現在、稲荷町エリアに自宅やオフィスがある方で「緊急事態宣言がまだ続く中、テレワークやリモートワークに使えるワークスペースを探している」「起業や副業に使える個室オフィスを検討している」なら、レンタルオフィスを活用してみるのはいかがですか?

レンタルオフィスなら、賃貸オフィスを契約するよりも圧倒的にリーズナブルな金額で専用個室スペースを利用できるだけでなく、秘書代行や電話代行といったバックオフィス的なサービスを受けることも可能。オフィス家具やネット環境も完備された環境で、パソコンやスマホを持参するだけで仕事が出来る利便性が魅力です。

今回は稲荷町でワークスペースを探している方を対象に、稲荷町エリアのレンタルオフィス事情とおすすめのレンタルオフィスについてご紹介していきます。

稲荷町ってどんなエリア?

「稲荷町」とは東京都台東区東上野三丁目にある稲荷町駅およびその一帯を指す名称です。
現在同エリアには行政地名に「稲荷町」という名前を持つ町はなく、あくまでも駅周辺エリアの通称として親しまれています。

そもそも稲荷町という名前の由来は、駅を設置した当時の住所が「下谷区南稲荷町」であったこと。「稲荷」という名前が入っているのは、古くは「下谷稲荷明神社」と呼ばれた都内最古の稲荷神社である「下谷神社」が近隣に立地しているためです。しかし昭和中期に入って現在の住所へと名称が変更となり、駅名にその名前が残るだけとなりました。

そんな稲荷町駅は、現在東京メトロ銀座線が乗り入れていますが、銀座や渋谷へ直通で行けることから交通利便性は抜群。駅周辺は台東区役所の本庁舎や警察署、消防署などの公共機関が集結しているほか、神社仏閣や神仏具の問屋が多いことでも知られています。

稲荷町のレンタルオフィス事情

稲荷町エリアは、都内の主要ターミナル駅の1つである「上野駅」と近接していることもあり、あえて「稲荷町駅」を最寄りとするレンタルオフィスはそれほど多くありません。

また上野駅のネームバリューが大きいため、仮に稲荷町駅から徒歩で行ける距離にあるレンタルオフィスであっても、「上野駅より〇〇分(稲荷町駅の徒歩表示はない場合が多い)」と記載されていることがほとんどで、「稲荷町駅」にあるレンタルオフィスを見つけるためには、地図検索でもしない限りかなり難しいでしょう。

とはいえ、もともとレンタルオフィスの数が少ないエリアのため個室の空きが出ることは稀。基本的に満室となっていることがほとんどであり、空室待ちをしている人数も多いこともあって、空きが出たところですぐに入居できるわけではない点にも注意が必要となります。

以下に稲荷町エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などをまとめましたので、検討の際には参考にしてみてください。

稲荷町エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 稲荷町駅から徒歩6分 レンタルオフィス レンタルオフィス

月額37,400円(税込)~

※現在1室のみ空室

1名~ 登記可能

家具付き専用オフィス

24時間365日利用可能

レンタルオフィスB 稲荷町駅から徒歩8分 レンタルオフィス、コワーキングスペ―ス プレミアム会員22,000円(税込) 1名~ ドロップインもOK

登記可能

フリードリンクあり

ビジネスツール充実

衛生面やセキュリティ面で不安なし!気密性高い完全個室型レンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

稲荷町駅周辺エリアにはレンタルオフィスは少なく、カフェやファミレスのような場所以外にワークスペースを探すのにはエリアを拡大して探す必要があります。

とはいえメインエリアから離れれば離れるほど「通うのが面倒」「どんなに安くても交通費が負担に」ということが起き得るのが現実。それゆえ、レンタルオフィスを検討するにも田原町エリアから30分圏内の場所を探すのがベストでしょう。

そこで田原町エリア周辺でレンタルオフィスといったワークスペースを検討している方におススメなのが、銀座線1本で通うことが出来る時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年から運営開始した業界の先駆者たるレンタルオフィス。銀座という競争激しいエリアで20年以上に渡り営業し続けており、中小企業経営者を中心に、士業や個人事業主だけでなく、大企業の短期プロジェクト利用などにも活用できる利便性高いレンタルオフィスです。月額11,000円~の料金で会員となることができ、様々なサービスを受けることができます。

そんなサービスの中でも特に「銀座ビジネスセンター」はバーチャルオフィスとしての機能も備えていることから、地方企業や自宅で法人登記したくない方の拠点として法人登記や口座開設に必要な住所が利用できる点は見逃せないポイント。知名度が高くハイレベルな街としての印象が高い銀座アドレスが利用できることで、ビジネスチャンスが大きく広がることでしょう。

東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からも徒歩5分と駅から近く、自身の利用だけでなくクライアントを招く際にも不便を感じさせることがない点も魅力といえるのではないでしょうか。

そんな「銀座ビジネスセンター」が田原町エリアを拠点とする方にもおススメな理由について、以下に簡単にまとめてみました。

コロナ禍でも安全安心!機密性高い完全密閉型のレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は全22ある個室スペースすべてが天井までしっかりと密閉された完全個室型レンタルオフィス。完全密閉型のため、隣の声が聞こえてくることもありませんし、こちらの声も外に漏れません。そのため、zoom等のオンラインミーティング時や電話利用時に他人の目を気にすることがない点は、カフェやファミレスで仕事を行うのと大きく異なるポイントです。

また、現在のようなコロナ禍ではカフェやファミレスのようなオープンスペースだと感染への不安がぬぐえません。しかし「銀座ビジネスセンター」は完全個室ということもあって、他社との接触もほとんどなく部屋利用できる点は非常に安心。日々入念な感染症対策を行っており、利用者が個室を退出した後には秘書による徹底したアルコール消毒を都度行うなど、感染症予防をセルフにしているレンタルオフィスとは一線を画しています。

そんな「銀座ビジネスセンター」は、完全個室型のレンタルオフィスが時間貸しで展開されているということもあって、銀座エリアでは比較的リーズナブルな料金で静かな個室を利用できます。事前予約を行えば、1時間1,760円~(1~6名部屋相当)で使いたい時に使いたいだけ利用することが可能。利用者はプロジェクターやホワイトボードといったオフィス備品も基本無料で利用できるので、パソコンやスマートフォンを持参するだけで不便を感じることなく仕事に専念することができる、そんなレンタルオフィスなのです。

常駐秘書のクオリティ高いサービスを受けられるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」には10名程の秘書が常駐しており、平日朝9時~20時45分までの営業時間はバックオフィス業務を中心に利用者のサポートを行っています。気になる業務内容ですが、来客時の受付対応や郵便物の受取・転送対応、電話・FAX対応、部屋利用毎での清掃対応・アルコール消毒、事務代行等など、非常に多岐にわたります。

「銀座ビジネスセンター」の秘書の特徴はなんといっても正社員秘書である点。アルバイトや派遣スタッフを利用しているレンタルオフィスとはサービスクオリティが違います。教育研修が徹底され、一度マスターした業務内容も日々刻々と変わる状況に対応すべく学ぶ心を忘れない、お客様へのホスピタリティの精神を身に付けた秘書サービスはまさに必見です!

稲荷町から銀座ビジネスセンターまでの交通アクセス

稲荷町から「銀座ビジネスセンター」までの移動手段ですが、東京メトロ銀座線で乗り換えなく乗車時間はわずか14分。これくらいの時間なら通うのも苦になることはないでしょう。

まとめ

稲荷町エリアを中心にレンタルオフィスといったワークスペースを検討しているなら、完全個室が利用でき、ホスピタリティ高い秘書サービスを受けることができる「銀座ビジネスセンター」が断然おすすめ。

コロナ感染の不安を大きく軽減する密閉型の完全個室なら、カフェやファミレスのように話し声や人の動きを気にすることもなく密になることもありません。普段自宅やカフェで仕事をしていて「集中できる環境で仕事をしたい」「バックオフィス業務を誰かに頼みたい」という願望をお持ちの方なら、ぜひ「レンタルオフィスの銀座ビジネスセンター」を活用して、安心快適な環境下で仕事をしてみるのはいかがですか?

おすすめの記事