仙台市内で事業をスタートさせようと準備している方、また仙台市内を拠点としてすでに事業を行っている企業の方。

東京に拠点を作ってビジネスをしたいと思ったことはありませんか?

実はレンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスを活用することで、あまり労力をかけずに東京オフィスを持つことができるようになります。

 

ここでは、データを比較しながら仙台市以外のエリアへのマーケット拡大を目指し、東京への拠点つくりに最適なレンタルオフィス活用術についてまとめてみました。

 

仙台市の概要

仙台市は宮城県の神奈川県中部に位置する市であり、宮城県の県庁所在地です。

 

東北地方唯一の政令指定都市である仙台市には202010月現在、約786.35㎢の面積に1,065,446人が居住しています。市内の人口は東北地方で最も多く、県民の約半数が居住するプライメイトシティです。

 

仙台市の都心部は、青葉区の南東部や宮城野区の南西部、若林区の北西部にまたがって構成されています。この3エリアには行政機関や企業、商業施設が集積するほか、物流と交通の要所にもなっています。

2000年前後にはITバブルとJR仙谷線の地下化が進み、仙台駅東口を中心にIT企業が数多く進出。駅前の宮城野通りは「ITアベニュー」と呼ばれました。

 

そんな仙台市は周辺を緑に囲まれる自然豊かな地域であり、「杜の都」との雅称を持ちます。豊かな自然を生かし、宮城県内の観光地で宿泊数第1位を誇る「秋保温泉」、県内のスキー場で利用客が最多の「スプリングバレー泉高原スキー場」などの人気スポットが多く存在しています。近年では、大規模イルミネーションイベントやジャズフェスティバルなど、市民が中心となった都市イベントを生み出す文化都市としても有名です。

 

仙台市内の交通事情

仙台市の玄関口となる駅は「仙台駅」。東北新幹線の全列車が停車するほか、県内各地や東北エリアを結ぶ各路線の発着駅です。さらに市内主要エリアを結ぶ地下鉄が乗り入れており、東北地方最大のターミナル駅となっています。

駅周辺にはショッピング、食事、ホテル等の施設が充実していることから、文化発信の役割を担う駅として「東北の駅百選」にも選出されています。

 

仙台市内にあるレンタルオフィス

仙台市のレンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスですが、ほとんどが仙台駅周辺に集中しています。いずれのレンタルオフィスも最寄り駅から徒歩圏内と交通利便性は抜群です。受付対応やコピー・プリンター対応などオフィス環境が充実している施設が多く、秘書サービスが含まれているレンタルオフィスも存在しています。

ただし、充実した環境のレンタルオフィスは総じて人気も高く空きが少ないといったことや、駅近という好立地条件から、賃料相場も高めです。

 

仙台市以外に東京での拠点を持つメリット

仙台市は東北地方最大の都市。地元の老舗企業のみならず多くの企業が東北の拠点である仙台市内に集積しています。2011年の東日本大震災により甚大な被害を受けましたが、その後の経済復興は多くの投資家や企業から高い注目を集めています。

 

大震災を経験してもなお東北エリアの中で高い新規開業率を誇る仙台市は、東京都心へ2時間前後で行ける交通利便性の高さが魅力。仙台市にオフィスを構えながら都心への日帰り出張や営業活動も可能なため、一見すると東京への拠点は必要ないように見えます。さらに地方での起業は競合も少なく事業を行いやすい、という声もあるようです。

 

しかしながら仙台は東京と比べてしまうとマーケットは狭いですし、すでに地元企業のネットワークが強固であるがゆえに新規参入は難しいというのが現状であること、またインターネットが普及している現在では情報取得スピードにほとんどタイムラグはなくても、リアルなトレンドを体感するまでに仙台だと多少時間を要してしまいがちです。

 

そこで考えたいのが日本の中心である東京に拠点を持ち、最新の情報やトレンドを吸収しながらビジネスを行うこと。

その際に効果的に活用したいのが、低コストで素早く東京に拠点を構えることを可能したレンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスです。これらのサービスを利用して東京で事業展開する企業も増えてきています。

 

東京へオフィスを持ちたい企業に最適なレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

「ローコストで東京オフィスが作れないだろうか?」「日帰り出張の際に拠点となる場所があるととても便利」などのニーズにぜひおススメなのが、東京銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」がスタートしたのは2000年。これまで20年に渡って営業を続けるレンタルオフィス業界のパイオニアでもあります。450㎡のワンフロアーに全部で22ある個室スペースを使いたい時に使いたいだけ利用することができる時間貸しのレンタルオフィスとして、大企業から中小企業、士業、個人事業主の方に幅広く利用されています。

 

「銀座ビジネスセンター」レンタルオフィスでおススメな理由

東京に無数にあるレンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスの中でも「銀座ビジネスセンター」がなぜおススメなのか、以下に簡単にまとめました。

 

自信を持ってクライアントをお呼びできる「銀座ビジネスセンター」

「銀座ビジネスセンター」のアドレスは東京都中央区銀座6-6-1銀座風月堂ビル5F。並木通りとみゆき通りの交差した、落ち着いた雰囲気のある街並みの中にあります。

 

レンタルオフィスと銘打っているものでも、オフィスビルに入っておりコンシェルジュがいるようなものから、クライアントを呼ぶのも憚られるような築数十年経った雑居ビルなど内容はさまざまです。同じコストがかかるのであれば、それなりのエリアに存在し、しっかりとした内装が施された場所を選びたいと思われるのではないでしょうか?

 

「銀座ビジネスセンター」は銀座エリア優位性もさることながら、最高のサービスとホスピタリティを提供してくれるレンタルオフィス。内装のこだわりは高級感のあるラウンジに置かれたソファーや、各個室の椅子といったところにも表れています。

 

また常駐秘書のクオリティも高く、敬語やビジネスマナーはもちろんのこと、おもてなしの精神を忘れることなく利用するひとりひとりに丁寧に対応してくれると評判です。

 

バーチャルオフォスとしても利用でき、リモートワークが可能

「銀座ビジネスセンター」はバーチャルオフィスが融合した形のレンタルオフィス。仕事をする場所を問わないwebプログラマーやシステムエンジニアなど、リモートワークが可能な方であれば、バーチャルオフィス機能を使ったワークスタイルを無理なく実践できます。

 

たとえば普段のデスクワークは地元や自宅で行い、東京オフィスにかかってきた電話やFAXは転送で応対することが可能ですし、東京出張時には「銀座ビジネスセンター」の個室を使って打ち合わせや面接対応、事務作業も行えます。

オフィス家具や備品類は無料で利用することができるため、パソコンやスマートフォンのみ持参するだけで仕事が行える環境が用意されている便利さが大変魅力です。

 

「銀座ビジネスセンター」への交通手段

交通アクセスですが、最寄り駅である東京メトロ銀座駅B5番出口からは徒歩で2分、JR有楽町駅からも徒歩で約5分。仙台からは東北新幹線が停車する東京駅からのアクセスも抜群で、疲れを感じることなく移動できます。

 

まとめ

東京オフィスを真剣に考えてみたい仙台市内の企業の方や個人事業の方、「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」は、東京進出をためらっていた企業の悩みを払拭し、すぐにでもオフィス構築を実現できるレンタルオフィスです。ぜひ「銀座ビジネスセンター」を上手く活用して、事業を飛躍的に伸ばしていきませんか?

おすすめの記事