企業の働き方改革やオフィス縮小化の動きなどもあり、最近では出社せずともリモートワークで仕事をこなすスタイルを選択する人が増えています。2020年から現在に至るコロナ感染症の蔓延はいまだ衰えることを知らず、ある程度の規模の企業ではテレワークを継続しているところも多いようです。

当然日本橋にオフィスがある方の中にも、自宅やカフェを利用してテレワークをしているという人はたくさんいることでしょう。

しかしながら自宅やカフェでの仕事は、オフィスと違って環境が整っていなかったり、気軽に電話やオンラインミーティングができなかったりと、思った以上に様々な制約があるのも事実。「在宅勤務になってなかなか思うように仕事が捗らない」「自宅で仕事をするのは環境的に無理がある」といった話もよく耳にします。

そんな時にはぜひ「レンタルオフィス」を活用してみませんか?
自分専用の個室スペースで作業が行えるレンタルオフィスなら、普段のオフィスよりもさらに居心地の良い環境を手に入れることができます。またレンタルオフィスは、カフェやファミレスと違って人との接触機会が制限されるため、コロナ禍の中では安全だったりすることも。

今回は新日本橋エリアでワークスペースを探している方を対象に、新日本橋のレンタルオフィス事情とおすすめのレンタルオフィスについてご紹介していきます。

新日本橋ってどんなエリア?

新日本橋とは、東京都中央区日本橋室町4丁目にあるエリアであり、主に新日本橋駅およびその周辺を指す名称として使用されることが多いようです。

エリアの拠点となる新日本橋駅ですが、JR線の総武線快速が乗り入れており、東京駅や品川駅といった都内の主要エリアだけでなく、千葉や神奈川方面へのアクセスも抜群。さらに近隣には東京メトロ銀座線・半蔵門線が通る「三越前駅」や東京メトロ日比谷線の通る「小伝馬町駅」などもあり、交通利便性は申し分ありません。

さらに駅周辺には、日本を代表する大企業の本社や銀行の東京支店、有名百貨店などが集積しており、東京のビジネス街の中でも特に格式高いオフィスタウンとなっています。

新日本橋エリアのレンタルオフィス事情

新日本橋は東京を代表するオフィス街の1つではありますが、レンタルオフィスの数はそれほど多くはありません。この周辺のレンタルオフィスは、どちらかというと「日本橋」「丸の内」「銀座」「京橋」あたりに集中しており、それ以外のエリアは手薄になる傾向があります。

とはいえレンタルオフィス激戦区であることは間違いなく、サービスや価格帯などのバリエーションが豊富であるため、ユーザーが「自分に合ったレンタルオフィス」を選びやすい環境が整っています。
特にリモートワーク用のワークスペースを探している方にとって、東京の一等地に近い場所にありながら月額3万円程度から個室レンタルできる点は非常に魅力的。ただし人気エリアのため空室が出ることは稀であり、常にアンテナを張ってレンタルオフィス探しをする必要があります。

以下に新日本橋エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などをまとめましたので、検討する際には参考にしてみてください。

新日本橋エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 新日本橋駅徒歩1 レンタルオフィス、コワーキングスペース、バーチャルオフィス 完全個室

月額165,000円(税込)~

1名~ フリードリンクあり

オフィス家具完備

マンスリー契約OK

レンタルオフィスB 新日本橋駅徒歩1 レンタルオフィス 1.2畳タイプ個室

30,250円(税込)~

※ただし全室満室

1名~ 24時間利用可能

オフィス家具レンタルあり(有料)

セキュリティシステム導入

レンタルオフィスC 新日本橋駅徒歩4 レンタルオフィス、コワーキングスペース 1名用個室

69,300円(税込)~

1名~ 24時間利用OK

法人登記可能

ルームクリーニングあり

テレワークをはじめ1人会社やフリーランス、副業におすすめの「銀座ビジネスセンター」とは?

レンタルオフィスは日本橋エリアを含め東京都内には数多く存在していますが、多くの主要エリアにあるレンタルオフィスは非常に人気が高く、空室が出にくい点がネックです。金額的にはOKであっても、空きがなければどうすることもできないのが箱モノの宿命といえるでしょう。

しかし、そんな問題を解決してくれるレンタルオフィスが銀座に存在します。それが銀座6丁目にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年より銀座で運営を続ける業界の先駆者とも言われるレンタルオフィス。銀座の目抜き通りから少し内側に入った静かな場所、並木通りとみゆき通りが交差する銀座6丁目「銀座風月堂ビル」5階を拠点とし、レンタルオフィスとバーチャルオフィスのハイブリット型施設を展開しています。

レンタルオフィス利用には中小企業経営者から士業、個人事業主、大企業の短期プロジェクトでの使用など、バーチャルオフィスとしての利用では、自宅で法人登記を行えない方や地方企業の東京オフィスなど、様々な用途に対応出来得るレンタルオフィスなのです。

交通の便もとてもよく、最寄り駅である東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からも5分という好立地にあるため、都内近郊への移動は問題ありません。

そんな「銀座ビジネスセンター」がなぜおすすめなのか、以下にその理由をまとめてみました。

テレワーク時や副業にもリーズナブル!月額11,000円~から利用できる時間貸しレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」の会員利用料金は月11,000円~となっていますが、この金額には法人登記や銀行口座開設に必要な銀座アドレスが利用可能、郵便物や宅配物の受取・転送対応などが含まれます(プランによって受けられるサービスは異なります)。今後事業化を考えている方や、すでに起業をしたものの自宅で法人登記をすることによる不安がある方であれば「銀座ビジネスセンター」で法人登記を行うというのもおすすめです。

また「銀座ビジネスセンター」は時間貸しタイプのレンタルオフィスにて、月額固定型のレンタルオフィスとは異なり、使った分のみが精算されるシステム。個室スペース利用料金は1時間1,760円~(1~6名部屋の場合)となっているので、利用しなければ発生する料金は月額料金のみとなります。

「週に1~2回、集中して仕事するのに利用したい」「打ち合わせの際のみスペース利用したい」という方であれば、使っても使わなくても金額が発生するタイプのレンタルオフィスよりコストメリットは高いと言えるでしょう。

コロナ禍だからこその対応!清掃や消毒がしっかり施されたレンタルオフィス

レンタルオフィスに限らず、すべてのサービスを利用するにあたり「コロナ対策がしっかりしているか?」という点は重要なポイント。価格だけを基準とした場合、その手の部分がないがしろにされているところもあります。
たとえば激安レンタルオフィスの場合、スタッフ自体がいない、清掃は週に1回程度、アルコール消毒は自身で対応といったことも。

しかし「銀座ビジネスセンター」は違います。入り口には常駐秘書がおりますし、個室や会議室利用後には必ずアルコール消毒や清掃、定期的に換気を行うなど、感染予防対策は安心です。

新日本橋から銀座ビジネスセンターまでの交通アクセス

新日本橋から「銀座ビジネスセンター」までの交通手段ですが、JR総武線快速に乗り新橋下車だと7分、東京メトロ銀座線で三越前から銀座まではわずか5分という近さ。日本橋から銀座までは2kmちょっとなので、歩いても行くことができますね。

まとめ

新日本橋エリアでテレワークや副業に最適のワーキングスペースを探してしているのであれば、リーズナブルでかつコロナ対策も万全の「銀座ビジネスセンター」が断然おすすめです。

バーチャルオフィス銀座ビジネスセンター」のメリットは時間貸しレンタルオフィスであるという点。利用したい時に利用したい分だけ個室スペースを利用できるので、フレキシブルな働き方をしている方に適したオフィス形態と言えます。

ぜひこれを機会に「銀座ビジネスセンター」利用を検討してみてはいかがですか?

おすすめの記事