と合わせて静岡県西部の拠点駅となっています。また、浜松駅は普通列車に加えて特急列車や新幹線の停車駅でもあり、学生やビジネスパーソンだけでなく観光のために利用する人も多い駅です。利用者数は、JR東海の駅で名古屋や新大阪、京都などに次ぐ第7位であり、1日当たり3万人以上の乗客に利用されています。

 

浜松市にあるレンタルオフィス事情

浜松市のレンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスは、浜松市の中心エリアである中区にいくつか存在します。そのほとんどが最寄りの駅から徒歩圏内に立地しており、交通利便性は高いと言えるでしょう。

また、多くの施設で個室スペース利用や法人登記可能となっています。

浜松市のレンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスは東京都心に比べるとかなり安価な金額で利用できるのが特徴で、起業家向けのビジネス支援施設やインキュベーション施設なども充実しています。

 

ただし料金の安い個室は面積が1坪ほどの狭い部屋が多く、集中しやすい反面息苦しさが否めません。また、クライアントとの打ち合わせをする場合には別料金で会議室予約をしなければならないところが多く、状況によってはコストがかさむ可能性が高くなります。

 

浜松市以外に東京での拠点を持つメリット

浜松市は東京と名古屋の間に位置し、新幹線も通っているため主要都市への移動には困りません。東京出張や名古屋・大阪出張も日帰りでできることから、東京に拠点を持たなくてもビジネス上は不便に感じないことも多いでしょう。

 

しかしながら、東京に比べてしまうと浜松市のマーケットは広いとは言えず、県全体で見ても人口約360万人の静岡に対し、東京は1,400万と4倍の開きがあります。地方経済の減退が進む中、地元にとどまったビジネスではこの先事業活動を維持することが難しくなることは目に見えています。

そうなる前に東京進出を、と昨今多くの地方企業が東京オフィス設立を試みようと動き始めました。その手助けとなるのが、レンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスの存在です。

 

レンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスであれば、東京に高いコストをかけて賃貸オフォス契約をしなくても低コストでスピーディーな拠点つくりを可能にしてくれますし、東京のブランド力を活かしたビジネス展開を進めていけるため、市場拡大が見込めます。

 

東京の営業拠点として便利なレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

「東京にオフィスを準備したい」、「後々は全国展開を見越してまずは東京進出を」と考える企業に最適なレンタルオフィスが東京銀座にある「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年にスタートし、長い歴史を持つレンタルオフィス業界のパイオニアともいうべき存在。全部で22ある個室スペースを使いたい時に使いたいだけ利用することができる時間貸しのレンタルオフィス形態は他にあまり類を見ません。

 

「銀座ビジネスセンター」が東京のレンタルオフィスでおススメな理由

東京にあるレンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスは数えたらきりがありません。中には雑居ビルのようなところから、オフィスビルの中にあるしっかりしたものまでエリアや金額によってさまざまなタイプが存在します。

 

このように無数にあるレンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスの中でも「銀座ビジネスセンター」がなぜおススメなのかについて以下にまとめてみました。

 

東京のブランドエリア「銀座」のアドレスを利用したビジネスを可能に

「銀座ビジネスセンター」は東京都中央区銀座6-6-1銀座風月堂ビル5Fにあります。東京の中でも銀座という街は、日本中の誰もが知っていますし、世界でも名が知れ渡っているブランド力の高いエリアです。

 

通常この銀座エリアに企業が賃貸オフィスをする場合には相応のコストがかかってしまうため、コストを抑えた賃貸オフィスを探そうとする場合には郊外エリアや駅から離れたエリアを選ばざるを得ません。

 

しかし「銀座ビジネスセンター」を利用したレンタルオフィスの契約であれば、初期費用をあまりかけることなく、月額費用も月々1万円からのローコストで銀座アドレスを利用したビジネス展開が可能になります。銀座アドレスを名刺やホームページ、会社案内などに記載できることで社会的信用力を高められますし、何より自身のモチベーションも高まります。

 

またオフィス家具や備品も備わっており、会員であれば基本無料で利用することが出来ます(コピー等は利用分がかかります)ので、無駄な投資をしなくて済むのはとても魅力と言えるでしょう。

 

バーチャルオフォス機能でフレキシブルなオフィススタイルを実現

「銀座ビジネスセンター」はレンタルオフィスの機能に加えてバーチャルオフィスとしての役割を果たします。

東京進出と言っても本店機能はそのままに、「銀座ビジネスセンター」を東京オフィスとして展開する企業がほとんどだと思いますので、通常業務は浜松市内で行いながら郵送物や電話の転送機能を利用しつつ、ビジネスを行うことが可能となります。

 

また、東京への出張時に「銀座ビジネスセンター」の個室を利用し、クライアントや商談相手との打ち合わせを行ったり、事務作業を行ったりと、フレキシブルな利用にも最適なレンタルオフィスなのです。

 

「銀座ビジネスセンター」への交通手段

交通アクセスですが、最寄り駅である東京メトロ銀座駅B5番出口からは徒歩で2分、JR有楽町駅からも徒歩で約5分。路線が数多く乗り入れているため、都内を移動するのも便利。羽田空港や新幹線が停車する品川駅・東京駅へのアクセスも良く、全国展開を目指す企業に取っては最高のロケーションと言えるでしょう。

 

まとめ

そろそろ東京に拠点を、と考えている浜松市内の企業の方、「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」であれば月額1万円からの費用で銀座のアドレスを持つことができますので、これを機に東京進出を現実のものにしてみませんか?

おすすめの記事