現在働いている職場が日比谷にあり、企業のプロジェクト利用の際に使えるレンタルオフィスを探している方、あるいは副業をするための仕事場を確保したい方、日比谷を中心としたエリアには多くのレンタルオフィスやシェアオフィスが存在していますが、選定の際には自身の利用目的に沿ったレンタルオフィスやシェアオフィスを選ばないと、後々後悔することになるってお気づきですか?

 

ここでは、日比谷エリアに数多く存在するレンタルオフィス、シェアオフィスから希望の条件に合った最適なオフィスを見つける方法についてご紹介していきます。

 

プロジェクト利用とレンタルオフィス、シェアオフィスとの相性

日比谷周辺は丸ノ内や大手町といった日本を代表するオフィス街が近いこともあって、保険会社やIT関連のサービス業などの上場企業がいくつか進出しています。

 

上場企業のような大企業になると、日々様々なプロジェクトが立ち上がります。期限が定められた新プロジェクトチームが発足する際に社内でワークスペースや個室が用意できない場合には、近くにあるレンタルオフィスといったスペースを借りることもあります。社内にある会議室や共有スペースの利用であればコストがかからずに済みますが、社内スペースに限りがある状態では常時利用が難しく、レンタルオフィス利用の方が効率がよい、と判断されることもあるようです。

 

レンタルオフィスやシェアオフィスが好まれる理由として、机や椅子などのオフィス家具、ホワイトボードやプロジェクターといったオフィス備品類があらかじめ用意されていることなどがあります。

 

また、プロジェクトの期間や規模によって利用する部屋の大きさなどによって金額は異なりますが、比較的リーズナブルな値段で利用できることも人気の要因となっています。

 

静かな環境で副業する場合にも活用されるレンタルオフィス、シェアオフィス

最近は本業の他にEコマースやホームページ制作、ライティングなど、パソコンを使って作業ができる副業をする人も増えてきました。

 

副業を行う場所としては自宅やカフェ・ファミレスというのが定番ですが、自宅で仕事をする場合には様々な誘惑や家族の存在が気になるといった問題がありますし、カフェで仕事する場合には、まず席の確保にはじまりWi-Fi環境や電源の確保などが必要となります。また、せっかく席に着くことが出来ても隣席の話声が気になって集中できないこともあったりと、ビジネスを行う環境として必ずしも最適とはいえません。

 

そこで副業をする方にもレンタルオフィスやシェアオフィスは人気となっています。本業の仕事終わりのわずかな時間に集中して仕事をするのに最適だったり、カフェのように席が取れなかったり待たされたりするような心配がなく、ワークスペースを確保できるのが魅力となっています。

 

そんなレンタルオフィスやシェアオフィスですが、日比谷エリアにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

日比谷エリアのレンタルオフィス、シェアオフィス事情

日比谷は、外資系ホテルや政府機関、大手企業のオフィスが集積する行政やビジネスの中心エリアです。

 

近隣には皇居や日比谷公園などがあり、街全体は落ち着いた雰囲気が漂います。日比谷エリアの中心駅である日比谷駅には東京メトロ日比谷線と千代田線が通り、霞が関や恵比寿、六本木にもアクセスしやすい環境が整っているためビジネス環境としては抜群です。

 

そんな日比谷は、日本最大級のショッピング・ビジネス街である東京の一等地である銀座からも徒歩圏内であることから、レンタルオフィスの賃料に関しては月額10万円~といった具合に比較的高めの設定がなされているのが特徴であること、また日比谷に限定するとレンタルオフィスの数が非常に限られてしまい、いざ利用したいと思った時に空きがないといったケースも想定されます。

 

日比谷エリアにあるレンタルオフィスやシェアオフィスを下記にまとめましたので、レンタルオフィスを検討する場合の参考にしてみてください。

 

日比谷エリアレンタルオフィス料金のイメージ

 

エリア 形態 料金 面積 人数 その他
レンタルオフィスA 日比谷

(新橋駅日比谷出口)

レンタルオフィス・バーチャルオフィス・コワーキングスペース バーチャルオフィス月額9,000円~

コワーキングスペース月額25,000円~

レンタルオフィス月額100,000円~

12㎡~ 1名~ レンタルオフィスは1ヶ月から利用可能

会議室利用は契約なしで1回から利用可能

レンタルオフィスB 日比谷駅 レンタルオフィス・会議室付きレンタルオフィス・コワーキングスペース 利用料金は非公開

(要問合せ)

不明 1名~ 最新設備とモダン家具の完備

テンポラリーオフィス(1日利用等)としての利用が可能

 

時間貸しで無駄のないレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

日比谷エリアのレンタルオフィスやシェアオフィスは、外資系レンタルオフィスが進出していることもあって、オフィス環境としては最上級クラスですが、月額のレンタル料金は比較的高額となっています。

 

企業のプロジェクトの場合にはあまり問題にならないかもしれませんが、それでも高額な月額使用料を払い続けることは企業として大きな負担となってしまうため、なるべく固定費を安く済ませたいというのが本音ではないかと思います。また副業利用の場合においても、金額的に手を出しにくいエリアと言えます。

 

そのようなことから、できれば多少場所を移動しても比較的リーズナブルであったり、すぐにでも利用できるレンタルオフィスやシェアオフィスが好まれるのではないでしょうか?

 

そこで日比谷エリア周辺でレンタルオフィスやシェアオフィスを探している方にぜひおススメしたいのが、日比谷からもほど近い、銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年から銀座で創業開始した業界の先駆者たるレンタルオフィスです。法人登記も可能なことからステータスを求める様々な企業や士業の方、個人事業主などに利用され続けています。

 

「銀座ビジネスセンター」のアドレスは、銀座の中でも一等地にある銀座6丁目「銀座風月堂」の5階にあります。最寄り駅は東京メトロ銀座駅またはJR有楽町駅ですが、その他銀座一丁目や東銀座、新橋なども徒歩圏内にて利用可能です。

 

またそのロケーションの良さから、都内全般への移動はもちろんのこと、羽田空港や東海道新幹線の停車駅でもある東京駅や品川駅からは30分圏内と、国内外への出張が多い企業の方にも利用しやすいのが特徴の一つとなっています。

 

では「銀座ビジネスセンター」がなぜおすすめなのか、以下にその理由をまとめてみました。

 

オフィス用品や備品の準備は不要!すぐにでもビジネスがスタートできる

「銀座ビジネスセンター」は、全部で22ある個室スペースや会議室といった必要となる部屋を必要な時に必要な時間だけ借りることができる時間貸しのレンタルオフィス。契約締結後、会員となった段階からいつでも個室利用が可能となります。利用人数やプランによって契約形態は異なりますが、基本的には個室利用時に備え付けられているビジネスツールが無料で利用できます(ただしコピー機や電話等の実費分は別途となります)

 

無料利用可能なツール
インターネット(有線・Wi-Fi)、カラー・モノクロスキャナ、シュレッダー、ホワイトボード、コピーボード、PCプロジェクター、PCディスプレイ、80インチスクリーン、電源タップ、文房具など

※電話(外線着信・内線は無料、通話料金は実費)、FAX(送信時)、カラーコピー、レーザープリンター、鍵付きキャビネット、専用電話番号通知と言ったものに関しては有料となります。

 

他人の声が気にならない、オンラインミーティング時に気を使わない快適なオフィス環境

一般的なレンタルオフィスの多くは、隣との壁の上部分が空いている状態のものや、簡易的パーテーションでただ区切られただけのものもあり、業務内容によっては情報漏洩などにつながる懸念材料を持ちながら利用し続けなければならないこともあります。

 

上記のような環境の場合に特に困るのが電話やオンラインミーティングの場合。自分の電話だけでなく隣の人の話し声も気になりますし、オンラインミーティングのようなパソコンの前で行うものであれば、場所を移動することもできず迷惑をかけてしまったりクレームにつながったりする場合も想定されます。

 

その点「銀座ビジネスセンター」は壁がしっかりと天井まで密閉されたつくりとなっており、隣の声が聞こえてくるようなこともありませんし、反対に自分の話し声が漏れるようなこともありません。

 

また扉は施錠ができるタイプのため、トイレ利用などでちょっと席を外す場合にも情報漏洩などの心配がなく安心です。

 

まとめ

日比谷エリアにおける企業のプロジェクト利用の場合や副業用のワークスペースに、いつでもすぐに利用できるレンタルオフィスを検討しているなら「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」は大変オススメなレンタルオフィス。

 

日比谷から歩いて数分の場所にありながら、月額1万円~のリーズナブルな価格帯で予約すればいつでも利用可能となる時間貸しのレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」で、ビジネスの芽を開花させてみませんか?

おすすめの記事