レンタルオフィス 西台

西台エリアに自宅や事業所を構えている、またはこれから西台を拠点に事業をスタートさせようとしている方の中には、「外向きにアピールできるオフィスを持ちたい」「登記可能なオフィスがほしい」といった方もいるかもしれません。

気軽に事業を始められる昨今、自宅やカフェなどで作業をする人も多いと思いますが、自宅の場合、ビジネスの場としては明確な強い意志がなければ誘惑に負けてしまいますし、カフェやファミレスは、「日によって環境(席)が異なる」「雑音が気になる」ということで、集中できないことも。

そこで、検討したいのが「レンタルオフィス」。レンタルオフィスであれば、事業スタートをするスタートアップ企業なら必要な備品や家具も完備されていますし、今までノマドワーカーだった人は、法人登記の行えるしっかりした環境でビジネスをリスタートすることも。

今回は西台エリアでワークスペースを探している方を対象に、西台のレンタルオフィス事情とおすすめのレンタルオフィスについてご紹介していきます。

西台ってどんなエリア?

西台は、東京都板橋区高島平九丁目にある西台駅およびその周辺を指す名称です。同駅には都営地下鉄三田線が乗り入れており、巣鴨や大手町、目黒などへのアクセスに非常に便利なエリアとなっています。また、一回の乗り換えで池袋駅や新宿駅、東京駅などにもアクセスすることが可能です。

同駅は、2016年より駅名標の下に「大東文化大学前」という広告が付けられるようになりました。その理由は、大東文化大学板橋キャンパスおよび付属高校の最寄り駅となっているためであり、昼間は多くの学生で賑わっています。

また駅周辺には、東京都交通局の志村車両基地や都営住宅、小中学校、病院などがあります。スーパーや商業施設が多数あるなど、買い物環境が良いこともあり、学生やファミリー層が暮らすのに最適なエリアです。

西台のレンタルオフィス事情

西台は、「学生の街」「住宅街」といった印象が強く、レンタルオフィスやコワーキングスペースはほとんど存在しません。近隣の駅にエリアを拡大して検索しても、ワークスペースはほとんどヒットしないため、このエリアで希望の条件に合ったレンタルオフィス探しをするのはかなり難しいです。

西台は、池袋や新宿、東京といったビジネス街に乗り換え1回で行くことができるエリアのため、はじめから主要エリアで物件探しをしたほうが、満足のいくレンタルオフィスを探せるでしょう。

参考までに、西台にあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などを下記に記載しましたので、気になる方はチェックしてみてください。

西台エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

  エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 西台駅から徒歩5 レンタルオフィス レンタルオフィス

月額69,300円+管理費5,500

※現在1室のみ空室

1名~4名 登記可能

備品の貸し出しあり

会議室毎月5時間まで無料

レンタルオフィスがはじめての方でも安心して利用できる「銀座ビジネスセンター」

西台エリアのレンタルオフィスは数が少ないため、希望条件に合うかどうかの比較・検討がそもそも難しいエリアです。どんなにレンタルオフィスを検討しようともエリアに存在しなければ、どうしようもない、そう思っていませんんか?実はレンタルオフィスの中にはバーチャルオフィスとしても利用可能な施設が存在し、毎日通わなくても十分機能を満喫できるタイプのものも存在します。

そんなバーチャルオフィスとしても利用できるおすすめのレンタルオフィスが、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年に銀座で営業を開始したレンタルオフィス。20年以上にわたり、中小小規模事業者を中心として、士業や個人事業主、地方企業のサテライトオフィスとしても利用できるレンタルオフィスとして展開されています。銀座の中でも一等地とされる銀座6丁目の「銀座風月堂ビル」の5階が拠点となり、450㎡の広さのワンフロアーを使ったレンタルオフィスだけでなくバーチャルオフィスを利用できる点がポイントです。最寄り駅となる東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からは徒歩5分という好アクセスであること、空の玄関口である羽田空港までは30分圏内と、利用者の利便性は問題ありません。

そんな「銀座ビジネスセンター」がなぜおススメなのか、その理由について以下にまとめてみました。

月額11,000円から銀座に登記可能なオフィスが持てるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」の会員になると、いつでも個室・会議室を必要な時に必要なだけ利用することができます。
現在「銀座ビジネスセンター」の月額プランは全部で4つ。以下に記載している内容から予算や事業規模、事業ステージに合わせてフレキシブルに選べますので、金額も明朗会計で安心です。

月額11,000円プラン

バーチャルオフィスとして住所利用がメインの方向けのプラン。法人登記や銀座口座開設に利用できる銀座アドレスが利用でき、来客時の受付対応や郵便物や宅配物の受取・保管・転送対応がサービスに含まれます。登記住所が銀座となることでのメリットは西台とは比べ物になりません。

月額22,000円プラン

月額11,000円の上記プランに電話対応が付加されたプラン。専用電話番号(03番号)が付与、不在時の電話対応をしてくれます。対外的信用のために固定電話を持ちたいという方におすすめです。

月額27,500円プラン

上記月額22,000円のプランにFAX対応が付加されたプラン。いまだに業務としてFAXでのやり取りが多い、という方には適したプランです。

月額55,000円プラン

月額27,500円の上記プランに加え、個室利用が20時間分付いているプラン(1~4名部屋相当)です。通常は個室利用が都度別料金となっているため、ある程度まとまって個室利用を決めている場合にはこちらがお得です。

 

個室利用には事前予約が必要となりますが、当日予約でもほとんどの場合利用できます。クライアントとの打ち合わせや商談、面談等の時には安心して利用できますので、カフェやホテルロビーなどでミーティングを行っていた方は今後は決まった場所を抑えることができることでしょう。

郵便物の受け取り拒否のないレンタルオフィス

レンタルオフィスの中には「郵便物の受取・転送可」と謳っていても、利用者本人が不在の時には、速達や簡易書留、定形外郵便といった普通郵便以外の郵便物受取をしてくれない施設もあるとか。その場合役所関連の書類や保険証券・銀行のカード再発行などがあると、発送元に戻ってしまい再配達依頼が必要となったり、わざわざ郵便局まで取りに行かねばならないといったことがあり得ます。

その点「銀座ビジネスセンター」は、裁判所からの特別送達以外は郵便物を受け取ってくれるレンタルオフィスです。秘書が受け取り後会員に連絡してくれ、その後の受け取り方法を決定。最短で郵便物を受け取る方法をチョイスできます。

まとめ

西台エリアでレンタルオフィスを検討していた方、都営三田線で乗り換えなく日比谷まで移動してくれば、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」がいつでも利用できます。

「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」なら、自宅やカフェやファミレスとは違う雰囲気で気分も新たに仕事に臨めますし、業務効率も高まることでしょう。なにより銀座のアドレスを手に入れられますし、頻繁に来れない時もバーチャルオフィスとしての機能が郵便物の転送などでいかんなく発揮されることでしょう。
ぜひ一度「銀座ビジネスセンター」を検討してみてはいかがですか?

おすすめの記事