北区でレンタルオフィスを探している、本店以外の新たな拠点を北区内に持ちたい、といった方へ、後悔しないレンタルオフィス候補地の選び方についてまとめてみました。

北区はどのような街なのか?

北区は、田端のあたりから埼玉との県境である荒川に沿って浮間舟渡近辺まで縦に伸びたエリアです。

区の南北にはJR線京浜東北線および埼京線といった鉄道が通り、東京駅方面だけでなく新宿・渋谷方面のどちらにも行きやすく、都心部への移動にはとても便利です。その他には、早稲田-三ノ輪間を走る「東京さくらトラム(都電荒川線)」が区内を横断しています。

 

23区内では地価も安いエリアということもあり、外国人居住者も多く、治安には少々不安が残りますが、下町特有のにぎやかさを持つあたたかい街でもあります。

 

2020年6月現在、北区には20.59?のエリアに355,257 (11/23区中)が居住しています。

そんな北区の代表的な街といえば「赤羽」。

ターミナル駅として6つの路線が利用できる利便性が高さから、住みたい街としても人気があります。物価も安く、駅前の商店街はいつも多くのお客さんでにぎわっている庶民的なエリアです。

 

その他、北区において人気のあるエリアとしては王子、板橋、十条などがあります。

北区にあるレンタルオフィス事情

北区のレンタルオフィスやコワーキングスペースですが、赤羽や東十条にいくつかみられる以外、ほとんど見つけることができません。個室スペースにいたっては満室のため、すぐに利用開始することができないのが現状です。

北区のレンタルオフィス賃料イメージ

エリア 総室数 広さ 利用人数 使用料
レンタルオフィス 赤羽 12室 9.0㎡~ 3名 43,000円~78,000(初期費用・共益費別)※現在空室無し
コワーキングスペース 東十条 20室 - 1名 18,000円(共益費別)

考えてみて!法人登記するレンタルオフィスの候補地選びは慎重に

住環境には最適な北区ですが、自宅以外で仕事を行うための作業スペースを探そうとすると困難を極めます。

そのため、自宅で本店登記を行い、カフェやコワーキングスペースで仕事を行う、という選択をしようと考える人もいるかもしれません。

 

おそらく北区で法人登記を行おうと考えている方には、現在北区に住んでいる方や以前北区で働いていたという方もいると思います。

 

でも少し考えてみてください。

法人登記を行う場所は事業を成長させる上で非常に重要なポイントであることをご存じですか?

 

もし、北区で法人登記を行った場合、本店住所は当然ながら「北区~」となります。

しかし多くの人にとって、北区はオフィス街というイメージというよりも、下町の雰囲気を持つ居住エリアであるという印象を持っています。そのため、北区で法人登記を行った際に、クライアントに与えるイメージや信用度が低下してしまう可能性も否定できません。

 

大企業のように会社の規模によっては契約・取引時に信用調査を行うことあります。その際に登記している住所が、自宅もしくはオフィス街から離れた住宅エリアであることがわかり取引を断られるということも実際にある話です。

 

これが都心部の主要駅に近いエリアで本店登記されているのであれば、起業直後であってもクライアントに対してきちんとしている会社であると印象付けることができます。

 

このようにオフィス候補地の選定は、取引相手への信用度に影響するため慎重に行う必要があるのです。

交通アクセス・立地にも申し分ない「銀座ビジネスセンター」という選択肢

そこで北区でレンタルオフィスを検討している皆さんにお伝えしたいことがあります。

銀座アドレスを持つことができ、銀座で法人登記可能な「銀座ビジネスセンター」を利用してみるのはいかがでしょう?「銀座ビジネスセンター」なら、レンタルオフィスの空室を待つよりもすぐに法人登記や口座開設が行え、ビジネスをすぐにスタートすることができます。

 

「銀座ビジネスセンター」のある銀座までは北区エリアからは電車でも2030分程度。その場所で法人登記することができ、銀座アドレスを利用することができれば、エリアの信用度も相なって事業成長を後押ししてくれるでしょう。

 

そんな「銀座ビジネスセンター」は創業が2000年。これまでレンタルオフィスを運営し続け、レンタルオフィス業界の老舗として20年に渡り事業行っている会社です。
何度かの移転を経て現在は銀座6丁目にある「銀座風月堂ビル5F」という銀座の中心一等地に場所をかまえており、450㎡のワンフロアーを利用したバーチャルオフィスと22の個室を時間貸しするサービスを提供しています。

 

また「銀座ビジネスセンター」は、月額1万円~(プランによって金額は異なります)という銀座とは思えないほどリーズナブルな価格で、さまざまなサービスを受けることができるのです。

 

銀座ビジネスセンターをおススメする理由

では「銀座ビジネスセンター」が起業した方や支店拡大を検討している方におススメできる理由にはどんなものがあるのでしょう?代表的な3つの特色についてまとめてみました。

 

銀座アドレスで法人登記、銀行口座開設が可能

「銀座ビジネスセンター」で法人登記を行えば、早い方だと当日から利用が開始できます。
自分自身の信用力がまだ小さい段階でも、銀座アドレスというエリアの持つ力が取引相手への信用度を高めてくれます。その後徐々に時間が経過することによって、自分自身の信用力が加速度的に高まってきます。
さらに、昨今バーチャルオフィスやシェアオフィスをはじめ、レンタルオフィスでの銀行口座開設は意外と難しい、とも言われていますが、「銀座ビジネスセンター」で法人登記を行えば、都市銀行の口座開設もあまり苦になりません。

 

必要な時に、必要な部屋を、必要な時間だけレンタル可能

「銀座ビジネスセンター」は、22の個室スペースや会議室を「必要な時に」「必要な時間だけ」借りることができる時間貸しレンタルオフィスです。そのため、使っても使わなくても固定費がかかるレンタルオフィスとは異なり、無駄な維持コストをかけずに好きな時に利用できます。また、当日の連絡でもほぼ希望通りに使用することができます。

 

ビジネスをスタートするのに必要備品が完備

「銀座ビジネスセンター」では、ビジネスをスタートするのに必要な高速インターネット回線やプロジェクター、スキャナー、ホワイトボードといった備品は無料で利用可能、その他電話やコピー機などの備品も完備されており、好きな時にいつでも利用することができます。

北区から銀座ビジネスセンターまでの交通手段

北区から「銀座ビジネスセンター」のある有楽町や銀座への移動は、JR線を利用すればスムーズに行えます。

 

赤羽の場合

赤羽から「銀座ビジネスセンター」までは、「JR京浜東北線」を利用し、秋葉原または東京駅下車、「JR山手線」に乗り換えて有楽町(約25分)というルートが利用できます。京浜東北線は平日10時半から15時半までは快速のみとなるため有楽町には止まりませんので注意しましょう。

 

十条の場合

十条から銀座までは、「JR京浜東北線」で池袋下車(6)。その後「東京メトロ丸の内線」を利用して銀座まで約9分でうす。地下鉄への乗り換えが面倒な方は池袋から「JR山手線」に乗り換えて有楽町まで行くことも可能です(26)

 

王子の場合

王子から銀座までのルートはいくつかありますが、おススメは「東京メトロ南北線」で王子から飯田橋まで移動し(13)、「東京メトロ銀座線」に乗り換えて有楽町まで9分のルートです。

まとめ

北区内でレンタルオフィスを探したものの見つからなく、「これ以上オフィス候補地選びに時間はかけたくない」、「法人登記や口座開設をスムーズに行いたい」という方であれば「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」を選択肢の一つに加えてみませんか。オフィス選びにかかる労力が一気に減りますし、最高のロケーションでビジネスをスタートできるため、とてもおススメです!

おすすめの記事