福井県内でレンタルオフィスを探している起業準備中の方、販路拡大のために東京進出を目指す福井県内の企業に向けて、東京のレンタルオフィス契約をするメリットについてまとめてみました。

 

福井県とはどんなところ?

福井県は中部地方に位置する県の1つです。区分によっては北陸地方、近畿地方に属する場合もあります。

越山若水という言葉に代表されるように緑豊かな山々と清らな水が流れる自然豊かな地域であり、山中峠などを通る稜線を境に、県内は嶺北エリア(越前)と嶺南エリア(若狭および敦賀)に大別されています。

また工業が盛んな地域であり、楽器、繊維、眼鏡、漆器など多くの主要産業を持つことでも有名です。

 

福井県の観光名所としては、恐竜をテーマとした人気博物館「福井県立恐竜博物館」、国の遺跡に指定されている「金ケ崎城」や「丸岡城」、国の天然記念物である「東尋坊」などがあります。

 

2020年9月現在、福井県には4,190.52㎢の面積に7,663,487(43/47都道府県)が居住しています。

 

そんな福井県の県庁所在地であり最大の都市は「福井市」。繊維工業や化学工業が盛んな工業の街であり、県の行政・経済・文化の中心地です。同市の玄関口は「福井駅」であり、JR・えちぜん鉄道・福井鉄道の3路線が乗り入れています。優等列車を含めたすべての定期旅客列車のほか、当駅を発着とする普通列車も多く設定されている県内を代表する駅となっています。駅周辺は県最大の繁華街であり、再開発が進むエリアです。西側は公共機関や商業施設、東側はオフィスが集積し、多くの人で賑わいをみせています。

 

福井市以外の主要エリアには、東尋坊や丸岡城などの観光地を有する「坂井市」、三方を山で囲まれた内陸都市「越前市」、日本海側の交通の要衝として知られる「敦賀市」などがあります。

 

福井県にあるレンタルオフィス事情

福井県のレンタルオフィスやバーチャルオフィスのほとんどは福井市に集中しており、いずれも個室利用や法人登記が可能で、最寄り駅から徒歩圏内またはインターチェンジのそばに立地しています。しかし個室は数が少ないうえに人気が高く、空いていないことも多いです。

また福井市以外のエリアでは坂井市にインキュベーション施設があるのみで、ほぼ皆無と言っていいでしょう。

 

福井県内でなく東京のレンタルオフィスを使うという選択肢

福井県内で起業を考えている方、販路拡大に向けて東京進出を予定している福井県内にある企業が、東京のレンタルオフィス利用を検討する場合には、次のケースが想定されます。

 

起業予定でレンタルオフィスを探している人の場合

IT関連や士業、コンサルタントなどで、パソコンなどのネット環境さえ整えばどこでも仕事ができる形態の場合、東京でレンタルオフィスを借りてビジネスを行うことは、人脈形成やビジネス拡大の上で大いに役立ちます。また、自宅で法人登録するのに抵抗がある起業家にとっても、レンタルオフィスは有益な選択肢となるでしょう。

福井県内のレンタルオフィスやバーチャルオフィスは数が限られていますので、法人登記するならビジネス上断然メリットのある東京でレンタルオフィスを借りるのがおススメです。

 

福井県内では有名な企業が東京進出のためにレンタルオフィスを利用する場合

福井県内ではすでに名の知れた有名企業が、東京のレンタルオフィスを利用して東京の拠点を作るケースもあります。東京のレンタルオフィスを東京支店と位置づけ、営業やマーケティング、販売拠点とすることで東京での事業展開をスムーズに進めることが出来ます。東京オフィスがあれば、東京にスタッフを置くことができ、地方から高い交通費をかけてわざわざ営業活動をやりに来る必要もありません。

 

福井県内にある優良企業が東京のレンタルオフィスを活用するメリット

福井県内ではそこそこの知名度や実績があり、さらなる販路拡大のため東京進出にチャレンジしたいと考えている企業もあることでしょう。そのような企業が東京のレンタルオフィスを利用するメリットに以下のようなものがあります

 

地方とは比較にならないほどの巨大マーケットでビジネスができる

福井県の人口76万人に対し、東京の人口はおよそ1,400万人。その差は約18倍にも上り、ビジネスの新たな拠点とするには非常に魅力的な規模を有しています。ライバル企業も多いものの、この市場で勝ち抜くことができれば全国展開も視野に入れることができ、更なる企業発展を見込むことができます。

 

オフィス備品調達は不要、低コストで東京オフィスが持てる

福井県内から東京進出することが出来ればビジネスチャンスが産まれやすくなるでしょう。

いざ賃貸オフィス契約をした場合、初期投資だけで数百万~数千万規模になる場合もあります。それ以外にも月額の固定費として数十万がでていくことはざらです。そのようなコスト的問題から東京進出に二の足を踏む企業も少なくありません。

しかしレンタルオフィスであれば、賃貸オフィス契約よりも低コストで東京のオフィスが持つことが可能となります。万が一事業に失敗して撤退することになった場合でも、撤退コストは微々たるもので済みますので安心してビジネスをスタートできます。

 

地方企業の東京進出のスタートは、レンタルオフィスを拠点としてスモールスタートを切る形がおススメです。

 

東京銀座で20年に渡って運営を続けるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

福井県から東京進出を考える企業にぜひおススメしたいのが、東京都中央区銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年から運営スタートしたレンタルオフィス。今年で20年を迎えたレンタルオフィス業界のパイオニアであり、常に業界をリードしてきました。アドレスはみゆき通りと並木通りが交差する銀座6丁目の「銀座風月堂ビル」の5階。ビジネスとして利用するには抜群の立地にあります。

最寄りの東京メトロ銀座駅B5番出口からは徒歩12分、JR有楽町駅からも徒歩5分圏内にあり、クライアントを招く際にも不便さを感じさせることはありません。

 

東京にあるレンタルオフィスの中でも「銀座ビジネスセンター」をおススメする理由

東京都内に数多くのレンタルオフィスがある中で「銀座ビジネスセンター」をおススメするには以下のような理由があります。

 

機密性が高く情報漏洩の心配がない完全個室で仕事ができる

「銀座ビジネスセンター」は全部で22ある個室スペースや会議室で構成されたレンタルオフィス。各個室は完全密室で隣の部屋とは天井まで密閉された空間で仕切られています。そのため、電話や打ち合わせをしても声が漏れるということがありません。逆に隣の部屋の声が聞こえてくる心配もありません。

完全密室というものの各部屋には窓が付いており圧迫感はなく、自然光による明るさが保たれています。銀座の街並みを見下ろすこともでき、快適な環境で仕事をすることができます。

 

完全個室のレンタルオフィス利用は、東京都内だと月額10万前後かかってしまうのが一般的です。その点、銀座ビジネスセンターは時間貸しのレンタルオフィスなので、会員になると1時間1,600(16名部屋)で完全個室の部屋を利用することができるのです。

 

常駐秘書がホスピタリティの高いサービス

「銀座ビジネスセンター」は、月曜から土曜の9時~2045分の間、約10名の秘書が常駐して利用者のサポートを行っています。その丁寧かつ正確な仕事ぶりは、常におもてなしの心を持って対応してくれることから、利用している方々からは高い評価を受けています。電話応対や郵便物の受取・転送、来客対応といったものから、各部屋の清掃業務、事務代行(別途費用がかかります)など、様々な業務において会員が心地よく利用できように配慮してくれるのが特徴です。

 

銀座ビジネスセンターまでの交通手段

福井県内から「銀座ビジネスセンター」への交通手段に関しては、東京へ直行で行けるルートが無く、隣県へ出て飛行機または新幹線での移動となります。

 

飛行機を利用する場合、石川県の小松空港まで行き、そこから羽田空港までは約1時間10分のフライトとなります。

羽田空港から銀座までは、東京モノレールを利用して浜松町駅で「JR山手線」に乗り換えて新橋駅まで約25分。新橋駅から「銀座ビジネスセンター」までは徒歩圏内です。また京急線を利用する場合、エアポート急行で東銀座駅まで行き(35)、そこから徒歩または「東京メトロ日比谷線」で銀座駅まで1駅で行くことができます。

 

新幹線の場合には、滋賀県の米原駅を利用すると東京駅まで東海道・山陽新幹線で約2時間15分です。

東京駅から「銀座ビジネスセンター」まではタクシーを使うとおよそワンメーターで移動できます。

 

まとめ

福井県内でレンタルオフィスを検討している人や東京での販路拡大を狙う企業にとって、「銀座ビジネスセンター」は地方企業でも安心してビジネスが始められる環境が整ったレンタルオフィスです。

 

東京進出を本気で目指すなら「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」を利用してスタートして見るのはいかがですか?

おすすめの記事