リモートワークの普及につれて、コワーキングスペースといったワーキングスペースを耳にする機会が増えてきたように感じます。これから東京都内でコワーキングスペース利用を検討している方の中には「どのようなコワーキングスペースがベストなのだろうか?」「内見時にチェックしておくべきポイントについて知りたい」と思っている方もいることでしょう。

ここでは、東京都内でコワーキングスペース利用を検討している方に、コワーキングスペース利用のメリット・デメリットや、レンタルオフィスやシェアオフィスとの違いについてお伝えしていきます。

コワーキングスペースとは?

コワーキングスペースとは、専用の個室スペースが用意されたタイプではなく、オープンな場が提供されるワーキングスペースを指します。一般的にはフリーアドレスの席が用意され、利用者が空いている席で自由に作業するスタイルです。最近はコワーキングスペースの中にも個室が用意されているところも出てきており、シェアオフィスと言えなくもない施設もあります。これらの違いに明確な定義はないため、運営会社によって名義上区分されているというのが現状のようです。

コワーキングスペース利用のメリット

コワーキングスペースを利用する場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?

法人登記が行えるコワーキングスペースならビジネス拠点として活用できる

コワーキングスペースの中には法人登記可能なところもあります。個人事業主やスタートアップ企業、自宅で作業する1人会社の方など、クライアントを招いて仕事がしたい方は、コワーキングスペースを使ってビジネス拠点をしっかり確保できますが、その場合も、賃貸オフィスを契約するよりはるかに安い料金でオフィスが持てるため(1万円~5万円程度)、スモールビジネス従事者や資金が潤沢でない企業であっても、安心して利用できる料金設定が魅力です。

オフィス設備が充実している

コワーキングスペースは、その名のとおりワーキングスペースであるため、仕事をする場所として最適な環境が提供されています。例えば、オフィス家具やオフィス備品の提供(備品類の有償か無償かは運営会社によります)、インターネット環境の整備、会議室の提供、仕事がしやすい空間設計やレイアウト、ビジネスをサポートするスタッフなどさまざまなサービスにより、利用者は快適に作業できるものです。

他の利用者とのコミュニケーションのチャンスも

コワーキングスペースは、オープンスペースが基本のため、他の利用者と交流を持つ機会を得られる可能性があります。ビジネスパートナーや新規顧客との出会いもコワーキングスペースで生まれるかもしれません。

コワーキングスペース利用のデメリット

一方で、コワーキングスペースの利用には以下のデメリットも存在します。

セキュリティ面での不安

オープンスペースで作業することが基本のコワーキングスペースでは、セキュリティ面に配慮する必要があります。パソコン作業中に背後からのぞき見されたり、ちょっと席を外した隙にデータや情報を盗まれたりする危険性もあります。また、オンラインミーティングの際は、なにげない会話から機密情報が漏洩することもあります。カフェやファミレス同様、オープンな場では重要事項を安易に口にしないよう心掛けましょう。

混み具合によっては利用に制限がかかることも

コワーキングスペースを利用する方々は、常に一定の人数ではありません。場合によっては席が空いておらず、すぐに利用できないこともあります。特に現在のようなコロナ禍では、ソーシャルディスタンスが取られるため、席数が大幅に減っているところもあります。この点については、専用個室が利用できるレンタルオフィスや一部のシェアオフィスとは異なるものだと言えるでしょう。

東京都内でコワーキングスペースを探す際の注意点

コワーキングスペースの利用を検討する場合は、まず利便性の高さをチェックしておきましょう。東京都内であれば交通手段は問題なく、多くの主要駅周辺にはコワーキングスペースをはじめ、レンタルオフィスやシェアオフィスも多数存在します。自宅から近く、通いやすい場所にあるコワーキングスペースを中心に検討することで、利用の実現性が高まります。

しかしながら、ここで1つ注意すべき点があります。もし「クライアントを招いて定期的に打ち合わせをしたい」「法人登記に向けてビジネスメリットの高いエリアで検討したい」という場合、自宅から多少遠くてもよりビジネス街に近いエリアで検討すべきです。東京都内であれば、新宿・渋谷・六本木・銀座といったエリアであれば、企業もたくさんあるためビジネスには快適ですが、都内のなかでも住宅街を連想させるエリアのコワーキングスペースを選んでしまった場合は、クライアントを招きづらいうえ、「自宅でビジネスをやってそうで取引先としては少々不安だ」といったイメージを持たれる可能性もあります。

セキュリティを重視するならコワーキングスペースよりも気密性の高いレンタルオフィスを

コワーキングスペースは、1人でも気軽に作業できるワーキングスペースが手に入る点で非常に便利ではありますが、前述のようにセキュリティ面に不安があるため、事業上機密情報を取り扱う場合は「できれば個室利用ができて安全な環境で仕事をしたい」と思う方もいることでしょう。

その場合、シェアオフィスよりも専用個室が利用できるレンタルオフィスがおすすめ。なかでも、東京都内においてレンタルオフィスを利用するなら、時間貸しタイプのレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」はコスト面、サービス面、ブランド面からしても非常にベストなレンタルオフィスといえるかもしれません。

「銀座ビジネスセンター」は、銀座で20年以上にわたり運営し続けている老舗のレンタルオフィス。銀座6丁目というハイブランドの街に佇む銀座風月堂ビルの5階に拠点を置き、中小規模事業者をはじめ、士業、個人事業主を中心としたスモールビジネス従事者の多くの方々に利用されているレンタルオフィスとなっています。都内におけるアクセスも抜群で、最寄り駅となる東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からは徒歩5分、東京メトロ有楽町線の銀座一丁目駅や、日比谷線の東銀座駅、都営浅草線・JR線・ゆりかもめが乗り入れる新橋駅などからも徒歩移動できる距離にあるため、都内近郊からでも利用しやすい環境にあります。

月額利用料金は11,000円からで、銀座エリアでは比較的リーズナブルな料金設定。個室利用は別途となるものの、1時間1,760円からの時間貸しスタイルであるため、自分で利用回数を調整できる点は大きなポイントです。天井まで密閉された完全個室は防音対策もしっかり施されているため、オンラインミーティングや対面ミーティング、電話する際にも声が漏れることはありません。

またオフィス備品類は基本無料で利用可能なため、パソコンやスマートフォンを持参するだけですぐに仕事ができます。さらに、常時10名いる受付秘書が利用者をさまざまな面からサポート。来客時対応や郵便物対応、電話・FAX対応(上位プランの場合)、清掃対応などをしてくれるため、集中して仕事に専念できます。

東京都内で機密性の高い完全密閉型の個室で静かに仕事がしたい!という方には、コワーキングスペースよりレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」をおすすめします。

おすすめの記事