起業や副業用のワークスペース、また企業でのプロジェクト拠点にレンタルオフィスを利用している、検討しているという方は多いと思いますが、都内にあるレンタルオフィスは数が多いばかりか、高級なものから格安なものまで、価格やサービスの幅が広く、自身の用途に適したレンタルオフィスを選び出すのは至難の業ともいえます。

 

そこで今回は、ワークスペースとしてのレンタルオフィスを探している方に向けて、高級レンタルオフィスと格安レンタルオフィスの違いについて解説するとともに、都内にあるおすすめのレンタルオフィスについてご紹介していきます。

 

高級レンタルオフィスと格安レンタルオフィスの違い

中小企業の経営者やフリーランサー、士業の方などに最高のオフィス環境を提供してくれるレンタルオフィスですが、

 

  • エグゼクティブ専用など高級志向のレンタルオフィス
  • 格安を売りにしたレンタルオフィス

 

といった具合に大きく2極化が進んでいます。

 

それぞれの特徴について詳しく見ていくことにしましょう。

 

高級レンタルオフィスの特徴

高級レンタルオフィスは、外資系のレンタルオフィスによって運営されているところが多いのが特徴です。レンタルオフィスが入居しているビルは都心の一等地や駅近の高層ビルであることも多く、内装や家具もハイグレードのものを利用しているので、まさに優越感に浸れるのが高級レンタルオフィスの醍醐味の一つと言えます。

 

値段が高めということもあり、秘書サービスやコンシェルジュサービスなどが充実しているほか、ビジネスラウンジの利用、ドリンクやカフェが無料、世界各地にある系列レンタルオフィスの利用権などが月額利用料金に付帯されており、オプション料金が追加されることはあまりありません。

 

また高級レンタルオフィスの利用者層ですが、ハイグレードのサービスやハイクオリティな施設であることもあって、企業のエグゼクティブや士業、コンサルタントといった職種の方から多くの支持を集めています。中には、グローバル企業のジャパンオフィスとして利用される高級レンタルオフィスも少なくありません。

 

このようにサービスもクオリティも申し分のない高級レンタルオフィスですが、外資系を中心とした高級レンタルオフィスのほとんどはホームページ上から料金確認ができない点がネックとなります。ほとんどの場合「見積対応」または「要問い合わせ」となっているため、明朗会計を求める方やレンタルオフィス契約を急いでいる方にとっては、即決できないのがデメリットとなります。

 

格安レンタルオフィスの特徴

一方で格安レンタルオフィスは、何より「価格」が安いのが特徴です。月額30,000円以下で個室が借りられるレンタルオフィスも登場しており、コスト重視をする方には人気となっています。

 

中には格安ではあるものの、法人登記・口座開設可能な住所利用や秘書サービス、電話代行、郵便物や宅配物対応サービス等を提供してくれるレンタルオフィス、駅から徒歩圏内で通える好アクセスのレンタルオフィスも見られます。

 

ただし格安で提供できるにはそれなりの理由があることも考慮しなければなりません。


たとえば、

 

  • 秘書サービスや電話代行サービスといった各サービス提供がオプションとなっている
  • 簡易的なパーティションで仕切られたタイプのものを個室とうたっている
  • 密閉された完全個室でなく隣との壁部分の上部が開いている
  • 清掃が週に1度しかない、またごみ処理を利用者にゆだねている
  • オフィスビルと名乗るには相応しくないような古びた雑居ビル
  • ネット回線が脆弱

 

といった問題が格安レンタルオフィスの場合にはあることが多く、「安かろう悪かろう」的なレンタルオフィスはなるべく避けたいものです。

 

高級レンタルオフィスと格安レンタルオフィス、選ぶならどっち?

では、高級レンタルオフィスと格安レンタルオフィス、どちらを選ぶのがよいのでしょうか?

 

クライアントとの打ち合わせや商談が優位に働くように、なるべくグレードの高いレンタルオフィスを利用してビジネスメリットを享受したい!という方は、コストが許す範囲内で利用できる高級レンタルオフィスを選びましょう。

 

一方、クライアントを招いた打ち合わせにはほとんど利用しないのでオフィスのグレードは気にしない、という方は格安レンタルオフィスでも問題ありません。

 

もしもレンタルオフィス選びに迷ったときは、

 

  • 毎月支払いが続けられる料金体系か?
  • (住所利用をする場合)法人登記や口座開設可能かどうか?
  • 自宅や仕事場から通いやすいかかどうか?
  • 防音対策やセキュリティ対策、Wi-Fi環境の整備など、オフィス設備が充実しているか?
  • 秘書サービスは安心して任せられるクオリティか(そもそも秘書サービスはあるのか)?
  • オフィスの外観や立地は人に見られて問題ないレベルか?

 

といった点を考慮しながら検討するとよいでしょう。

?

リーズナブルかつ高級感漂う時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

そうは言っても、「格安か高級かの二択ではなく、リーズナブルでありながらも高級感の漂うレンタルオフィスを」という方もいることでしょう。

 

そこでご紹介したいのが、上記のニーズに応えるだけの条件を兼ね備えた、銀座にある時間貸しのレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年に銀座の地でレンタルオフィス事業をスタート、これまで20年以上にわたる運用実績を誇る業界屈指のレンタルオフィスです。東京都中央区銀座6-6-1銀座風月堂ビル5階という、銀座でも超一等地にあり、多くのビジネス関係者に利用され続けています。

 

最寄り駅の東京メトロ銀座駅からは徒歩1分、JR有楽町駅からは徒歩5分、他にも銀座一丁目駅、東銀座駅、新橋駅も徒歩圏内であるほか、東京駅や羽田空港へのアクセスも抜群と交通利便性の高さが魅力です。

 

そんな「銀座ビジネスセンター」をおススメする理由について、下記にまとめてみました。

 

受付秘書のレベルはハイクラス!常時10名の正社員秘書がもてなすレンタルオフィス

銀座ビジネスセンターは月1万円?銀座にオフィスを持つことができるリーズナブルなレンタルオフィスであるものの、そのサービスクオリティは非常に高いことで有名です。

?

特に秘書のレベルはレンタルオフィス業界の中でもトップクラス。

 

銀座ビジネスセンターには月曜?土曜の9時?2045分の営業時間に約10名の秘書が常駐していますが、アルバイトや派遣スタッフが受付対応するレンタルオフィスも多い中、正社員の秘書が常時会員企業のサポートを行っています。

 

電話秘書対応ひとつ取っても機械的な対応でなく自分で考えながら行動してくれるため、たとえば「取次ぐ必要のない電話は取り次がない」、「利用者のイメージを崩さない電話応対を心掛ける」といった臨機応変に対応してくれます。そのため、利用者の中には「まるで自社スタッフのような対応をしてくれる」との声もあり、評判は上々です(一部のプランでは電話対応サービス不可)

 

他にも秘書が行うサービスとして、

 

  • 郵便物や宅配物の受取・転送対応
  • FAX対応
  • 来訪者の受付対応
  • 飲み物の注文(必要時)
  • 個室スペースや会議室利用後の清掃やアルコール消毒
  • データ入力や資料作成などの事務代行

 

などがあります(一部サービスは有料)

 

オフォス備品にもこだわりがあるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」では、受付横のラウンジにカッシーナの高級ソファが並んで置かれていたり、部屋ごとに異なる座り心地の快適なチェアが備え付けられていたり、イタリアのメーカーコロンボデザイン社のハンガー掛けが用意されていたりと、オフィス内装にも強いこだわりが感じられるレンタルオフィス。

 

利用者だけでなく、来訪するクライアントまでもがゆったりした気持ちになれる環境であれば、落ち着いて仕事もできることでしょう。

?

まとめ

東京都内で快適に仕事が行えるワークスペースをお探しなら、月額1万円?というリーズナブルな価格でハイグレードなサービスが受けられるだけでなく、高級感漂うスペースを堪能できるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」を利用してみませんか?

 

銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」なら、外観や内装、備品といったハード面だけでなく、受付秘書の対応などのソフト面も充実したサービスが受けられるので、高級志向の方にはぴったりのレンタルオフィスです。ぜひ「銀座ビジネスセンター」を検討してみることをおすすめします。

おすすめの記事