コロナ禍になり、会社の勤務形態がリモートワークやテレワークなどに変わったという方、また先行きの見えない経済状況下において、副業や起業をスタートさせたという方も増えていることと思います。

手っ取り早く仕事を行うには、自宅やカフェなどを利用するケースがほとんどだと思いますが、「自宅では子供の存在が気になって集中できない」「カフェで不特定多数の人と接触するのはなるべく避けたい」という話もよく耳にします。

そんな時、自分専用のプライベートスペースで仕事ができる「レンタルオフィス」を利用してみるのはいかがでしょうか?個室のレンタルオフィスであれば、コロナ禍でも安心して利用できますし、何より静かな環境が保たれるので、効率的に仕事を進めることができることでしょう。

今回は森下でワークスペースを探している方を対象に、森下エリアのレンタルオフィス事情とおすすめのレンタルオフィスについて紹介していきます。

森下ってどんなエリア?

「森下」とは東京都江東区にあり、主に「森下駅」を中心とする周辺地域を指す名称。
かつては深川神明宮の門前町として栄えましたが、現在は落ち着いた雰囲気の漂う閑静な住宅街というイメージが強いエリアです。

エリア内には大型商業施設や高層ビルはほとんどありませんが、その分静かで治安のよい街並みがビジネスパーソンや学生などから広く支持されています。また芭蕉記念館や芭蕉稲荷神社といった俳人・松尾芭蕉に関連する施設が多いことでも有名であり、江戸情緒が随所に感じられる景観が特徴です。

森下駅には都営新宿線と都営大江戸線の2路線が乗り入れており、新宿駅までは乗り換えなしでおよそ18分。また東京駅までは1度乗り換える必要があるものの、約12分と好アクセスであり、近隣のオフィス街や学校などに通勤・通学するのにも非常に便利です。

都内の中でも比較的マイナーな駅ではありますが、両国エリアに近いことから相撲部屋に出入りする力士や両国国技館を訪れる観光客などに利用される駅の1つにもなっています。

森下のレンタルオフィス事情

住宅街の様相が強い「森下」のレンタルオフィス数はかなり少なめです。
近隣の両国駅・菊川駅といったエリアまで範囲を拡大しても、個室をメインとしたレンタルオフィスはほとんど見受けられないため、このエリアで条件にピッタリ合うレンタルオフィスを探し出すのは至難の業と言えます。

また主要なビジネス街である新宿や銀座などと比べると圧倒的に料金が安い点は魅力ですが、空室が出ることは稀なため、借りたいタイミングですぐに利用できない点はマイナスに感じられます。より希望に合ったレンタルオフィスを見つけたいなら、エリアを拡大または変更して探す必要があるでしょう。

以下に森下エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などをまとめましたので、検討の際には参考にしてみてください。

森下エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

  エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 森下駅から徒歩7 レンタルオフィス 1名部屋

月額16,500円(税込)~

※現在全て満室

1名~ 全部屋上部オープン仕様

(完全個室ではない)

施錠付き

オフィス家具完備

知名度の高さは折り紙付き!クライアントも呼びやすい「銀座ビジネスセンター」とは?

以上のように森下でレンタルオフィスを探すのは数的にも難しいと思われます。であれば、レンタルオフィスでなくカフェやファミレスでいいじゃない?という人もいるかもしれません。しかし、もしこれから起業を考えていたり、フリーランスとして更なる高みを目指そうとしたりしているなら、拠点とする場所は必要です。

そこで森下レンタルオフィスを探している方におススメしたいのが、法人登記が銀座で出来る、銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は、2000年から20年以上運営しているレンタルオフィス。銀座6丁目という銀座の中でも超一等地と言われる「銀座風月堂」ビル5階エリアを拠点とし、バーチャルオフィス運営と時間貸しレンタルオフィス運営の2つのサービスを展開しています。

都内全般や近郊エリアへの交通アクセスは抜群で、最寄りの東京メトロ銀座線の銀座駅から徒歩2分、JR有楽町駅からも徒歩5分、その他銀座一丁目駅や東銀座駅、新橋駅などの駅も徒歩圏内です。さらに新幹線停車駅となる東京駅や品川駅、羽田空港へも30分圏内と、国内出張が多い方には移動にも困りません。

そんな「銀座ビジネスセンター」をなぜおすすめするのか、その理由について以下に簡単にまとめてみました。

知名度の弱さを払拭する「銀座」アドレスが利用可能なレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は法人登記可能なレンタルオフィスとして銀座の住所利用が可能、ホームページや名刺に銀座アドレスを記載して事業展開できるため、今考えている拠点エリアの知名度の弱さを痛感している場合には、ぜひこれを機に「銀座」アドレスを手にしてみませんか?

事業者の拠点となるアドレスは対外的信用を図るための一つのバロメーターです。昨今レンタルオフィスで法人登記できる場所は多いですが、だからこそレンタルオフィスの選び方も非常に重要。クライアントや取引先の訪問にも申し分ない銀座という場所は、非常に好印象を与えられます。

さらに「銀座ビジネスセンター」の場合、オフィス外観や内装もしっかりしているので、訪れた方が不安になるようなこともありません。

銀座にもかかわらず料金がリーズナブル!スモールビジネスにも優しいレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は、法人登記や銀行口座開設に必要な銀座アドレス利用が可能なうえ、郵便物や宅配物の受取・転送対応サービスも行ってくれます。つまり最初からバーチャルオフィスとしても利用できる機能が備わったレンタルオフィスなのです。

特筆すべきは、銀座にもかかわらず月額11,000円~の料金でオフィスを持てる点。「月に数回個室が使えればよい」「法人化を考えているので銀座で登記できるところを探している」方であれば、月額11,000円のプランでも十分でしょう。

個室利用の際には1時間1,760円~の料金で、天井までしっかりと密閉された完全個室スペースを使いたい時に使いたいだけ利用できます。

月額プランの内訳は以下の通りです。

月額11,000円プラン

法人登記や銀座口座開設に必要となる住所の利用が可能(銀座アドレス)、来客時の受付対応、郵便物や宅配物の受取・転送対応がこの料金で受けられます。

月額27,500円プラン

月額11,000円の上記プランに電話・FAX対応が付加されたプラン。
専用電話番号(03番号)とFAX番号が付与、不在時には秘書による電話対応、FAX対応などがプランに含まれます。

月額55,000円プラン

月額27,500円までの上記プランに個室利用20時間分付き(4名部屋相当)のプランです。週に2回、1日2時間ぐらいの使用頻度であれば十分事足ります。

森下から銀座ビジネスセンターまでの交通アクセス

森下駅から「銀座ビジネスセンター」までの移動手段ですが、乗り換えや移動を考えると都営大江戸線で月島下車(乗車時間6分)、東京メトロ有楽町線に乗り換えて銀座一丁目まで(乗車時間4分)、その後は徒歩で「銀座ビジネスセンター」までというのが良いでしょう。

まとめ

森下エリアでレンタルオフィスを検討している方であれば、「銀座ビジネスセンター」がおすすめ。

バーチャルオフィスの銀座ビジネスセンター」は、バーチャルオフィスとしても利用でき、法人登記も可能。銀座アドレスを利用したビジネス展開が可能なため、これから事業拡大を考えている方、スタートから企業信用度を高めたい方には最適なレンタルオフィスです。

ぜひ一度「銀座ビジネスセンター」のホームページを見て、サービス内容を確かめてみてください!

おすすめの記事