コロナ禍を境にテレワーク、リモートワークという働き方が一般化してきました。これにより企業勤めの方でも場所や時間に問われること無くフレキシブルに働けるため、わざわざ満員電車で通勤しなくても済むなどのメリットを享受できるようになりつつあります。

 

また1人会社を経営している方やフリーランス、副業している方の中には、自宅やカフェでのテレワーク、リモートワークをすでに行っている人もいることでしょう。

 

そんな中、テレワークやリモートワークをする上で「今の仕事環境で満足した仕事ができるか」と問われると、必ずしもそうではない、という声をよく聞きます。

 

たとえば自宅でテレワークをしている人であれば、仕事とプライベートの切り分けが難しくてだらけてしまうことも。またカフェやファミレスといったオープンスペースで仕事を行う人の場合、セキュリティーやプライバシー的にも情報漏洩につながる危険性は払拭しきれません。

 

そこで、テレワークやリモートワークに最適なワークスペースとして活用したいのが「レンタルオフィス」。

 

リーズナブルな価格で仕事に集中できる環境を手に入れられるとして、スモールビジネス従事者を中心に利用されているオフィス形態です。

 

最近ではレンタルオフィスの付帯サービスとして、住所のみ利用したいというニーズに応える「バーチャルオフィス」としての機能を持つところも増えてきました。

 

向上心高い起業家の方の中には、住所のみ利用するのであればと都心の一等地のアドレスを持つレンタルオフィスを契約する人も多く、その中でも特に人気なのが「銀座」エリア。銀座であれば都内で働いている方や都内近郊に居住している方ならスペース利用も十分可能です。

 

今回は、銀座エリアでテレワークやリモートワークにおすすめのレンタルオフィスを見つける際のポイントや、銀座でおすすめのレンタルオフィスをご紹介していきます。

 

銀座エリアのレンタルオフィスを検討する際のポイント

レンタルオフィスを検討する際にポイントとなるのは「利用しやすさ」と「コスト」、それに法人登記や口座開設、企業ブランディングに活用できる「住所・エリア」となります。

 

それぞれ細かく見ていきましょう。

 

利用しやすさ

レンタルオフィスでテレワークやリモートワークをするなら、個室スペース利用は必須。そのため、家や職場から通える距離にレンタルオフィスがあることは最低条件となります。

 

コストやエリアを重視した結果、利用しにくいエリアや、駅から遠いレンタルオフィスを契約してしまうと、結果として通い続けるのが億劫になり、足が遠のいてしまいます。

 

個室スペース利用がメインの方の場合には、「家や職場から近いこと」を重視するようにしましょう。

 

コスト

レンタルオフィスは賃貸オフォス契約をするよりも大幅に安い価格で利用することができるワークスペースです。

 

とはいえ、東京都内のレンタルオフィスはとりわけ金額は高めに設定されており、特に主要ターミナル駅があるエリアやビジネス街の中には月10万円前後のものも多数見られます。

 

一方で安いレンタルオフィスは、設備的に問題があったり(雑居ビル・エレベーターがない、無人受付など)、駅から10分以上かかったりするケースもあります。

 

起業したての頃や副業での利用ではそこまでお金をかけたくない、という人も多いと思いますが、コストで選ぶ場合には自ら足を運んでチェックすることが必要です。

 

住所・エリア

レンタルオフィス契約をする際にかなり見落としがちなのが「エリア」です。全国展開しているレンタルオフィスなどは東京都内にも数多くの拠点があるため、自宅や職場近くのレンタルオフィスを選びがちです。

 

しかしビジネス上の住所は会社の顔でもあるため、選ぶエリアによってクライアントや商談中の相手に対し、信頼度を高めることを可能にしてくれます。たとえば、知名度の高いエリア・ビジネス街の住所が利用できれば覚えてもらいやすくなりますし、知名度の低いエリア・住宅街のイメージが強ければあれば、印象が薄くなる可能性も捨てきれません。

 

つまり、レンタルオフィスは「利用しやすいエリア」にあり、「リーズナブル」で、「知名度の高いエリア」で契約するのがベストチョイスとなります。

 

ブランディングに最適な「銀座」にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

しかしながら、上記のような条件を持つレンタルオフィスをどのように見つければよいのでしょうか?

 

一般的に、東京都内において知名度の高いエリアはいくつかありますが、ビジネスにおいてベストとなるエリアはそれほど多くありません。

 

その中から、エリア知名度抜群の「銀座」にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」を今回はおすすめしてみようと思います。

 

「銀座ビジネスセンター」はレンタルオフィスやシェオフィスひしめく銀座で、20年以上もの間レンタルオフィス運営を続けている業界の先駆者。時間貸しレンタルオフィスという特性を活かし、銀座エリアの中でも比較的月額1万円?とリーズナブルな価格で利用できるのが魅力です。

 

銀座エリアに数あるレンタルオフィスの中で「銀座ビジネスセンター」がなぜおすすめなのか、その理由について下記にまとめてみました。

 

都心だけでなく地方へのアクセスも申し分ないレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は銀座6丁目「銀座風月堂」の5階にあります。最寄り駅は東京メトロ銀座線の銀座駅からは徒歩1分、JR有楽町駅からは徒歩5分と好アクセス。これ以外にも東銀座駅や銀座一丁目駅、新橋駅なども利用でき、都内への移動には事欠きません。

 

また羽田空港へも30分圏内、新幹線の発着駅である東京駅にもわずか1駅という利便性の良さが魅力。

 

テレワークやリモートワークでの利用においても銀座であれば不便なく通い続けられます。

 

月額1万円からと銀座エリアの中でもリーズナブルな価格で利用できるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は会員制のレンタルオフィス。利用用途に応じて月額「10,000(住所利用メイン)」、「25,000(電話・FAX応対込み)」、「50,000(20時間分の個室利用込み)」の3つのプランから選択することができます。

 

個室利用の場合には1時間1,600円の費用がかかりますが、固定スペース型のレンタルオフィスとは異なり、利用した時間分のみ料金が発生する仕組みなので無駄なコストが発生しませんし、個室予約のキャンセル料も一切かかりません。

 

普段は住所利用のみ、テレワークやリモートワークで集中したい時だけ個室を利用するなど、フレキシブルな活用が可能なレンタルオフィスです。

 

都心の一等地「銀座」エリアの住所を利用できるレンタルオフィス

日本だけでなく海外からの知名度も高い都心の一等地「銀座」のアドレスをビジネス利用できるのが「銀座ビジネスセンター」の会員になるメリットの一つです。

 

銀座の地で賃貸オフィス契約をしようものなら、それこそ数千万?のコストがかかるのが普通ですが「銀座ビジネスセンター」であれば、月額1万円からのコストで銀座の住所を利用したビジネス展開を可能にします。

 

先ほどエリアの重要性を申し上げましたが、「銀座」に住所を持った企業ということで「誠実に仕事してくれそうだ」、「財務体質もしっかりした会社」といった印象を与えることができ、ビジネスを優位に進めることができるレンタルオフィスとなっています。

 

まとめ

東京都内でテレワークやリモートワークに使えるワークスペースを探しているなら、「銀座ビジネスセンター」は「利便性」、「コスト」、「エリア」のどれを取っても申し分ないレンタルオフィス。

 

「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」なら、銀座に月額1万円?でオフィスを構えることができるだけでなく、個室利用以外にもバーチャルオフィスとして利用することも可能。防音対策もバッチリ、完全個室完備の「銀座ビジネスセンター」で誰にも邪魔されずに仕事をしてみるのはいかがですか?

おすすめの記事