起業や副業用のワークスペース、さらに企業のプロジェクト利用としても重宝されているレンタルオフィス。法人登記や銀行口座開設が可能なところも多く、起業の際のスタートアップ拠点として最適であることから利用者も増えています。中にはバーチャルオフィスとしての機能を持つレンタルオフィスもあり、個室利用は不要だけれども住所のみ利用したい、というニーズに応えているところも多数あるようです。

 

そこで今回は、住所のみの利用にも有効とされるレンタルオフィスについて見てくとともに、失敗しないレンタルオフィスの探し方についてご紹介していきます。

 

作業する場所は別でも住所のみ利用可能なレンタルオフィスの特徴

最近はレンタルオフィスの形態も多様化しており、

 

  • 個室スペース貸しメインのレンタルオフィス
  • 個室スペース貸しは一切しておらず、住所のみの利用が可能なレンタルオフィス(バーチャルオフィス)
  • 住所のみ利用がメインで、個室スペースは利用したい時だけ利用可能なレンタルオフィス

 

といったタイプのものがあります。住所のみ利用できるレンタルオフィスと一口で言っても想定されるニーズは様々であり、主に「ワークスペース」として使いたいのか、「住所のみ」を利用したいのかによってレンタルオフィスの選び方は異なります。それぞれの特徴や活用方法を詳しく見ていきましょう。

 

個室スペース貸しメインのレンタルオフィス

ワークスペースとして定期的に個室スペースを利用するのがメインの人に適したレンタルオフィスです。家や職場から近いという方であればワークスペースさえあれば良いため、郵便物の転送や電話代行が不要な方に利用されています。

 

個室スペース貸しは一切しておらず、住所のみの利用が可能なレンタルオフィス(バーチャルオフィス)

ワークスペースとしての個室がなく、住所のみの利用ができるレンタルオフィスは通常「バーチャルオフィス」と呼ばれます。バーチャルオフィスは、物理的にレンタルオフィスを利用することは難しいものの、東京の地の利を利用してビジネスを展開したいという地方企業や個人の方に最適。「営業販路を見出したい」、「新たな事業展開をしたい」という経営戦略上の理由から、本店所在地を地方から東京へ移転している企業も存在しています。

 

また自宅住所で法人登記するのは防犯上の観点から避けたい、自宅で登記がマンションの規約上できない、という方にもバーチャルオフィスは適しています。

 

住所のみ利用がメインで、個室スペースは利用したい時だけ利用可能なレンタルオフィス

住所のみの利用をメインに考えつつも、不定期でワークスペースを借りたい人にオススメなのが、法人登記・銀行口座開設が可能であり、個室利用もできるレンタルオフィス。普段の作業は自宅やカフェなど近場で行い、打ち合わせや面談時にのみレンタルオフィスの個室利用するといった方にはピッタリです。

 

レンタルオフィスの所在地も重要で、「地の利を活かして信用力を上げたい」という方であれば、自宅から遠くてもブランド力の高いエリアで法人登記を行ったり、そのようなエリアに移転するのもよいでしょう。

 

このタイプには、ワークスペースを月額固定ではなく「時間」で借りることができるレンタルオフィスもあります。

 

住所のみ利用の場合に気を付けたいレンタルオフィス契約の注意点

東京都内には、住所利用のみができるレンタルオフィス(バーチャルオフィス)が数多く存在します。

 

しかし、住所利用=法人登記が可能というわけではありません。

 

最近は安価なレンタルオフィスも増えており、価格ばかりを気にして内容を確認しないまま契約してしまい、のちに法人登記不可だったというケースもないわけではありません。「バーチャルオフィス機能あり」、「住所のみの利用可能」とうたっているものの、法人登記ができないレンタルオフィスもあるため、利用する際には契約内容をしっかり確認しておきましょう。

 

また住所のみ利用の際に気を付けておきたいのが、

 

  • エリアの再開発によってレンタルオフィスが入居するビル自体が建て替えとなってしまうケース
  • 経営が立ち行かず、レンタルオフィス運営会社が倒産してしまうケース

 

があるということです。

 

東京都内は再開発が進んでいるため、ある日突然退去を通知され、移転を余儀なくされるケースも少なくありません。移転の際に発生する費用は通常自分自身で賄うことになってしまうので、金銭的にも精神的にも負担が大きくなります。住所のみ利用する契約だから、と安易に考えず、バーチャルオフィスの名義上の建物や周辺エリアをしっかり確認した上で契約するようにしましょう。

?

法人登記や銀行口座開設が可能!ブランド力高い銀座にある「銀座ビジネスセンター」とは?

そんな銀座エリアの中で、立地・サービス・価格の面において利用者から高い評判を得ているレンタルオフィスが、バーチャルオフィス機能を持った時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

 

「銀座ビジネスセンター」がスタートしたのは2000年。20年以上も銀座の地で運営を継続しているレンタルオフィス業界のパイオニア。450?のワンフロアーに全22ある個室スペース、会議室を使いたい時に使いたいだけ利用することができる時間貸しレンタルオフィスです。利用者も大企業のプロジェクト利用から中小企業経営者、士業、コンサルタントやカウンセラーといったフリーランスと様々です。

 

そんな「銀座ビジネスセンター」が住所のみ利用においてもおすすめできる理由について、以下に簡単にまとめてみました。

?

「銀座」というブランド力の高いエリアのアドレスをリーズナブルに利用できる

「銀座ビジネスセンター」の住所は東京都中央区銀座6-6-1銀座風月堂ビルの5F。銀座の目抜き通りから一歩内側に入った少し閑静なエリアに位置しており、落ち着いてビジネスを行うには最適な場所。周辺は高級ブランドなども立ち並ぶエリアとしても有名なため、銀座のアドレスを利用してビジネスを行えることは「銀座に住所があるしっかりした会社」という印象を取引相手に与えられることなど、ビジネス上の大きなアドバンテージとなります。

 

「銀座ビジネスセンター」を利用すれば、初期投資をほとんどかけることなく銀座に会社を構えることができます。利用料金に関しても現在のところ入会金は0円、月額1万円?と非常にリーズナブル。住所利用のみの場合にはこのプランの契約でも十分メリットを享受できます。

 

バーチャルオフィスとレンタルオフィス、2つの顔を持つレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は22ある個室スペースや会議室を、使いたい時に使いたいだけ利用できる時間貸しのレンタルオフィス。レンタルオフィスとしての機能だけでなく、バーチャルオフィスとしての機能も持ちあわせているため、普段はバーチャルオフィス利用、たまには個室レンタルを、といった利用をフレキシブルに行うことができます。

 

もし個室利用する場合にも、1時間1,600円?の料金を利用した分だけ支払うだけでOK。わざわざ個室利用契約を結ぶといったことはありません。仮に月額50,000円のプランを契約した場合、20時間分の個室代金(4名部屋相当)が費用の中に含まれるのでお得に利用できます。

 

まとめ

東京都内で住所のみの利用ができるバーチャルオフィス、レンタルオフィスを探しているのであれば、知名度が高く、クライアントにも安心や信頼性を与えられる時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」を検討してみるのはいかがでしょうか?

 

「銀座ビジネスセンター」であればバーチャルオフィスとしてだけでなく、個室利用も可能なレンタルオフィスなのでビジネスを多角的に進めることを可能にします。ぜひこの機会に「銀座ビジネスセンター」を利用してみることをおすすめします。

おすすめの記事