レンタルオフィス長崎市

長崎市内ですでに事業展開している企業の方や、新たに会社立ち上げを考えている方の中には「地方を拠点にしているよりも東京を中心としたエリアの方が儲かるのではないか?」そんな考えを持っている方もいることでしょう。東京エリアであれば地方とは比べ物にならないほどの顧客獲得が期待できますし、顧客単価も高いので、事業を楽に展開できる可能性が高いのが現実。そんなこともあって、簡単に東京に拠点を作ることが出来ないと思っていませんか?

しかし「レンタルオフィス」を利用すれば、東京の拠点も楽に構築可能。レンタルオフィスであれば、初期投資を少なくオフィスを持つこともできます。オフィスツール類もほとんど無料で利用できるレンタルオフィスも多いので、準備するものはほとんどありません。

また、オフィスを持つにあたっては、人をどうするか?の問題もありますが、レンタルオフィスの中にはバーチャルオフィスとしての機能を持つところもあり、人がいなくても電話や郵送物を転送してくれるため、無理に人を置く必要もありません。

今回は東京都内に拠点づくりを考えている長崎市内の既存企業や個人事業主の方に向けて、長崎市内のレンタルオフィス事情と、都内にあるおすすめのレンタルオフィスについて解説していきます。

長崎市とはどんなところ?

長崎市は長崎県の中部に位置する市であり、長崎県の県庁所在地および中核市です。
江戸時代の鎖国体制時に、国内唯一の幕府公認「国際貿易港・出島」が置かれ、オランダや中国を相手とした貿易が盛んに行われた場所として知られる同市は、今もなお至る所で異国情緒を感じることができます。特に観光名所である大浦天主堂や浦上天主堂、グラバー園は、当時の面影を今に伝える重要な文化財であり、毎年日本内外から多くの観光客が訪れるスポットとして有名です。

そんな長崎市には、2021年11月現在、406,757人が居住。県内最大の都市として、企業のオフィスビルや教育機関、商業施設などが軒を連ねるほか、市内中心部には江戸時代から続く歓楽街も現存しています。また近年では「水辺の森公園」や「長崎港ターミナル」といったベイエリアの再整備や、行政施設移転の土地開発なども進められており、街のさらなる活性化が期待されています。

長崎市内のレンタルオフィス事情

長崎市のレンタルオフィスやバーチャルオフィスはかなり数が少なく、「JR・長崎駅」や「市電・五島町駅」などの周辺にわずかに存在するのみ。いずれも最寄り駅から徒歩10分圏内と交通アクセス抜群でありながら、月額10,000円~20,000円といったリーズナブルな料金でワークスペースを利用することができます。

しかし一部のレンタルオフィスでは、金額が要問合せとなっていたり、ミーティングスペースが有料となっていたりする場合もあり、月額のトータル料金がいくらかかるのか、という点については事前にしっかり確認しなければなりません。

参考までに、長崎市内にあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などを下記に記載しましたので、気になる方はチェックしてみてください。

長崎市内にあるレンタルオフィス料金イメージ

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 長崎駅から徒歩2 コワーキングスペース、バーチャルオフィス コワーキング月額会員10,000 1名~ ドロップイン可能

ミーティングルーム有料

オフィス備品完備

レンタルオフィスB 長崎駅から徒歩8分 コワーキングスペース 1か月利用

10,000円

1名~ ドロップイン可能

月曜・日曜定休

貸し切りは要予約

レンタルオフィスC 五島町駅から徒歩2 レンタルオフィス、シェアオフィス、コワーキングスペース、バーチャルオフィス 要問合せ 1名~50名以上 オフィス家具完備

短期利用OK

有人受付

レンタルオフィスD

 

出島駅から徒歩2 コワーキングスペース パーソナルマンスリープラン

月額22,000

1名~30 ミーティングスペース完備

イベント利用OK

ドロップイン可能

バーチャルオフィス機能付きで利便性の高いレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

いざ東京に拠点を構えたい、といっても特につてがなければ一から自分で探さなければなりません。どんなポイントを重視してレンタルオフィスを探すと失敗しないのか?それは価格もさることながら「エリア」が一番です。特に地方企業の場合、東京にオフィスを持つならどこでもいい、と言うことになりがちですが、当然ながら東京にもビジネスに向いたエリアとそうでないエリアが存在します。できることなら知名度が高い、ビジネスしやすいエリアが良いに決まっています。

そこでおすすめしたいのが、東京でも知名度抜群!オフィスがたくさん連なる中央区の銀座に位置する「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は、現在に至るまで20年以上にわたり銀座で運営を続けるレンタルオフィス業界の先駆者。銀座6丁目の「銀座風月堂ビル」5階にある450㎡のスペースに、全22の個室・会議室を持ち、使いたい時に使いたいだけ利用できる時間貸しレンタルオフィスを展開しています。主な利用者は中小企業をはじめ、士業、カウンセラーやコンサルタントといった個人事業主、大企業の短期プロジェクト利用、地方企業のサテライトオフィスなど、さまざまです。

そんな「銀座ビジネスセンター」をおすすめする理由について、以下にまとめてみました。

ビジネススピードを加速度的に早めてくれる銀座ロケーションのレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」のアドレスは「東京都中央区銀座6-6-1」。このエリアは並木通りとみゆき通りの交差する、目抜き通りから少々内側に入った閑静なエリア。大人の雰囲気が漂う銀座の中でもさらに優雅な街並みを誇ります。

そんな場所にある「銀座ビジネスセンター」ですが、通常銀座にオフィスを借りようと思ったら数百万、数千万単位の費用が掛かることでしょう。しかし「銀座ビジネスセンター」なら月額利用料金は11,000円~、個室利用は1,760円~と非常にリーズナブルな価格にて利用でき、この地で法人登記を行えば銀座アドレスを自身の名刺やホームページに記載することができます。また、オフィス家具や備品については、基本無料で利用可能(一部有料のものあり)、準備に手間がかからないので、オフィス立ち上げをスピーディに行えます。

ホスピタリティが魅力の秘書がお手伝いしてくれるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は10名程の常駐秘書が、会員の方へのビジネスサポートを行ってくれます。

コストを削減する目的で無人にするレンタルオフィスもある中、「銀座ビジネスセンター」はコストをリーズナブルに抑えながらも、サービスクオリティは下げず、会員の方々に快適に利用いただけるよう、質の高いおもてなしを提供してくれます。アルバイトや派遣社員ではなく、正社員の秘書だからこそ、しっかりと教育・研修を受けたうえで、マニュアル通りの接客ではなく、自身で考えて動くことができる点は特筆すべきところです。

まとめ

東京への拠点を検討したい長崎市内の既存企業や個人事業主の方、東京へ進出するなら知名度も利便性も高い、銀座のレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」を利用するのはいかがですか?

レンタルオフィス銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」は、月額11,000円~の料金で銀座アドレスを利用できるレンタルオフィス。バーチャルオフィスとしても利用できるので、地方にいながら東京の拠点を作ることが容易に行えます。まずはテストマーケティング的に利用してみるのも良いですし、継続的に利用し続けるのにも負担が少なく効果的です。

地方企業が東京に拠点を作るなら「銀座ビジネスセンター」でまずはスタートしてみるのはおすすめですよ!

おすすめの記事