バーチャルオフィスで法人登記を検討している方にとって大いに気になるもの、それはバーチャルオフィスを契約する「場所・エリア」と、月額いくらで利用できるかといった「コスト」なのではないでしょうか。場所とエリアには相関関係があることが多く、いいエリアは総じて金額は高くなりがちです。とはいえ、できるだけ安くいいエリアでバーチャルオフィスを見つけたい、という想いは誰もが同じ。

今回は格安・激安バーチャルオフィスの特徴や、人気のエリアのバーチャルオフィスを出来るだけ安く便利に利用する方法についてご紹介していきます。

 

格安・激安バーチャルオフィスの特徴

現在バーチャルオフィスの業界でも価格破壊が起きており、東京都内だと月額500円前後のバーチャルオフィスが格安・激安として位置づけられています。これらのバーチャルオフィスのほとんどは、1年分の料金を一括払いするタイプのものとなっており月割りにした場合500円になる、といったような金額のからくりとなっています。

しかしながら月額500円前後のバーチャルオフィスの場合、ほとんどが住所利用しかできず郵便物の転送サービス等はオプション料金となっているので注意が必要。そのオプション料金が高額であることが多く、例えば郵便物の転送が1回いくらといった形であったり従量課金制だったりするため、こみこみプランのバーチャルオフィスと比べると結果的に費用が高くなってしまう可能性があります。

また都内には月々0円~とうたっているバーチャルオフィスも存在しますが、0円で済むことはありません。1年間の利用縛りがあることや入会金が高めであること、デポジット(保証金)が必要、郵便物の転送も1,100円とかなり高額になること必至です。

一般的に格安・激安のバーチャルオフィスがあるエリアは人気のエリアからは遠い、駅から離れている箇所にあることが多いのが現状です。中には南青山や品川エリアのバーチャルオフィスもあるようですが、数はあまり多くないと思っておいたほうが良いでしょう。

加えて格安・激安バーチャルオフィスの場合、月額料金を安くしている反面、その他の部分で儲けを得ようとしているため、諸経費やオプション料金が必然的にかさんできます。このあたりは運営会社によってまちまちですが、契約時に「保証金」「事務手数料」「入会金」といったものがかかって、1年経過後には「更新料」、さらに解約時に「解約手数料」がかかる施設もあります。ホームページ等に記載された金額だけを鵜吞みにして検討した結果、思ったよりもバーチャルオフィスにかかる費用がかさんでしまわないように、総額でいくらになるのかを事前にしっかり確認しておきましょう。

 

格安・激安バーチャルオフィスで起きやすい問題

格安・激安のバーチャルオフィスは、あらゆるサービスを削った結果、最低限のサービスのみ残すことで安さを維持しています。そのため、契約後に「こんなはずじゃなかった」と後悔した上、トラブルに発展してしまうことも。

 

よくある問題
「法人登記できると聞いていたのに後から対応していないとわかった」
「スタッフがいなく、突然来訪した人に迷惑をかけてしまった」
「電話代行の質が悪く、クライアントを不快にしてしまった」

 

など、安かろう悪かろう、といったことがあるようです。

そうならないためにも、バーチャルオフィスを選ぶ際には値段だけで判断せず、サービス内容まできちんと把握しておく必要があります。また、ネット上にある口コミサイトなどを参照し、「検討しているバーチャルオフィスで過去にトラブルはなかったか」「評判は悪くないか」を見ておくのも良いでしょう。ただし、口コミ内容は正しいとは限らないので、くれぐれも参考程度にしてください。

 

リーズナブルな価格なのにハイグレードな銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

以上のように格安・激安バーチャルは月額料金が一見安いという印象を持ちますが、トータルで考えるとコストがかさむ可能性が高いことがわかります。

とはいえ、

 

「やっぱり激安バーチャルオフィスは不安だ」
「とはいえあまりオフィス設立にコストはかけたくない」
「エリアにはこだわりたい」

 

という方にぜひおすすめしたいのが、レンタルオフィスとバーチャルオフィスを併せ持ったハイブリッド型のレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年に運営スタートしたレンタルオフィス業界でも長い歴史を持つ先駆者的な存在。目抜き通りから一本中に入った銀座6丁目「銀座風月堂」ビルの5階を拠点とし、住所利用としてのバーチャルオフィスに加え、全22ある個室スペース(オフィス・会議室・セミナールーム)が使いたい時に使いたい分だけ利用できるレンタルオフィスとしての機能も持っています。

 

「銀座」という高いステータスを誇るアドレスを利用してビジネスが出来る

「銀座ビジネスセンター」の正式なアドレスは東京都中央区銀座6-6-1銀座風月堂ビルの5F。銀座の超一等地、それもハイブランドが集まる街として名高いこの場所の住所を活用できるということは、事業展開上大きなメリットを享受することができるといっても過言ではありません。

バーチャルオフィス利用とはいえ、クライアントへの信用をアップさせる意味でも、知名度抜群の「銀座」であれば、実績乏しいスタートアップ企業やフリーランスの方でも企業価値を高めることができるため、ビジネスを効果的に進められます。

 

バーチャルオフィスとして利用する場合は月額11,000円のプランでOK

銀座ビジネスセンターの会員となる場合、月額利用料金は11,000円、27,500円、55,000円の3プランが用意されています。

一番リーズナブルな月額11,000円のプランでは、法人登記や銀行口座開設に利用可能なアドレスが利用できるほか、郵便物や宅配物の受取・転送対応が料金に含まれているので、格安・激安にありがちな従量課金や1回いくらといった費用がかかりません。

また、電話対応も行いたい!という方には、専用電話番号・FAX番号が付与、秘書による電話対応サービスが付いたプラン(月額27,500円プラン)、さらに個室利用20時間分(4人部屋相当)が含まれた月額55,000円のプランもありますが、「住所のみ利用したい」というバーチャルオフィス利用がメインの方であれば、月額11,000円のプランで十分満足できることでしょう。

 

1時間1,760円~で完全個室の利用も可能!商談や面談時に恥をかかない「銀座ビジネスセンター」

「銀座ビジネスセンター」は、バーチャルオフィス利用がメインの方でも、予約を行えば個室利用が可能。1時間1,760円~の料金で、防音やセキュリティ対策バッチリな完全密閉型の個室が利用できます。

バーチャルオフィスを利用している企業の場合、クライアントから「貴社にお伺いしたい」と急に言われて慌てることも多々あります。会議室や個室利用ができない施設だと、近くのカフェを利用したりしなければならず、手間がかかる上に相手を不安にさせたりしてしまうこともあるでしょう。

しかし、「銀座ビジネスセンター」であればその点でとても安心。当日予約でも余程のことがない限り個室利用は可能、重要なミーティングや面談などで恥をかくようなことはありません。「銀座ビジネスセンター」の外観および内装はしっかりしたハイグレードさを持ち得ており、訪れる方々を安心させてくれる設備を誇ります。

 

まとめ

できるだけコストをかけずにバーチャルオフィス利用を考えるなら、格安・激安バーチャルオフィスは控えるのがベスト。一見すると月額料金が安いように見えますが、その他の部分での費用がかさみ、結果としては一般的なバーチャルオフィスと変わらない金額、または高くなってしまうことがあります。

しかし「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」であれば、月額11,000円で法人登記や銀行口座開設可能な住所利用と郵便物や宅配物の受取・転送対応が料金に含まれており、余計なコストがかかりません。

バーチャルオフィスのみならずレンタルオフィスとして個室利用もでき、フレキシブルな使い方が可能なレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」を一度検討してみてはいかがですか?

おすすめの記事