サテライトオフィスとは?

コロナ禍のような緊急事態や災害時において、企業の事業維持・リスク分散に有効な手段として期待されているサテライトオフィス。たとえばコロナ禍では、感染リスクを下げるために在宅勤務を推奨する企業が増えましたが、一方で「サテライトオフィス」を設置してオフィス機能の分散や従業員の感染防止対策を行っている企業もあります。
また最近ではリスク分散以外にも、地方企業が都内の拠点作りのために「サテライトオフィス」を構えるようなケースも増えてきています。

今回はサテライトオフィスの概要やサービス内容、契約時の注意点について詳しく解説するとともに、サテライトオフィスとしても利用できる都内のおすすめレンタルオフィスについて紹介していきます。

サテライトオフィスとは?

サテライトオフィスとは、企業の本社や組織の本部とは別の場所に設置された遠隔勤務用オフィスのこと。「別の場所」と聞くと、支店や営業所のことではないのか?と思う方もいらっしゃることでしょう。しかし支店や営業所とサテライトオフィスの考え方ではやや視点が異なります。

従来の支店や営業所は「物流拠点との連携」や「販促エリア」などを考慮したうえで設置されるケースが一般的でした。そのため従業員が単身赴任をしたり長距離通勤を余儀なくされたりと、デメリットを抱えるケースも多々あったようです。

しかしサテライトオフィスでは、「利便性」を考えたうえで設置されることがほとんどで、企業側だけでなく従業員にとっても多数のメリットが期待できます。サテライトオフィスを導入する具体的なメリットとして

  • 社員の住むエリアごとに設置することで、本社への通勤機会を減らせる
  • 本社の業務集中を避け、リスクの分散ができる
  • 通勤交通費の削減やオフィス費用の削減といった大幅なコストカットの実現が可能
  • 業務効率の向上が目指せる
  • 従業員のワークライフバランスの実現ができる
  • 自社ビルや賃貸オフィスを持たずとも、企業活動が行える

といったものがあります。

近年ではネット環境の発達により、パソコンやスマホさえあればどこからでも仕事ができる環境が整いつつあるため、企業のサテライトオフィスオフィス化は今後さらに加速すると見られています。

サテライトオフィスで受けられるサービス

ワークスペースの利用以外に、サテライトオフィスで受けられる主なサービス内容には以下の2点があります。

  • 秘書サービス(電話代行・郵便物受け取り、転送)
  • 共有スペースの利用

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

秘書サービス(電話代行・郵便物受け取り、転送)

サテライトオフィスでは、秘書やコンシェルジュによる電話代行サービス、郵便物の受取・転送などのサービスを享受することができます。こうしたサービスがオプションとなっているところもありますが、事務スタッフを雇う必要がなく人件費を削減できる点は魅力のひとつと言えるでしょう。

また、通常のオフィス設営では煩わしい電話契約や留守番電話の設定なども自ら行う必要がありますが、サテライトオフィスでは固定電話の番号利用も申し込みをするだけで簡単に利用できます。ネット回線もすでに開通しているため(フリーWi-Fiまたは有線)、オフィス立ち上げ後からすぐに電話もネットも利用できるのはとても便利です。

ただし郵便物や宅配便の転送手続きなどは、施設ごとに規定が細かく定められており、「〇通以上は有料」「簡易書留の受け取りは不可」などの条件がある場合もありますので、契約の際にはよく確認しておきましょう。

共有スペースの利用

一般的なサテライトオフィスでは、会議室や応接室、ラウンジといった共有スペースを利用することができます。10名前後の中人数規模のミーティングに対応している会議室や、エグゼクティブを迎えるのに相応しい高級ラウンジを備えるサテライトオフィスもあり、規模やニーズに合わせて適切なオフィスをセレクトできるのも特徴です。

利用料金は月額料金に含まれているタイプから、1時間〇〇円といったように都度精算されるタイプまでさまざまですが、自費で会議室やラウンジを整備・維持する費用を考慮すると、圧倒的に低コストでオフィス運営が実現できるでしょう。

サテライトオフィスとしても利用できるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

では、サテライトオフィスとして利用できるレンタルオフィスはどのようなところなのでしょうか?

まずは「気密性が高い」ということが挙げられます。企業の業務遂行を考えた時に、シェアオフィスのようなフリーアドレスタイプのオフィス形態ではセキュリティ面に大きな不安が残ります。また、コロナ感染症対策などを考えた時に不特定多数の人間が出入りするオフィスよりは、利用者が限定された場所の方が安全です。

さらに「オフィスとしてすぐに利用できる」こともあるでしょう。レンタルオフィスの良い面は、オフィス立ち上げがスピーディーに行えることです。契約面や備品の準備などの手間を極力省くことができれば利便性は高いと言えるでしょう。

そこで東京都内においておすすめしたいレンタルオフィスが、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年より銀座の地で運営スタート、銀座6丁目にある「銀座風月堂ビル」5階を拠点として、中小小規模事業者を中心に士業や個人事業主の方に、また大企業の短期プロジェクトや地方企業のサテライトオフィスなど、幅広く利用されています。月額利用料金は11,000円から、また個室利用料金は1時間1,760円となっており、明朗会計かつ銀座エリアにおいては比較的リーズナブルな価格でオフィスを持つことを可能にしてくれるレンタルオフィスなのです。

サテライトオフィスを検討している方に、レンタルオフィスである「銀座ビジネスセンター」をおすすめする理由としては、以下のようなものがあります。

オフィス備品がすでに完備!すぐにオフィスとして機能するレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」ではすべて自前で揃えれば高額費用となりかねないビジネスツールが基本無料で利用可能(一部有料のものもあります)なレンタルオフィス。パソコンやスマートフォンを持参しさえすればオフィスとしての機能は十分に果たせます。

「銀座ビジネスセンター」で利用可能なビジネスツール(一例)
無料備品
インターネット(有線LAN・無線Wi-Fi)、カラースキャナー、シュレッダ、ホワイトボード、コピーボード、PCプロジェクター、ディスプレイ、80インチスクリーン(プレゼン用)、ステーショナリー、OAタップ、携帯電話充電器等有料備品
FAX、カラーコピー、カラーレーザープリンター、鍵付きキャビネット、レンタルパソコン等

ネット環境に関しては電波が届きにくい施設もある中「銀座ビジネスセンター」ではWi-Fi用アンテナがフロアーの4角に設置されており、通信環境を安定させるために最大限の配慮がなされています。

気密性の高さは折り紙付き!完全個室でプライバシーが保たれるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」の個室は、すべて完全個室と呼ばれる天井まで密閉されたタイプのレンタルオフィスです。天上部分が開いた作りのレンタルオフィスやパーテーションで単に区切られただけのレンタルオフィスもある中、「銀座ビジネスセンター」では気密性の高い個室スペースで業務に臨むことができます。

オンラインミーティングなどをする場合にも、他の部屋に会話内容が漏れることもありませんし、なにより周りの目を気にせず会話が出来るのが完全個室最大のメリットです。また、出入口は施錠タイプの扉になっているので、食事などちょっとした外出時も安心です。

まとめ

レンタルオフィス・銀座ビジネスセンター」は東京都内にサテライトオフィスを持ちたい方にも安心して利用できるレンタルオフィス。リスク分散を考えたオフィスの在り方が求められる現在、銀座という交通の便もよく都内有数の一等地にあるにもかかわらずリーズナブルな料金で利用可能な「銀座ビジネスセンター」はまさにサテライトオフィスを探している方にはうってつけの施設といえるでしょう。

ぜひこの機会に「銀座ビジネスセンター」を検討してみてはいかがですか?

おすすめの記事