霞が関は公官庁やオフィスビルが集積するエリアであることから、オフィスワーカーの数が非常に多い街です。そんな霞が関を拠点としてワークスペースを手に入れようとしている方の中には、カフェのような気軽に立ち寄ってパソコンを利用できる場所を使う人も多いでしょう。

しかし「カフェに入っても空席がない」「コンセントのある席は確保しにくい」「Wi-Fiが不安定」といった悩みを抱えながら作業に勤しんでいる方もいるようです。中には機密性の高い仕事を手掛けていることから「オープンスペースではセキュリティ面が不安」「不特定多数の人に話している内容を聞かれたくない」と感じる場合も。

そんな時、機密性の高い個室利用ができる「レンタルオフィス」であれば、席の確保への不安やセキュリティ面を気にすることなく仕事に集中して臨むことができます。

また賃貸オフィスよりもリーズナブルな金額でオフィス環境を手に入れることができますし、事務代行・電話代行などのバックオフィス業務を低コストで受けられるなどメリットも豊富にあります。

今回は霞が関エリアでワークスペースを探している方を対象に、最適なレンタルオフィスの選び方とおすすめのレンタルオフィスについてご紹介していきます。

 

霞が関ってどんなエリア?

東京都千代田区に属する霞が関。北に皇居、南に虎ノ門エリア、東に日比谷、西に永田町と接するエリアであり、霞が関一丁目~三丁目まで公官庁やオフィスビルがひしめく地域となっています。江戸城本丸に近い立地もあり、江戸時代には大名屋敷が立ち並ぶエリアでしたが、明治期に入って福岡藩の屋敷跡に外務省が建てられたことがきっかけとなり徐々に中央官庁街としての様相を見せるようになりました。

今では国会議事堂のある永田町と肩を並べる政治・行政の中心地として、農林水産省・厚生労働省・検察庁といった省庁をはじめ国家公安委員会や裁判所など、日本の中枢機関が集まるエリアへと発展しています。

また国内を代表するオフィスビルだけでなくベトナム航空の日本支社、アジア開発銀行駐日代表事務所など海外の企業オフィスが多いのも特徴です。

 

霞が関のレンタルオフィス事情

そんな霞が関は、公官庁エリアという土地柄もありレンタルオフィスの数はそれほど多くありません。加えて個室の料金が非常に高額で、個人には手の出しにくい価格となっているほか、駅から比較的遠いオフィスがほとんどで交通利便性が高くないといったマイナス面が際立ちます。

そのため、より希望の条件にあったレンタルオフィスを選びたいなら、近接する永田町のほか、レンタルオフィスの件数が多い六本木、銀座といったエリアにまで範囲を広げて探すのがおススメです。

以下に霞が関エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などをまとめました。霞が関でレンタルオフィスを検討する際には参考にしてみてください。

 

霞が関エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

 

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 霞が関駅から徒歩3分 レンタルオフィス・コワーキングスペース 個室

月額209,000円~(税込)

ブース席

月額93,500円~(税込)

1名~ ラウンジ利用可能

ドロップインあり

法人プラン別料金

レンタルオフィスB 霞が関駅から徒歩6 レンタルオフィス・シェアオフィス 要問合せ 1名~ 全国100拠点

初期コスト不要

完全個室

レンタルオフィスC 霞が関駅から徒歩9 レンタルオフィス 3名部屋

月額462,000円(空室の値段)

1名~16 有人受付

不在時の電話対応

ドリンクサービスあり

 

個人のワークスペース利用にも最適な銀座のレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

霞が関のレンタルオフィスは数が少ないばかりか、高額な個室のレンタルオフィスが中心で、個人が気軽に利用できるワークスペースがほとんどありません。

しかし、スタートアップ企業や副業といった用途で個人利用するのであれば「なるべくリーズナブルな価格のレンタルオフィスを選びたい」「お手頃価格ではあるものの、サービスやセキュリティ対策が万全の施設にしたい」という人は多いのではないでしょうか。

そんな希望を叶えるレンタルオフィスとしておすすめなのが、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年に銀座で運営を開始した老舗のレンタルオフィス。アドレスは「東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F」と銀座でも超一等地にあり、最寄り駅の東京メトロ銀座駅からは徒歩2分の距離にある抜群のアクセスを誇るレンタルオフィスです。

霞が関の隣にある永田町や虎ノ門といったエリアにもレンタルオフィスは数多く存在していますが、あえて「銀座ビジネスセンター」をおすすめする理由について下記にまとめてみました。

 

機密性の高い情報も安心して扱える、セキュリティの高いレンタルオフィス

レンタルオフィスの中にはホームページ上に「個室」と表記があるものでも、密閉された空間でない施設や簡易的な仕切りで分けられただけのスペースも存在します。また個室であっても壁が薄く、隣室の声が丸聞こえとなっているケースも少なくありません。

そのため「せっかくレンタルオフィスを借りたのに、機密情報や個人情報を扱う電話やオンラインミーティングが出来ない」といったクレームが発生するケースもあるとのこと。せっかく契約したのにすぐに解約する羽目になっては元も子もありません。

しかし「銀座ビジネスセンター」は、全22の個室や会議室のすべてが完全密閉型のレンタルオフィス。天井までしっかりと密閉された空間に加えて防音対策も徹底されています。また入り口の扉は施錠可能、通路には防犯カメラやセキュリティシステムも導入されており、防犯対策もしっかりとされています。
さらにインターネット回線についても、Wi-Fiはもちろんのこと、有線LAN接続(VLAN)も可能なため、プログラマーや個人情報を取り扱う業務に携わる方も安心です。

 

銀座エリアにもかかわらずリーズナブルな料金体系のレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は、法人登記や銀行口座開設に必要となる銀座の住所が利用できる上、郵便物や宅配物の受取・転送対応サービスのついたレンタルオフィス。

個室利用は1時間1,760円~となっており、利用した分の料金だけがかかる時間貸しタイプのため、予算に応じてフレキシブルに利用が可能です。予約の際には電話やメール等で利用したい日時を伝えるだけでOK!用途に合わせて2名部屋から810人収容できる大部屋、セミナー時には16名までの収容が可能、大小さまざまな部屋が利用できます。

「銀座ビジネスセンター」では月額11,000円からの料金で個室利用が可能となっており、銀座エリアでありながら、お財布に優しい料金体系で不安なく利用できるため、資金繰りに不安がある企業やできるだけコストをかけずに利用したいという方には利用しやすいレンタルオフィスと言えるでしょう。

 

霞が関から銀座ビジネスセンターまでの交通アクセス

霞が関から「銀座ビジネスセンター」までは、電車またはタクシーでの移動となります。電車の場合は霞が関町駅から銀座駅まで東京メトロ日比谷線でわずか3分です。

またタクシーを利用する場合、霞が関駅から「銀座ビジネスセンター」までわずか1.km5分ほどの距離のため、料金も1,000円以内で済むようです。場合によっては徒歩や自転車でも移動可能です。

 

まとめ

霞が関エリアでレンタルオフィスを検討しているなら、気密性の高い完全個室が利用できる時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」がおススメです。

霞が関から電車でわずか3分の「レンタルオフィスの銀座ビジネスセンター」なら、移動時間も苦になりませんし利用料金もリーズナブル。霞が関エリアの高いレンタルオフィスを検討するのをやめて、「銀座ビジネスセンター」を見てみるのはいかがですか?

おすすめの記事