現在表参道に自宅や職場があるという方の中には、昨今のコロナ禍における緊急事態宣言などをきっかけにリモートワークやテレワークに従事するようになり、カフェやファミレスといった場所で仕事を行っているという方もたくさんいると思われます。

 

しかしそのようなオープンスペースは、自分専用の席が確保されているわけではないため、混雑時には何分も待たされることがありますし、運よく入店できたとしてもコンセントが利用できない席だったり周囲の話し声が気になって仕事に集中できなかったりと、ストレスを感じることも多いようです。

 

そこで最近利用者が急増しているのが「レンタルオフィス」。サテライトオフィスとオフィスとしての需要や、コロナ禍でのオフィス縮小などに伴いレンタル契約する企業が増えていることもあり非常に人気です。

 

レンタルオフィスでは、個々の運営会社で多少サービスに違いはありますが、法人登記や銀行口座の開設に使える住所が利用できたり、事務代行や電話応対、郵便物転送といったサービスを受けることも可能。これだけサービスが充実していても、料金は賃貸オフィス契約より圧倒的にリーズナブルなのはとても魅力です。

 

今回は表参道でワークスペースを探している方を対象に、自分に合ったレンタルオフィスの選び方やおすすめのレンタルオフィスについてご紹介します。

 

表参道ってどんなエリア?

表参道は、東京都渋谷区神宮前周辺と東京都港区北青山・南青山の一部にまたがるエリアを指す総称。

 

「表参道」というネーミングは、かつて明治神宮の参道として整備されてきた大通りを指す名称でしたが、現在では青山通りから原宿駅前の神宮橋交差点に至る区間が主に「表参道エリア」として位置づけられているようです。

 

このように表参道は神宮や青山エリアの一部が含まれることから、高級ブランドの旗艦店や隠れ家的なセレクトショップ、洗練されたレストランやカフェなどが軒を連ね、今や銀座と並ぶ日本屈指のファッションタウンとなっています。

 

2000年代に入ってからは、街の再開発プロジェクトの目玉として大型商業施設が開業するなど、人々を惹きつける魅力がタップリの表参道。美術館やギャラリーといった文化施設も多く、オトナから若者まで幅広い年齢層に愛されるハイセンスな街並みが魅力です。

 

表参道のレンタルオフィス事情

表参道は洗練されたファッションタウンというイメージが強いものの、渋谷や六本木といった都内主要エリアへの交通利便性が良いことや、落ち着いた街の雰囲気からオフィスビルにも最適なロケーションです。

 

そのためレンタルオフィスやシェアオフィスなどの数も比較的多め。特徴としては、駅から好アクセスでハイグレードなレンタルオフィスが集積していることが挙げられます。しかしながら条件が良い分、完全個室スペースの料金はかなり高めに設定されており、副業やスタートアップ企業にはややハードルが高く感じられるかもしれません。

 

以下に表参道エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などをまとめましたので、検討する際には参考にしてみてください。

 

表参道エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

 

  エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 表参道駅直結 レンタルオフィス・シェアオフィス・コワーキングスペース・バーチャルオフィス 個室レンタルオフィス月額165,000(税込)~ 1名~ オンライン予約システム

世界150か国以上に拠点あり

オフィス備品完備

レンタルオフィスB 表参道駅から徒歩1分 レンタルオフィス・バーチャルオフィス レンタルオフィス

月額70,000円~

(空室の値段)

1名~ 24時間365日利用可能

会議室月20時間まで無料

受付あり

レンタルオフィスC 表参道駅から徒歩3 コワーキングスペース・バーチャルオフィス・レンタルスペース ビジネスプラン

月額35,200円(税込)

1名~ エンジニア特化型コワーキングスペース

コミュニティ形成支援、勉強会など多数開催

レンタルオフィスD 表参道駅から徒歩5 レンタルオフィス・コワーキングスペース・バーチャルオフィス 1名用個室

月額41,800円~

(空室の値段)

※管理費別途

1名~ フリードリンクあり

国内多拠点利用可能

法人登記可能

レンタルオフィスE 表参道駅から徒歩6分 レンタルオフィス・シェアオフィス・コワーキングスペース・バーチャルオフィス 要問合せ 1名~ 受付サービス

ビジネスラウンジ完備

ビル内カフェあり

 

コロナ禍で安心!清掃やアルコール消毒もレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

表参道エリアのレンタルオフィスですが、数は多いものの、気軽に利用できるワークスペースとして考えるには料金が高めです。そのため自宅やカフェで仕事をするより快適にはなるかもしれませんが、出ていくお金が多くなることを意識しなければなりません。

 

そこでリーズナブルなワークスペースを手に入れたい方にオススメしたいのが、銀座で20年以上の運営実績を持つ時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年に銀座でスタートした業界の先駆者とも言われるレンタルオフィス。銀座の目抜き通りから少し内側に入った「銀座風月堂ビル」の5階を拠点とし、中小企業の経営者や士業、フリーランス、企業のプロジェクト利用、スタートアップ企業、副業従事者といった幅広い層に利用され続けているレンタルオフィスです。

 

表参道に負けず劣らず銀座エリアにも相当数のレンタルオフィスがありますが、その中でもなぜ「銀座ビジネスセンター」が特におすすめなのか、その理由を以下にまとめてみました。

 

個室利用のキャンセル料は一切不要!使いたい時だけ個室スペースを利用できるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」の営業時間は月曜から土曜日の9時から2045分まで。その間、個室利用をしたい場合には、事前予約をすることで使いたい時に使いたい分だけ利用することができます。全部で22ある個室スペースを時間貸しするタイプのレンタルオフィスは、月額固定型のレンタルオフィスが主流の現在は比較的少ないため、使わない間に発生するコストをセーブすることが出来ます。

 

「銀座ビジネスセンター」の会員(月額11,000円~)になれば、1時間1,760円~の料金で個室利用に加えてオフィス備品が基本無料で使えるほか(一部有料のものもあります)、バーチャルオフィスとしてのサービスも利用可能。

 

当日に予約した場合でもほとんどの場合問題なく利用可能なので、ワークスペースに困ることはありません。

 

さらに万が一キャンセルする場合にも一切キャンセル料がかからないといった、無駄なコストを一切排除してくれる優れたレンタルオフィスなのです。

 

ホスピタリティあふれたサービスを提供する秘書が自慢のレンタルオフィス

レンタルオフィスの中には、受付やバックオフィス業務を派遣社員やアルバイト社員に対応させているところも多いようです。入れ替わりも早い派遣やアルバイトの場合、研修や教育に避ける時間も短く、お客様に提供できるサービスレベルにも不安が募ります。

 

しかし「銀座ビジネスセンター」は、10名ほどの常駐正社員秘書が会員を支えています。主な業務内容は、来客時の受付対応、電話・FAX対応、郵便物の受取・転送対応、事務作業などさまざま。つねに秘書一人一人が、お客様は何を望んでいるのか?考えながら仕事を行っているため、「銀座ビジネスセンター」のサービスを受けた方々はそのクオリティの高さに満足し、口をそろえて「他のレンタルオフィスへ移ることは考えられない」と言うほどです。

 

表参道から銀座ビジネスセンターまでの交通アクセス

表参道駅から「銀座ビジネスセンター」までは、東京メトロ銀座線を利用するのが最短ルートとなります(およそ14分)。乗り換えなく銀座まで移動が出来るので負担はあまり感じません。これであれば継続して利用し続けられますね。

 

まとめ

表参道エリアで快適なワークスペースを探しているなら、表参道から地下鉄で乗り換えなく移動できる銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」がおススメです。

 

自宅やカフェ、ファミレスといった環境での仕事を卒業したい!という方に「銀座ビジネスセンター」であれば、リーズナブルな料金で専用の個室が利用できることもあって、仕事がはかどることは間違いなしです!

おすすめの記事