将来の起業に向けて青森県内にレンタルオフィスを探している方や、東京進出を目指している青森県内の企業に向けて、東京のレンタルオフィス契約をするメリットについてまとめてみました。

 

青森県とはどんなところ?

青森県は東北地方に属し、本州の最北端に位置する県です。秋田県にまたがる世界遺産「白神山地」をはじめ、十和田湖や八甲田山、岩木山など多くの自然環境が残り、その豊かな自然を利用して農産物の栽培や漁業が盛んな地域として知られています。西側の津軽地方と東側の南部地方に大別され、それぞれ異なる歴史・文化・気候などを有しています。

 

青森県の観光名所には、十和田八万平国立公園の中にある「奥入瀬渓流」や縄文時代の集落跡「三内丸山遺跡」、国の史跡である「弘前城」などがあります。また、国の重要無形民俗文化財に指定されている「ねぶた」は、毎年祭りの時期になると県内外から多くの観光客で賑わいます。

 

2020年9月現在、青森県には9,645.64㎢の面積1,232,064人(31/47都道府県)が居住しています。

 

青森県の県庁所在地で最大の都市は「青森市」。江戸時代より本州と北海道を結ぶ交通と物流の要衝として発展した北東北の交通・行政・経済・文化の中心地です。

そんな青森市の陸の玄関口となるのが新青森駅。東北新幹線・北海道新幹線・在来線の3路線が乗り入れています。市の繁華街にある青森駅までは、新青森駅から普通列車で1駅。青森駅前はレストランやデパート、アーケード街が広がり、市の商業と経済の中心エリアとなっています。

その他の主要エリアには、津軽地方の中心都市である弘前市、城下町としても知られる八戸市などがあります。

 

青森県にあるレンタルオフィス事情

青森県のレンタルオフィスやバーチャルオフィスは青森市と八戸市周辺にわずかに存在しています。それ以外のエリアで見つけるのは極めて困難と言って良いでしょう。両市にあるほとんどのレンタルオフィスでは法人登記と個室レンタルが可能ですが中には個室を完備していない施設もあります。

また、利用料金が明示されていない施設(問い合わせ時に見積開示)や、駅から徒歩で15分以上かかるレンタルオフィスが多いのが特徴で、利便性はそれほど高くありません。

 

青森県内でなく東京のレンタルオフィスを使うという選択肢

青森県内で起業を考えている方や、東京進出や全国展開を目指している青森県内にある企業が、東京でのレンタルオフィスを検討する場合には次のケースが予想されます。

 

起業準備中の方のケース

近年のIT起業ブームに乗って、システム開発やアプリ開発といったPCさえあれば場所を選ばないタイプの仕事で起業を試みる人が増えています。そんな中で、青森県内ではなく東京にレンタルオフィスを構えることによって様々なメリットを享受できるケースがあります。

 

たとえば、東京のレンタルオフィスを活用して法人登記や口座開設を行うことでステータスが得られますし、東京での人脈形成などに効果を発揮します。ネットによって離れた地域の人とも交流できるとはいえ、やはりリアルのコミュニケーションに勝るものはありませんので、ビジネスの拡大には東京の拠点は欠かせないものと言えるでしょう。
また生活圏は青森に残しつつ、月に数度東京へ出張して打ち合わせをするといった自由な働き方も、バーチャルオフィス機能のあるレンタルオフィスであれば、郵送物の転送などもあるため十分可能です。

 

青森県内で実績がある企業が東京進出を目指すケース

もう一つには、青森県内ですでに知名度を上げている企業が、全国を視野に東京進出を図るにあたってまずはレンタルオフィスを利用してみるといったケースです。

レンタルオフィスであれば、低コスト・低リスクで東京にビジネス拠点を持つことができます。実際にレンタルオフィスを活用し、すでに東京進出に成功している地方企業も数多く存在しますので、賃貸オフィス契約しかイメージがなかったという方に、レンタルオフィスによる拠点つくりはぜひ知ってもらいたい東京進出手段の一つです。

 

青森県内の企業が東京のレンタルオフィスを活用するメリットとは?

青森県内で十分知名度があるものの、東京進出によってさらに売上拡大したいという企業に向けて、東京のレンタルオフィスを利用するメリットについて見ていきましょう。

 

青森県内と比べて東京のビジネスチャンスは10倍以上!

青森県の人口約120万人に対して東京の人口は約1,400万人と、人口だけでみても10倍以上の差があります。
東京は言わずと知れた日本の政治・経済・文化の中心地であり、東京都心にオフィスを構える企業数も他県に比べて圧倒的に多いことや、案件単価も高いだけでなくビジネススピードも地方に比べて早い特性を持っています。また、東京にオフィスが持てれば加盟できる団体も増え、人脈拡大にもつながります。
結果としてビジネスチャンスは青森県内にいるよりも格段に広がり、更なる知名度アップも期待できます。

 

レンタルオフィスなら賃貸オフィス契約よりもスピーディーに事業スタートが切れる

青森から東京へ進出する企業にとって、東京での事業展開には莫大なコストが伴います。しかしレンタルオフィスであれば、オフィス家具や備品などの設備も整っていることが多く、賃貸オフィス契約よりもはるかに低コスト・低リスクで東京に拠点を構えることができますし、事業形態によっては契約締結後すぐにでも事業が始められる環境が整っているため、スピーディーかつ効率的にビジネス展開が行えます。

 

東京におけるブランド力は抜群!銀座にある「銀座ビジネスセンター」とは?

そこで青森県内から東京進出を検討している企業におススメしたいのが、東京都中央区銀座にある「銀座ビジネスセンター」というレンタルオフィスです。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年から運営スタートした、レンタルオフィス業界のパイオニア。20年という長きにわたってレンタルオフィス運営を続けている、安心と信頼のレンタルオフィスです。個人事業主から士業や中小企業の方、大企業のプロジェクト単位での利用など、あらゆる業種・事業形態の方が「銀座ビジネスセンター」を活用してビジネスを成功させています。

 

「銀座ビジネスセンター」は、並木通りとみゆき通りが交差する銀座6丁目の「銀座風月堂ビル」の5階にあり、東京メトロ銀座駅B5番出口から徒歩12分、JR有楽町駅からもおよそ5分と非常に高アクセス。さらに銀座一丁目駅や新橋駅、東銀座駅といった周辺の駅からも利用することができるため、銀座という地の利を生かしてビジネスをスタートさせることができるメリットを持ち得たエリアと言えるでしょう。
さらに、羽田空港や新幹線の停車駅である東京駅や品川駅からのアクセスも抜群なので、銀座を拠点に地方への出張にも大変便利です。

 

東京にあるレンタルオフィスの中でも「銀座ビジネスセンター」を一押しする理由

東京には無数のレンタルオフィスがありますが、その中でもなぜ「銀座ビジネスセンター」がおススメなのか?その理由をいくつかまとめました。

 

プライバシーが保たれた完全個室を提供

コロナ禍でソーシャルディスタンスが叫ばれている中、「銀座ビジネスセンター」は不特定多数が利用するようなシェアオフィスと違って会員のみが利用できる環境であることや、天井まで密閉された完全個室を利用することができることなど、安全面でも非常に高い質を誇ります。レンタルオフィスの中には、個室とうたいながら、単にパーテーションで区切られたエリアを与えられているものや、天井部分が開いているようなものもあり、プライバシーが保たれないものも目立ちます。仕事をする上でも密閉された空間でない環境では、電話や打ち合わせの声が漏れてしまう、後ろからパソコンのモニターが見えてしまうといったセキュリティ上の課題も出てきます。

 

その点、銀座ビジネスセンターは各部屋が完全個室であるため隣の電話の声も聞こえませんし、施錠もできるためプライバシーが保たれます。完全個室とは言っても窓が付いている部屋がほとんどなので息苦しさもありません。

 

常駐秘書による一流のおもてなしサービスが受けられる

銀座ビジネスセンターには10名の秘書が常駐しており、受付や電話応対、使用後の清掃対応など、様々なサービス対応を行っています。秘書の応対スキルとサービス精神は他のレンタルオフィスと比べても非常に高く、一流のおもてなしが受けられると評判です。

 

利用した企業の方からは、

  • 電話は3コール以内に出てくれるのでクライアントからの評価も高い
  • かかってきた電話内容から営業電話と仕事の電話を聞き分け、適切な応対をしてくれる
  • 受付応対がいつも笑顔。毎回気持ち良く利用できる
  • 郵便物や宅配物の受取や転送対応の間違いがなく正確である

といった声が上がっています。

 

一流のおもてなしと徹底されたビジネスマナーで丁寧かつ正確な対応をしてくれるので、安心して秘書業務を任せることができます(ただし電話対応サービスは特定プランのみで利用可能です)

 

銀座ビジネスセンターまでの交通手段

青森県から「銀座ビジネスセンター」のある銀座へ移動する際には新幹線または飛行機の利用が一般的です。

新幹線の場合、新青森駅から東京駅までは3時間10分~3時間半ほどかかります。東京駅到着後、有楽町駅までJR山手線で約2分、そこから「銀座ビジネスセンター」までは徒歩5分ほどです。東京駅からタクシーを利用する場合にはおよそワンメーターです。

 

また、飛行機の場合は青森空港を利用します。青森空港から羽田空港までは約1時間20分のフライトとなっています。羽田空港から銀座までの移動は、東京モノレールの場合、浜松町駅で「JR山手線」に乗り換えて新橋駅まで約25分。新橋駅から「銀座ビジネスセンター」までは徒歩圏内です。京急線の場合には、エアポート急行で東銀座駅まで行き(35)、そこから徒歩または「東京メトロ日比谷線」で銀座駅まで1駅です。

 

まとめ

青森県内でレンタルオフィスを検討している起業準備中の方、またこれから東京進出を検討している企業にとって、「銀座ビジネスセンター」は、レンタルオフィス初心者でも安心してビジネスを開始できる環境を提供してくれる場所。

 

「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」を上手に活用して、東京でのビジネスを試みてみるのはいかがですか?

おすすめの記事