バーチャルオフィスとは?

近年ではネット環境が発達したことにより、自宅や外出先、クライアント先などで仕事をする働き方が増え、物理的なオフィスを持たずともパソコンやスマホさえあればどこでも仕事ができるようになりました。特定のオフィスを持たない労働者をノマドワーカーと呼び、自由な働き方をする起業家や個人事業主が増えています。

しかし、そんなノマドワーカーでも法人立ち上げや個人事業主として開業する場合には、拠点となる住所の登録が必要です。もちろん自宅などの住所でも登記は可能ですが、拠点となる登記されたアドレスによってクライアントに与える印象やビジネスパフォーマンスが大きく左右されるため、ビジネス展開上「どの住所で登記を行うか」は非常に重要になってきます。

そこで「ビジネス的に有利に働くエリアで住所を持ちたい」「自宅住所で登記するのはセキュリティ上の観点からなるべく避けたい」というニーズの方にぴったりなのが「バーチャルオフィス」。バーチャルオフィスは物理的なオフィスを持たないものの、スピーディーかつローコストで、希望のエリアに住所を構えることができます。

今回はバーチャルオフィスの概要やサービス内容、契約時の注意点について詳しく解説するとともに、東京都内にあるおすすめのバーチャルオフィスについて紹介していきます。

<h2>バーチャルオフィスとは?</h2>
バーチャルオフィスの「バーチャル」とは「仮想」という意味であり、物理的なオフィス空間を持たない「住所貸しのオフィス」を指します。利用料金は比較的安価に設定されていることから、スタートアップ企業や個人事業主の方に多く利用されているオフィス形態です。また最近では、地方企業が東京との複数拠点体制を敷くためにバーチャルオフィス契約するケースも増えています。

「バーチャルオフィス」と一括りに言っても、そのサービス形態は運営会社ごとに大きく異なっており

  • バーチャルオフィスに特化した企業の運営する形態
  • レンタルオフィスやシェアオフィスなどの物理的オフィスを運営する企業が、バーチャルオフィス(住所貸しのみの利用が可能)を併設する形態
  • レンタルオフィスやシェアオフィスの利用者のみに住所貸しも行っている形態

など、さまざまなタイプが存在します。

さらに料金が「住所貸しのみベーシックプラン」や「郵便物転送・電話応対付きスタンダードプラン」、
「秘書代行などの手厚いサービス付きエグゼクティブプラン」といったように、事業内容や予算、利用よとよってフレキシブルに選べるバーチャルオフィスがある点も要チェックです。

バーチャルオフィスのサービス内容

バーチャルオフィスで受けられる主なサービスは、次の3つになります。

  1. 住所貸し
  2. 郵便物の受取、保管、転送
  3. 電話やFAX対応などの秘書サービス

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1. 住所貸し

住所貸しはバーチャルオフィスのメインサービスとなります。住所選びは今後のビジネスを左右する重要な要素の一つですから、エリアや価格などは慎重に選びたいところです。

バーチャルオフィスを利用せずに自宅で法人登記することも可能ではあるものの、マンションなどの集合住宅ではそもそも法人登記や開業が不可となっているところもあります。自宅住所を法人住所としてしまうと、自宅の場所を特定されやすくセキュリティ上の問題が生じるケースも少なくありません。さらに「自宅で開業するなんて、ひょっとして開業資金が十分に用意できなかったのではないか?」「法人として信頼できない」などネガティブな印象を持たれることもあるようです。

しかしバーチャルオフィスを利用すれば、ビジネス街やエリアイメージの良い場所でも安価にオフィスを構えることができ、ランニングコストや防犯上の問題をクリアできるだけでなく、クライアントに好印象を与えることができます。バーチャルオフィスの住所利用ニーズは、そのような方に大変便利なサービスといえるでしょう。

2. 郵便物の受取・保管・転送

一般的なバーチャルオフィス利用では、ユーザーに対して郵便物や宅配物の受取や保管、転送などのサービスを行ってくれるところがほとんどです。とはいえ全ての手紙や宅配便を受け取ってくれるわけではなく、運営会社によって受け取りや保管に関する細かい規定は異なります。特に転送対応においては「月に〇通までは無料」「〇グラム以上の場合は有料」「書留や特定記録郵便の転送は不可」など制約があるケースは多く、契約の際にはよく確認しておくことをおすすめします。

3. 電話やFAX対応などの秘書サービス

最近は携帯電話やIP電話、LINE電話などの通信媒体もかなり普及していることから、固定電話がなくてもビジネスを円滑に進められる時代となっています。しかし中には「携帯電話だけではしっかりした企業なのか判断しづらい」と感じる方も多く、固定電話番号を保有することは企業の信頼の証にもなります。

通常オフィスに電話を引く場合には、煩わしい手続きを踏む必要がありますが、ほとんどのバーチャルオフィスでは専用固定電話サービスが提供されているため、申込みを行うだけで簡単に電話を開通させることができます。また固定電話契約をした上で秘書による電話代行サービスを受ければ、不在時でも秘書が自分に代わって電話応対してくれるため、ビジネスチャンスを逃すこともありません。

さらに、業務上FAXが欠かせないというユーザーに対しては「届いたFAXを秘書がPDF化し、指定のメールアドレス等に添付してくれるサービス」を提供してくれるところもありますが、最近はメールが一般化していることもあり、FAXニーズは減っているようです。

バーチャルオフィスとして利用できるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

バーチャルオフィスの基本概念が理解できたところで、では東京都内においてどんなレンタルオフィスがおススメなでしょうか?たくさんあるレンタルオフィスから自分の用途にあったレンタルオフィスを探し出すのはかなり至難の業。

そこで今回おすすめするのが銀座にあるバーチャルオフィスとレンタルオフィスのハイブリッド型オフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年より銀座で運営をスタートさせ、バーチャルオフィスとしても利用可能なレンタルオフィス。銀座6丁目にある「銀座風月堂ビル」の5階を拠点に、大小様々な企業が利用しています。

バーチャルオフィス利用を検討している方へ「銀座ビジネスセンター」をおすすめする理由には、以下のようなものがあります。

知名度が高く、落ち着いた街の雰囲気を醸し出す「銀座」アドレスが利用可能なレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」で住所利用可能なアドレスは「東京都中央区銀座6-6-1銀座風月堂ビル5F」。この超一等地の住所が「銀座ビジネスセンター」の会員となれば利用でき、自社ホームページや名刺への記載ができるようになります。
個人事業主、スタートアップ企業、1人会社のような方々でも、銀座にオフィスがあることを対外的にアピールできれば、クライアントの信用を勝ち取るのも早く、事業展開をスピーディーに進めることができるでしょう。

バーチャルオフィスと個室の両方の利用が可能なレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は月額11,000円~の料金でバーチャルオフィスとして申し分ないサービスが受けられるだけでなく、個室や会議室スペースを1時間1,760円~で利用できる便利な時間貸しレンタルオフィス。「銀座ビジネスセンター」ならミーティングや商談、面談などでどうしても個室利用が必要な時でも、カフェやファミレスを利用することなく安心です。

まとめ

レンタルオフォスの銀座ビジネスセンター」はバーチャルオフィスとしても使用できる大変便利なレンタルオフィス。銀座周辺を拠点としていなくても、銀座アドレスを利用できるのでビジネスメリットは十分です。
東京都内のそれも一等地にある住所を活用したい方はぜひ「銀座ビジネスセンター」を検討してみることをおすすめします。

おすすめの記事