企業のサテライトオフィスや起業・副業用のワークスペースとして人気のレンタルオフィス。実はレンタルオフィスの中には、法人登記や会社登記ができるレンタルオフィスもあることをご存知ですか?

 

法人設立となれば社会的信用やスピーディなオフィス立ち上げは必須。

 

そのため、どこにオフィスを構えるかは今後のビジネス展開を考える上でも非常に重要となりますが、ただ「安いから」、「交通アクセスが良いから」といった理由だけで選んでしまうと失敗するリスクが高まってしまいます。

 

今回は様々なタイプが存在するレンタルオフィスの中で、失敗しない法人登記・会社登記可能なレンタルオフィスの見つけ方について解説していきます。

 

登記可能なレンタルオフィスとバーチャルオフィス

まず登記可能なオフィスを考える際、実際の個室やスペースを利用できる「場所利用」のケースと、住所だけを利用する「バーチャルオフィス利用」の2つが想定されます。

 

まず「場所利用」の場合ですが、法人登記や会社登記、銀行口座開設に使える住所が利用できてかつ個室やオープンスペースの利用も併せ持ったレンタルオフィスがこれに該当します。普段は自宅や近場で作業をしつつ、打ち合わせや面談時にのみレンタルスペースの会議室や個室を利用するような方に適しています。自宅住所で法人登記・会社登記するのは防犯上の観点から抵抗がある方(特に女性)でも安心です。利用の際にはできるだけ通いやすいところを選んでおくのがベストです。

 

一方のバーチャルオフィスですが、地方企業や郊外を中心に活動している方で物理的にレンタルオフィスを利用することが出来なかったりする場合には大変効果を発揮します。地方経済が衰退している中、営業販路を見出したい、また新たな事業展開をしたい、と東京のレンタルオフィスを利用している企業が多いです。中には本店所在地をわざわざ地方から移転している企業も存在しています。

 

いずれにせよ、対外的に公表する住所はレンタルオフィスが置かれている場所となるため、クライアントへの信用力を増したい人やセキュリティ面に不安のある方におススメなのが、法人登記可能なレンタルオフィスなのです。

 

法人登記する場合の注意点

東京都内には、法人設立・会社登記が可能であるレンタルオフィスは数多く存在しますが、契約後に実は登記できなかったということがないわけではありません。法人登記ができないレンタルオフィスもたくさん存在していますので、検討しているレンタルオフィスやシェアオフィスで法人登記が可能かどうかは必ずしっかりと確認しておきましょう。

 

また最近増えているのが、エリア再開発によってレンタルオフィスが入っていたビル自体が建て替えとなってしまうケース。特にバーチャルオフィス的な利用しか考えていない場合には建物の現状がわからないことも多く、いきなり退去を求められ、慌てふためくケースもあります。

 

退去の際には登記した住所の移転が発生しますが、移転費用はほとんどの場合自らの持ち出しになります。そのため、バーチャルオフィス機能だけのレンタルオフィス利用だとしても、必ず現地や建物を確認し、再開発や建て替えが起きる可能性があるエリアは避けるようにしましょう。

 

法人登記・会社登記可能なレンタルオフィスとしておススメな「銀座」

以上のように法人登記・会社登記可能なレンタルオフィスを選ぶ際には

 

  • レンタルオフィスが入っている建物が古く、強制退去の可能性があるところは避ける
  • (場所利用の場合)自宅や会社などから通えるところである
  • (バーチャルオフィス利用の場合)ビジネス的にメリットが享受できるエリアである

 

といった点に注意しておく必要があります。

 

「法人登記・会社登記可能なレンタルオフィスならどこでもOK」といった具合に安易に選んでしまうと、のちのち移転手続きするのはとても大変です。当然費用や時間も要しますので、法人登記できるレンタルオフィスの選定はできるかぎり慎重に行いたいものです。

 

そこで法人登記・会社登記可能なレンタルオフィスを検討している方にオススメしたいエリアが「銀座」。法人登記するにおいても住宅街や下町、治安に不安なエリアはできるだけ避けたいですし、なにより取引相手に与える印象もあまりよくありません。銀座であれば知名度やステータスが高いエリアのため、地方企業の方でも安心して登記を行えます。

 

また、銀座であれば交通アクセスも非常に良く都内近郊からも利用しやすいですし、羽田空港や東京駅からも近いため地方企業のスポット利用においてあまり苦になりません。

 

法人登記可能なバーチャルオフィス機能付きの時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

今回法人登記・会社登記ができるレンタルオフィスとしておススメするのが、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年に運営スタートし、これまで20年以上の運営実績を持つレンタルオフィス業界のパイオニア。オフィスは銀座の中でもハイクラスエリアにある中央区銀座6-6-1銀座風月堂ビル5階にあり、バーチャルオフィス機能を備えたレンタルオフィスとなっています。

 

そんな「銀座ビジネスセンター」をおすすめする理由について以下にまとめてみました。

 

「銀座」アドレスを利用してビジネス可能なレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」で法人登記を行えば、銀座のアドレスを利用してビジネススタートすることができます。つまり名刺やホームページに銀座アドレスを記載できるということであり、クライアントや商談相手への信用度を増すことが可能となるのです。

 

また銀行口座開設においても実績が豊富にある「銀座ビジネスセンター」であれば、審査もよほどのことがない限りスムーズに進むことは間違いありません(ただし業種等により難しい場合もあり得ます)

 

提供するサービスは超一流!ホスピタリティを感じられるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は、ビルの外観やオフィスの内装がビジネスに相応しいハイグレードな作りとなっているほか受付秘書も超一流。特に秘書のクオリティは非常に高く、常時10名の正社員秘書が会員企業を手厚くサポートしてくれています。派遣社員やアルバイト社員が多いレンタルオフィスも多い中、「銀座ビジネスセンター」はある程度固定化されたメンバーで秘書業務が行われ、利用者の顔と名前も憶えてしまう徹底ぶり。お客様一人一人ときちんと向き合ったサービスを提供してくれるのが「銀座ビジネスセンター」の最大の強みです。

 

お客様の求めるものを先読みして業務を行うレンタルオフィスはあまり類を見ないため、「銀座ビジネスセンター」を利用したら他のレンタルオフィスは利用できないという声もあがるほどです。

 

まとめ

東京都内で企業のサテライトオフィスや起業などのために法人登記、会社登記ができるレンタルオフィスを検討している方にとって、銀座というステータスが高い場所に位置する「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」はユーザー利便性の高いレンタルオフィス。

 

オフィスを訪れた誰もがハイクラスなおもてなしに魅了されるといっても過言ではないレンタルオフィスにて、クライアントとのミーティングや商談の際にも自信を持って招き入れることができるクオリティを持っています。

 

このように最高の環境が用意された「銀座ビジネスセンター」のある「銀座」アドレスを有効活用して、ビジネスの頂点を目指してみてはいかがですか?

おすすめの記事