東京都中野区で事業を興そうと考えている、本店以外に新たな支店を検討している、プロジェクトごとの仕事場を持ちたい、と考えている方にとって、後悔しないレンタルオフィス候補地の選び方についてまとめてみました。

東京都中野区はどのような街?

東京都中野区はいったいどのような街なのでしょう?

 

東京都中野区は新宿にほど近い場所に位置し、商店街や公園が充実した東京のベッドタウンとしての役割を担っている街です。

 

2020年6月現在、東京都中野区の面積は約15.59?、人口は344,004(13/23区中)と、東京23区の中でも豊島区に続く2番目に人口密度の高い地域となっています。

 

そんな東京都中野区の中心となる代表的な街といえば、区の名前にも使われている「中野」。
中でも中野駅周辺は東京都中野区でも特に人の賑わいが多いのが特徴で、サブカルチャーの中心となっている中野ブロードウェイは中野を代表とする施設として知られています。その他には、コンサートがよく行われる中野サンプラザなども有名です。
また、中野駅は中央線快速が停車する駅であり、新宿までわずか6分という交通利便性も人気の一つとなっています。

 

東京都中野区において、中野以外に人気のエリアでは東中野、江古田、鷺宮などがあります。

東京都中野区にあるレンタルオフィス事情

東京都中野区のレンタルオフィスやシェアオフィスは、中野駅周辺にいくつかあるものの、実はあまり存在していません。
また中野駅以外のエリアにも「東京メトロ丸の内線」新中野駅近くにいくつかレンタルオフィスがあるくらいです。

東京都中野区のレンタルオフィス賃料イメージ

エリア 総部屋数 広さ 利用人数 使用料
レンタルオフィスA 中野 6部屋 6.8~7.7 1~2 60,000~62,000(共益費別)
レンタルオフィスB 中野 20部屋 - 1名 29,000~62,000(共益費込)
レンタルオフィスC 新中野 37部屋 2.78㎡~5.00 1~2 29,000~45,000(共益費込)
※空き室のみの価格帯

※レンタルオフィス(個室)の空き状況ですが、2020621日現在、いくつかの部屋で空きが確認されています。

ちょっと待って!法人登記するレンタルオフィス候補地の決定は慎重に

東京都中野区で法人登記ができるレンタルオフィスを探すなら、基本的には中野駅周辺というエリアに限定されてしまいます。新中野駅付近のレンタルオフィスへは中野駅から徒歩15分程度かかりますので、新宿方面まで出てレンタルオフィスを探すという選択との間で悩むことになるでしょう。

 

でもちょっと待ってください!
東京都中野区のレンタルオフィスに仮に入居できたとして、使用してもしなくても月額賃料がかかってしまうレンタルオフィスで問題はないでしょうか?

 

レンタルオフィス候補地を選ぶ際にありがちなのが、運営側の「今契約しないとすぐに埋まってしまう」という誘い文句につられてしまい、安易に決めてしまった場合です。
その結果、レンタルオフィス契約を締結して法人登記も行ったものの、実はあまり利便性が良くないことから利用するのがおっくうになってしまい後悔してしまった、というケースも実際に数多くあるようです。

 

利用しなくなったので移転したい、としいってもそう簡単に法人登記した住所を変更することはできません。一度法人登記してしまうと法人登記の移転手続きは非常に手間がかかります。

たとえば代表電話番号の変更手続き、税務や社会保険、年金関連の移転届提出、取引銀行への住所変更連絡などの手続きを行わなければなりません。また移転手続きには費用も発生します。管轄登記所内移転(同一区内の場合)の場合で30000円、 管轄登記所外移転(別の区への移転)の場合は60000円の登録免許税が掛かかってしまい、賃料1か月分程度の金額が移転のために消えてしまうことになりかねません。

 

さらに司法書士に代行依頼する場合には別途手数料(相場として20,00040,000円程度)が掛かってしまいます。
他にも、名刺やパンフレットなど印刷物の住所変更などに掛かる費用も重くのしかかってきます。

交通アクセス・立地にも申し分ない「銀座ビジネスセンター」という選択肢

そこで東京都中野区でレンタルオフィスを検討している皆さんにぜひお伝えしたいことがあります。
銀座の住所で法人登記が行える「銀座ビジネスセンター」を利用してみるのはいかがでしょうか?

 

「銀座ビジネスセンター」は創業が2000年と約20年間、レンタルオフィス業界のリーディングカンパニーとしてやってきた実績がある老舗企業です。銀座風月堂ビルがある「銀座6丁目」という銀座有数の一等地に、450㎡のワンフロアーを使ったバーチャルオフィスおよび22の個室を時間貸しするサービスを展開しています。

 

利用料金ですが「これが銀座価格?」と見間違えるほど非常にリーズナブルな金額設定となっており、月額1万円~で銀座の法人アドレスを持つことが可能です。
また、現在は入会金0円キャンペーン中!さらに敷金、礼金、保証金、更新料、保証人不要というおまけつき。契約期間の縛りもなく1か月単位で利用可能、と破格の条件で契約することができるのはとてもお得だと思いませんか?

 

銀座ビジネスセンターで法人登記をおススメする理由

「銀座ビジネスセンター」を利用することで、銀座で法人登記が行え、かつレンタルオフィスを借りることができることは、事業をスタートする上でも大きなメリットがあります。

 

会社の住所に「銀座」という肩書きを入れることができる

「銀座ビジネスセンター」にオフィスを構えることで、「銀座」の住所を利用することができます。その結果、名刺やホームページに書かれた「銀座」の住所がビジネス上の信頼度を効果的に高めてくれること間違いなしです。

また「銀座ビジネスセンター」で法人登記を行うことで、都市銀行の銀座支店での口座開設を可能とする大きなアドバンテージとなります。

 

クライアントも行き来しやすい「銀座」という環境

「銀座ビジネスセンター」のある銀座6丁目は、複数路線が乗り入れる交通アクセスが格段に良いエリアです。最寄り駅が銀座駅になりますが、有楽町や新橋駅なども「銀座ビジネスセンター」は徒歩圏内。クライアントをオフィスに招きやすい環境と言えるでしょう。

 

オフィス備品類が無料で使用可能

「銀座ビジネスセンター」ではWi-Fiやスキャナー、プロジェクター、ホワイトボード、延長コードなどのオフィス備品が無料で利用できます。オフィス備品をわざわざ揃えなくてもいいのはとてもうれしいですね。

東京都中野区から銀座ビジネスセンターまでの交通手段

そんな「銀座ビジネスセンター」へのアクセスですが、東京都中野区を通る電車は5路線あるものの、うち4本はすべて新宿に出るため、基本的には新宿で乗り換えをする、または新宿を通過して銀座へ向かうことになります。

 

中野駅の場合

中野駅は「JR中央線」、「JR総武線」、「東京メトロ東西線」の3路線が利用できます。
中野から銀座に行く場合、「JR中央線」快速で四ツ谷駅で下車、「東京メトロ丸ノ内線」に乗り換え、銀座まで行くのが近道となります。他にも「JR中央線」「JR総武線」を利用し、新宿または秋葉原、東京駅乗り換えで有楽町まで行くというルートもあります。

 

新中野駅の場合

中野駅からは徒歩15分程度歩くことになりますが、新中野駅からは「東京メトロ丸ノ内線」で銀座まで1(22)で行くことができます。

まとめ

このように、現在東京都中野区でレンタルオフィスを探しており「オフィス候補地は慎重に選びたい」、「法人登記後の移転手続きするような満足いかないレンタルオフィスは嫌だ」という方なら、「銀座ビジネスセンター」はとてもススメです。「銀座ビジネスセンター」であれば法人登記から口座開設がスムーズに行えて即日利用可能!

 

東京都中野区内でレンタルオフィスを探すより、「銀座ビジネスセンター」のホームページ (URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)を覗いて新たな選択肢を探してみませんか?

おすすめの記事