山形県内にてレンタルオフィスを探している起業予定の方や、東京進出や全国展開を目指している山形県内の企業に向け、東京のレンタルオフィス契約をするメリットについてまとめてみました。

 

山形県とはどんなところ?

山形県は、東北地方に位置する地域です。霜害や台風被害の少ない気候を生かした果樹の生産が盛んであり、高級ブランド「佐藤錦」をはじめ「尾花沢スイカ」「庄内砂丘メロン」など全国的に有名な農産物が多く存在しています。特に「さくらんぼ観光果樹園」には毎年県内外から多くの観光客が訪れ、県の経済を支える一大産業となっています。

 

さくらんぼ以外の観光名物は、国宝に指定されている「羽黒山五重塔」、国の史跡・名勝である「山形城」や「立石寺」、有名テレビドラマの舞台地となった「銀山温泉」などがあります。

 

2020年9月現在、山形県には9,323.15㎢の面積に1,066,382人(35/47都道府県)が居住しています。

 

そんな山形県の県庁所在地であり最大の都市は「山形市」。東北地方では福島市に次いで8番目に大きな都市であり、隣接する仙台市と一体的な経済圏を形成しています。通勤通学で仙台市と山形市を相互移動する人も多く、両市の経済的・文化的な結びつきは非常に強固です。

 

山形市の中心駅である山形駅は、山形新幹線をはじめ複数の鉄道路線が集中するターミナル駅です。山形新幹線の開通に伴い県内外からの利用客が飛躍的に増加し、2002年頃まで駅前の再開発が盛んに行われていました。駅北口を中心に官民複合型ビルやホテル・マンションなどが建設され、現在では一大市街地を形成しています。

 

その他の主要エリアには、県内人口第二位の「鶴岡市」、庄内北部の都市「酒田市」、米沢牛の産地としても知られる「米沢市」などがあります。

 

山形県にあるレンタルオフィス事情

山形県のレンタルオフィスやバーチャルオフィスは、数は少ないものの山形市にはいくつか存在していますが、コワーキングスペースが併設されているオフィスが多いのも特徴です。ほとんどのレンタルオフィスでは個室レンタルと法人登記が可能です。

山形市以外のエリアではレンタルオフィス・バーチャルオフィスを見つけるのは難しいでしょう。

 

山形県内ではなく東京のレンタルオフィスを使うという選択肢

これから山形県内で起業を考えている方や東京進出を検討している山形県内の企業が、東京のレンタルオフィス利用を考えるには大きく次の2つのケースが想定されます。

 

起業を検討している人のケース

1つ目は、ネットビジネスやアプリ開発といったIT関連事業やコンサルティングビジネスで起業を検討している人が東京のレンタルオフィスを借りるというケースです。
起業の際には自宅の住所を登記することに抵抗がある人もいると思います。そんな時、山形県内の自宅住所ではなくあえて東京のレンタルオフィスを活用して起業・法人登記することで、山形にいながらも東京の企業として振る舞うことができ、同じような案件でも県内で受注するのに比べて案件単価の高い東京の仕事を受注しやすくなったり、東京の業界団体に所属することができて人脈構築を行いやすくなったり、といったメリットがあります。

 

山形県内で実績がある企業が東京進出するケース

2つ目は、山形県内で十分な実績を持つ企業が事業拡大を目論み、東京進出や全国展開を目指して東京のレンタルオフィスを利用するケースです。

一般的に地方企業が東京に進出することは非常にリスクが高いと思われがちですが、レンタルオフィスを利用する形であれば素早く、低コストで東京に拠点を構えることが可能となります。東京にオフィスがあれば、地方で展開するよりも認知度は高くなりますし、何より東京にオフィスがあるということでクライアントや取引企業の信用度や安心度合いは高くなります。

 

山形県内にある企業が東京のレンタルオフィスを活用するメリット

山形県内で知名度のある企業が、今後の全国進出を目指し商圏拡大を狙うなら、東京のマーケットを攻略することが近道となります。東京進出に際しレンタルオフィスを活用するメリットには、以下のようなものがあります。

 

備品調達もナシ!最小限のリスクで東京進出できる

一般的に東京は人件費やオフィスにかかる費用が高いというイメージがあります。実際のところ、賃貸オフィス契約であれば、契約金や引っ越し費用、オフィス備品など数百万~数千万円にのぼるコストがかかる場合もあります。
しかし、レンタルオフィスを上手に活用すれば、初期費用を抑えつつ低リスクでビジネスを行うことが可能となります。机や椅子といったオフィス家具や、コピー機やFAXといったオフィス備品が備え付けられているレンタルオフィスであれば、企業側で用意する必要もなく無駄なコストは発生しません。
必要最低限のパソコンやスマートフォン、スタッフさえ準備できればすぐにでもビジネスが始められます。

 

成熟しきった地方での活動より東京のほうが新たなビジネスチャンスが生まれやすい

山形県の人口約100万人に対し、東京は1,400万人もの人口を抱える世界有数のビッグシティ。両者の差はなんと14倍にも及びます。商圏が大きければビジネスチャンスは豊富にありますし、新規顧客の獲得チャンスや事業拡大の可能性も高まります。さらにプロモーションに成功すれば、全国展開することも夢ではありません。
経済が冷え込みを見せる地方にしがみつくよりも、東京でビッグチャンスを狙ってみてはいかがでしょうか。

 

東京の中心エリア、銀座にある「銀座ビジネスセンター」とは?

そこで山形県から東京進出を考える企業にぜひおススメしたいレンタルオフィスが、東京都中央区銀座にある「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年から運営開始した老舗のレンタルオフィス。並木通りとみゆき通りが交差する銀座6丁目の「銀座風月堂ビル」の5階に位置し、これまで20年という長きにわたり、中小企業をはじめ士業、個人事業主、大企業のプロジェクト利用、テレワークなどで多くの方に利用され続けている、安全と信頼性の高さが売りのレンタルオフィスです。

 

最寄り駅である東京メトロ銀座駅B5番出口からは徒歩12分、JR有楽町駅からも徒歩5分、銀座一丁目駅や東銀座駅、新橋も徒歩圏内の好アクセスエリア。さらに、羽田空港や新幹線の停車駅である東京駅や品川駅からもほど近く、地方出張の多いビジネスパーソンに大変便利なロケーションに「銀座ビジネスセンター」は存在しています。

 

東京に数多あるレンタルオフィスの中でも「銀座ビジネスセンター」をおススメする理由

東京に数あるレンタルオフィスの中でもなぜ銀座にある「銀座ビジネスセンター」がおススメなのか?その理由を簡単にまとめました。

 

全室天井まで密閉された窓付き完全個室にて電話や打ち合わせ時も安心

一般的なレンタルオフィスの個室スペースは上部分が開いていたり、単に仕切りで分けられているものだったりと、プライバシーやセキュリティが全く考慮されていないものも多いのが現状です。電話をする場合には他の方に迷惑にならないように席を立って別の場所に移動するなど手間が生じます。

 

その点「銀座ビジネスセンター」は22の個室全てが天井までしっかりと密閉されており、隣に電話の内容や打ち合わせの声が聞こえることはありません。密閉されてといってもほとんどの部屋に窓が付いているため、圧迫感もなく快適に利用することができます。
コロナ禍のなかでソーシャルディスタンスが叫ばれている現在、銀座ビジネスセンターの個室スペースであれば、感染防止対策もしっかりされており、安心して業務に打ち込むことが出来るでしょう。

 

事業ステージや企業形態に合わせて選べる月額プラン

「銀座ビジネスセンター」は、個室スペースや会議室を必要な時間だけ借りられる時間貸しのレンタルオフィス。料金プランは用途に合わせて3つが用意されています。自社の利用シーンに合わせてうまく使い分けて利用している方も多く、たとえば普段の仕事をする際には、自宅や近くのレンタルオフィスを使って作業しているものの、商談や面接を行う際には、相手に与える印象や雰囲気などから「銀座ビジネスセンター」を活用している方もいらっしゃいます。

 

(1)月額10,000円プラン

地方にいながら東京の住所を持ちたい、といったバーチャルオフィス的な利用を求める方には最適のプランです。法人登記や銀行口座開設、郵便物や宅配物の受取・転送サービスを利用することができます。もちろんこの月額10,000円のプランでも事前予約さえすれば、個室利用は可能です。

 

(2)月額25,000円プラン

月額10,000円のプランに電話やFAXサービスが追加されたプランです。地方にいながらも東京03の電話・FAX番号が利用できるので、クライアントや商談相手に安心感を与えられます。

 

(3)月額50,000円プラン

上記の月額25,000円のプランに20時間分の部屋利用料金が追加された最もお得なプランです。個室はどのプランでも利用可能ですが、当プランのみ基本料金に32,000/月の利用分が含まれています(超過分は別料金)

 

銀座ビジネスセンターまでの交通手段

山形県内から「銀座ビジネスセンター」へ移動するには飛行機または新幹線の利用が考えられます。

 

新幹線の場合山形県内から東京駅まで約2時間40分でアクセス可能です。東京駅到着したのち「銀座ビジネスセンター」のある銀座まではタクシーだとおよそワンメーターほどで移動できます。

また飛行機の場合、山形空港から羽田空港までは約1時間5分のフライト時間となります。羽田空港からは東京モノレールまたは京急線を利用しておよそ30分程度で銀座エリアです。
山形空港から羽田空港への便数は非常に少なく利便性があまり良くないので、分刻みで動きたいビジネスパーソンには乗車時間を選べる新幹線での移動がおススメです。

 

まとめ

山形県内での起業に向けてレンタルオフィスを探している方や、東京進出を目指している企業にとって、「銀座ビジネスセンター」は無駄なコストをかけることなく利用可能なレンタルオフィスです。

 

ぜひ「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」を利用して東京進出を目指してみませんか?

おすすめの記事