現在起業を予定しており、北海道内でレンタルオフィスを探している方や、東京にも拠点を持ちたいと考えている北海道内にある企業に向けて、東京のレンタルオフィス契約をするメリットについてまとめてみました。

 

北海道とはどんなところ?

北海道は日本列島を構成する主要4島の1つであり、日本の北部に位置する地域。日本の島の中では本州に次ぐ広大な面積を持ち、周辺は日本海・太平洋・オホーツク海の3つに囲まれています。道内は、「道央」「道北」「道南」「道東」の4つに細分化され、それぞれ異なる気候や文化を持っているのが特徴です。

 

北海道の主要な観光地には、日本最北の動物園「旭山動物園」、北海道屈指の温泉地「登別温泉」、ニセコ積丹小樽海岸国定公園内にある「神威岬」、札幌の夜景が見渡せる「藻岩山」などがあります。

毎年発表される「都道府県の魅力度ランキング」では常に1位を獲得するほど見どころが豊富で、多くの観光客を魅了し続けています。

 

2020年9月現在、北海道には78,421.34㎢の面積に5,267,762(8/47都道府県)が居住しています。

 

そんな北海道の最大の都市であり県庁所在地となるのは「札幌市」。日本最北の政令指定都市であり、北海道の政治・経済・文化の中心地として人口197万人以上を有するプライメイトシティです。

 

札幌市の中心となる駅は「JR札幌駅」と地下歩行通路で直結する「地下鉄大通り駅」です。JR札幌駅はJR北海道最大の拠点駅で、普通列車のみならず道内各地を結ぶ特急列車や新千歳空港行きのエアポート快速などが発着しています。近年では、駅周辺の再開発に伴い道内主要都市からの利用者が増加し、オフィス街と繁華街が混在する華やかなエリアとして若者やビジネスパーソンから人気を集めています。

 

北海道のその他のエリアには、新千歳空港のある「千歳市」、北海道第三の都市「函館市」、北海道中部に位置する「旭川市」などがあります。

 

北海道にあるレンタルオフィス事情

北海道にあるレンタルオフィスやバーチャルオフィスは、そのほとんどが札幌市に集中しています。大半の施設は札幌市内の主要駅から徒歩圏内で利用できるもので、個室利用や法人登記も行えます。ただし市内でも特に立地条件が良い場所や人気のレンタルオフィスでは空室がない場合もあり、利用したいタイミングですぐ利用できるとは限りません。

 

また札幌市以外のエリアでは、恵庭市や江別市、千歳市、旭川市などにいくつかあるものの、自治体が運営するインキュベーション施設やコワーキングスペースがほとんどで、誰もが気軽に個室をレンタルできるという訳ではないようです。

 

北海道内でなく東京にあるレンタルオフィスを利用するという選択肢

北海道内で起業を考えている方や東京に拠点を持つことを検討している企業が、東京のレンタルオフィスを利用するケースでは、次のようなケースが想定されます。

 

現在起業準備をしている人のケース

パソコンやスマートフォンさえあれば場所を選ばない仕事での起業を検討している人が、東京のレンタルオフィスで法人登記を行うケースでレンタルオフィスは有効です。

働く場所を好きに選べるノマド的な仕事は自由度が高い一方、どこで仕事をすれば効率的なパフォーマンスできるのか、法人登記をどうするのかといった悩みを抱える場合も多くあります。

そんな時に北海道ではなく、あえて東京のレンタルオフィスを活用することで様々なメリットを享受することができます。東京のアドレスを持つことで、起業家としての価値やブランド力が一段と高まりますし、北海道にいては知り合うことができない東京でのネットワークや顧客を獲得できるチャンスも増えるでしょう。

 

北海道では一定の知名度がある企業が東京に進出するパターン

もう一つは、道内ではすでに知名度を得ている企業が、新たなマーケットを求めて東京進出する場合の拠点にレンタルオフィスを活用するケースです。

 

北海道に企業の本社があることは、ある一定のターゲットに対して大変大きな訴求力を持ちます。しかし、少子高齢化で人口が減少している今、北海道内だけではマーケットも成熟してしまうため、新たな販路拡大のためには策を講じる必要があります。そこで本社機能は地元に残しつつ、東京のレンタルオフィスを東京営業所と位置づけ、営業やマーケティング拠点として有効的に活用する方法もあります。

 

道内にある企業が東京のレンタルオフィスを活用するメリットとは?

道内では知名度も実績もあるような企業が、さらなる市場拡大に向けて東京進出を検討する際に、レンタルオフィスを利用するメリットには、以下のようなものがあります。

 

東京という新たな市場を取り込むことで全国展開も視野に入れられる

北海道内で歴史や実績を重ねマーケットシェアが大きくなってくると、既存エリアだけで新規開拓するのはかなり難しくなってきます。会社を維持・発展させるためには既存顧客へのフォローを大切にしつつも、新規顧客獲得のために新たなマーケットを切り拓いていく必要があります。

その際に目を付ける先はやはり「東京」。1,400万人が住む巨大なマーケットを持つ東京で事業展開できれば、新規顧客の獲得や商圏拡大に一役買ってくれるでしょう。さらに東京で成功することができれば全国へと発展する可能性も大です。

 

低リスクで東京オフィス構築が可能

東京進出を検討するにあたり、まずは拠点となるオフィスを決めなくてはいけません。

しかし賃貸オフィス契約を前提に考えると、保証金などの契約にかかる費用だけでなく、オフィス家具や備品類の調達、東京スタッフの人件費などで数千万近くかかる場合も想定されます。このような高額なコストがネックとなり東京進出を断念する企業も大勢あるのが事実。そうした企業の中から抜きん出るためにも、レンタルオフィスの利用は有効な選択肢の1つです。

レンタルオフィスをうまく活用すれば、契約時にかかる初期費用、月々の使用料、備品準備にかかる費用などを最小限に抑えることができ、低リスクで東京オフィスを構えることができます。

 

地方企業が安心して利用できる東京銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

そこで北海道から東京進出を検討している企業にぜひおススメしたいレンタルオフィスが、中央区銀座にある「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は競争激しい銀座というエリアで営業し続けているレンタルオフィス業界のパイオニア。20年にわたる運営実績から安心して利用できるレンタルオフィスとして、中小企業や士業の方、個人事業主、大企業の社員まで幅広い層の方に利用されています。

 

最寄り駅である東京メトロ銀座駅B5番出口からは12分、JR有楽町駅からは約5分と利便性は抜群。近隣の銀座一丁目駅や新橋駅、東銀座駅も利用圏内のため都内への移動も非常にスムーズです。
羽田空港や新幹線の停車駅となる東京駅・品川駅からも好アクセスにて、全国を行き来するビジネスパーソンには非常に便利な環境です。

 

東京にあるレンタルオフィスの中で「銀座ビジネスセンター」をおススメする理由

東京に数あるレンタルオフィスの中でも特に「銀座ビジネスセンター」をおススメする理由には、以下のようなものがあります。

 

オフィス家具・備品の準備は不要!パソコンやスマートフォンさえあれば十分仕事ができる

「銀座ビジネスセンター」は、机や椅子などのオフィス家具やWi-Fi環境、プリンターやプロジェクター、ステーショナリーといった備品類を無料で使用することができます。企業側で備品を揃える必要は一切ありません。

パソコンやスマートフォンを持参するだけで仕事が行える環境が「銀座ビジネスセンター」には用意されています。

 

テレワークでも安心!機密性の高い密閉された完全個室が利用可能

レンタルオフィスの個室利用と言っても、室内の壁の上部分が開いているため隣の声が丸聞こえになってしまっているものや、簡易的な仕切りで分けられただけのプライバシー対策が全くされていないところも多く、特に個人情報や機密情報を扱っているような仕事をする方には、そのような環境で仕事をすることに不安がある方もいるのではないでしょうか。

 

しかし「銀座ビジネスセンター」は違います。22ある個室全てが天井まで密閉されたつくりとなっており、隣の部屋に声が漏れるといったことはありません。また部屋に施錠ができるため、第三者が入ってくるようなこともなく集中して過ごすことができます。各部屋には窓が付いており、閉塞感がない快適な環境の中で仕事を行うことが可能です。

 

銀座ビジネスセンターまでの交通手段

北海道から銀座ビジネスセンターへの移動には、新幹線、飛行機、船といった手段が考えられます。

ただし北海道は面積が大変広く、住んでいるエリアによって利用できる移動手段が異なるため、ここでは主要都市である「札幌市」と「函館市」からの交通手段を取り上げることとします。

 

札幌市の場合、近隣の千歳市にある千歳空港から飛行機を利用するのが最速です。新千歳空港から羽田空港までの飛行時間は、およそ1時間35分。そこから銀座までは、東京モノレールを利用した場合、浜松町駅で「JR山手線」に乗り換えて新橋駅まで約25分。新橋駅から「銀座ビジネスセンター」までは徒歩で移動可能です。また京急線の場合には、エアポート急行で東銀座駅まで約35分、そこから徒歩または「東京メトロ日比谷線」で銀座駅までは1駅で到着します。

 

函館市の場合は、飛行機と新幹線の両方が利用可能です。函館空港から羽田空港までは約1時間25分のフライト。そこから銀座までは先述の通りです。一方の新幹線の場合、新函館北斗駅から東京駅まで4時間10分~4時間半程度で到着します。東京駅から「銀座ビジネスセンター」まではタクシーを使っても1,000円以内で移動できます。

 

まとめ

北海道でレンタルオフィスを検討している方や、東京に拠点を作ることを検討している企業にとって、「銀座ビジネスセンター」は東京にオフィスを持てるチャンスを低リスクにて叶えてくれるレンタルオフィスです。

 

「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」を利用して東京への扉を開いてみませんか?

おすすめの記事