サラリーマンとは異なる働き方が実現でき、好きな時間に好きな場所で働くことが可能なフリーランス。自宅で作業したり、カフェなどのオープンスペースで仕事したりすることも多いと思いますが、じっくり集中して仕事を行えるワークスペースの確保は必須でしょう。

 

そこで今回はレンタルオフィスにポイントを絞り、フリーランスのための最適なレンタルオフィスの見つけ方をお伝えしていきます。

 

フリーランスの働く環境

フリーランスの仕事場は自宅やカフェ、ファミレスをはじめレンタルオフィスやコワーキングスペース、シェアオフィスなど様々。できるだけ環境の良い場所やコストがかからない場所で仕事ができれば生産性も上がり、収入アップにもつながることから、働く環境は非常に重要なポイントとなります。

 

ここでは自宅、カフェやファミレス、レンタルオフィスで仕事をするメリット・デメリットについて見ていきましょう。

 

自宅で仕事をするメリット・デメリット

フリーランスが仕事場として一番初めに考えるのは自宅ではないでしょうか?

 

自宅であれば賃料がかかりませんし、仕事場へ向かうための交通費もかかりません。賃料および光熱費は家事按分することにより、経費計上することもできるため、メリットは高いと言えるでしょう。

 

しかし、自宅で仕事をするのは必ずしも良いことばかりではありません。

 

一番の問題は仕事とプライベートが分けにくい点。仕事部屋を確保できる方であればまだ良い方ですが、ワンルームタイプの部屋に住んでいると、ベッドやテレビ、雑誌やマンガなど仕事を妨げるグッズが満載で、とても仕事に専念できる環境とは言えません。
他にもクライアントや取引先を自宅に呼びにくかったり、家族と同居している場合には家族が出す生活音が気になって集中できなかったりすることがあります。さらに、住んでいる物件によってはビジネス使用を禁じているところもあります。

 

カフェやファミレスで仕事をするメリット・デメリット

次にカフェやファミレスといったオープンスペースでの仕事はどうでしょうか?

 

自宅から出て気軽に仕事ができる場所として人気のカフェやファミレス。ドリンク一杯で数時間滞在できることもあって、パソコンやスマートフォンを持参して仕事をしている人を多数見かけます。

 

そんなカフェやファミレスは、自宅と違って誘惑要因がないこともあり、仕事場としては悪くない環境です。賃貸オフィスを借りなくても1日数百円程度のコストで仕事場を確保できるとしたら安いと言えるかもしれません。

 

しかしカフェやファミレスのデメリットはなんといっても周りの雑音。不特定多数が集まるオープンスペースでは、周囲の話し声が気になってしまいます。中にはヘッドホンや耳栓をして仕事をする人もいるようですが、それでも完全に雑音は取り除くことが出来ません。

 

またドリンク一杯が数百円だとしても毎日訪れていれば月に1万円以上はかかることでしょう。それであれば、もっと仕事に集中できる環境を確保するほうが能率は上がるのではないでしょうか。

 

レンタルオフィスで仕事をするメリット・デメリット

最後にレンタルオフィスを見ていきましょう。

 

レンタルオフィスとは主要駅やオフィス街を中心に展開され、個室の専用スペースを月単位または時間単位で借りて使用するワークスペースを言います。フリーランス以外にも法人や士業、大企業の方など幅広い層に利用されていますが、その理由はなんといっても賃貸オフィスと比べて初期費用・利用料がリーズナブルな点。

 

1人での利用の場合、エリアやグレードにもよりますが、月額1万円程度からの料金でレンタルオフィスを利用することは出来ますが、敷金や礼金、入会金無料のところも多く、固定費をかけずにワークスペースを確保したい方には非常に好都合です。

 

また、レンタルオフィスは備品類も充実。机や椅子はもちろんのこと、コピー機やFAX、プロジェクター、ホワイトボードなどの備品類も備え付けられているレンタルオフィスは多く、初期投資が不要な点も魅力。

 

これら付帯設備が付いたうえで個室利用可ともなれば、仕事場としては抜群の環境と言えるでしょう。

 

あえてデメリットを挙げるとすると、賃貸オフィスほどではないものの月額利用料がかかることや移動交通費がかかる点、また固定型のレンタルオフィスの場合には空きがないと入居が出来ないこと、などがあります。

 

ただし固定型ではなく時間貸しタイプのレンタルオフィスであれば、予約の際に空きがあればいつでも利用できますし、使った分だけの費用しかかからないため、固定費を最小限にとどめることが可能となります。

 

フリーランスに最適な時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

もし現在東京都内で仕事をしているフリーランスの方がレンタルオフィスを検討するのであれば、是非おススメしたいのが、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年に銀座の地でスタート、20年以上に渡りレンタルオフィス業界を牽引し続けているレンタルオフィスのパイオニア。中央区銀座6丁目の角にある銀座風月堂ビルの5階で450㎡のワンフロアーを利用したバーチャルオフィス機能付きレンタルオフィスを運営しています。銀座でも一等地にあるレンタルオフィスとして、フリーランス以外にも1人会社の経営者や士業、大企業のプロジェクト時の利用など幅広い層の方々に利用され手続けています。

 

そんな「銀座ビジネスセンター」がフリーランスの方におススメである理由について、以下に簡単にまとめてみました。

 

時間貸しスタイルだから固定費をあまりかけず利用可能なレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は固定スペースを利用するレンタルオフィスとは異なり、時間貸しのレンタルオフィスです。

 

一般的な固定スペース利用の場合、使っても使わなくても利用料が発生してしまいますが、「銀座ビジネスセンター」は月額1万円~の会員となることで全22の個室の中から使いたい部屋を使いたい時に使いたい時間だけ利用することが出来るレンタルオフィスです。料金は16名の部屋利用で1時間1,600(税別)5分単位での精算となるため、早めに切り上げた場合でも一切の無駄が発生しません。さらにキャンセル料もかからないというおまけつき。

 

事前に予算を決めたうえでフレキシブルな利用が可能な「銀座ビジネスセンター」はコストパフォーマンスがよいレンタルオフィスとして、利用者からは好評を博しています。

 

完全密閉の個室だから静かに安心して仕事ができるレンタルオフィス

レンタルオフィスといっても形態は様々。価格が安いレンタルオフィスの中には、隣室との境目部分の上部分または下部分がオープンのものや、簡易的なパーテーションで仕切られただけの名ばかりの個室もあります。

 

このような環境の場合には声や音が駄々洩れとなってしまいますので、特に個人情報を取り扱う小売やネットショップを営む方、外部とのやり取りが頻繁にある方の場合、個室スペース内で電話やオンラインミーティングをすることは難しいと言えるでしょう。

 

しかし「銀座ビジネスセンター」ならその点で非常に安心。個室スペースはしっかりとした防音加工が施され、天井まで密閉された空間の中で仕事をすることができます。また22ある全ての部屋で施錠可能な上、監視システムや警備システムも設置されており、仕事の邪魔をするものをすべて排除してくれます。

 

通常、銀座エリアで完全密閉型の個室スペースが利用できるレンタルオフィスですと月額10万円は下らないと言われています。その点「銀座ビジネスセンター」は時間貸しレンタルオフィスという特徴を活かし、月額1万円~のリーズナブルな価格で利用できることから、フリーランスの方でも安心です。

 

まとめ

自宅やカフェ・ファミレスなどと違い、仕事を遮るものがない環境を提供してくれる時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」。銀座ブランドを利用し、銀座アドレスで事業展開していけば、ゆくゆくは法人成りも夢ではありません。

 

ぜひこの機会に「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」をビジネス拠点に考えてみませんか?

おすすめの記事