これから起業を目指して岩手県内にてレンタルオフィスを探す方や、東京進出を試みようとしている岩手県内の企業の方に向けて、東京でレンタルオフィス契約をするメリットについてまとめてみました。

 

岩手県とはどんなところ?

岩手県は東北地方に属する県の1つ。山地や丘陵地の多い緑豊かな地域であり、広大な面積と山岳地形を利用した農林業や畜産業が盛んとなっています。近年では東北新幹線や東北縦貫自動車道などの整備に伴い、企業や工場の誘致にも力を入れるほか、国際リニアコライダーを軸とする国際学術都市構想も打ち出しています。

 

2020年9月現在、岩手県には15,275.01㎢の面積に1,213,589人(32/47都道府県)が居住しています。

 

そんな岩手県の県庁所在地であり最大の都市は「盛岡市」。岩手県の経済・行政・文化の中心地として、県内で最も賑わいを見せるエリアです。今もなお藩政時代の商家や明治期のモダン建築などが残り、歴史情緒溢れる街並みが美しい市街地となっています。市の玄関口となる「盛岡駅」は東北新幹線をはじめ5路線が乗り入れ、県内だけではなく北東北の広域交通網を束ねる一大拠点です。駅周辺は公官庁やオフィス、商業施設などが集中し、老若男女が利用する人気のスポットとなっています。

 

岩手県にある他の主要エリアとしては、県第二位の人口を有する「奥州市」、花巻温泉を擁する「花巻市」、三陸漁場を有する「釜石市」などがあります。

 

岩手県にあるレンタルオフィス事情

岩手県のレンタルオフィスやバーチャルオフィスは、県の中心エリアである盛岡市にわずかに存在している程度です。ほとんどのレンタルオフィスでは個室レンタルと法人登記が可能であり、駅から徒歩圏内にあるのが一般的です。

中には自治体が運営するインキュベーション施設も存在していますが、数が非常に限定的なため、借りたいという場合にも、すでに満室で借りられないといった状況があることも想定しておかなければなりません。

 

盛岡市以外のエリアでレンタルオフィスやバーチャルオフィスを見つけるのは極めて難しく、岩手県内でレンタルオフィスやバーチャルオフィスを探している人や企業は、県外も選択肢に入れて検討するのが良いでしょう。

岩手県内でなく東京のレンタルオフィスを利用するという選択肢

岩手県内で現在起業準備中の方や、岩手県内にある企業が、東京進出を考えた場合に東京のレンタルオフィスをビジネス拠点として検討するには、次のようなケースが想定されます。

 

現在起業準備中の人の場合

IT関連の事業(Webサイト制作やシステム開発、動画関連事業など)といった場所を問わないタイプで起業を準備している方の場合、岩手県内ではなくあえて東京のレンタルオフィスを利用することで多くのメリットが享受できます。

 

たとえば

  • 東京のレンタルオフィスは数が多いため、自分の条件(価格・立地など)に合ったレンタルオフィスを見つけやすい
  • 東京のアドレスで法人登記や銀行口座開設を行えば、東京の企業として振舞え、同県の他社から一目置かれる
  • 東京のレンタルオフィスを拠点にして、幅広いネットワークや人脈形成、販路拡大が期待できる

などが挙げられます。

 

またレンタルオフィスであれば、岩手県内で生活しながら週に1度だけ東京へ出張するといった柔軟な働き方にも対応できますし、事業が軌道に乗れば東京に移住することも夢ではありません。バーチャルオフィスとしての機能があれば郵便物の転送なども安心です。

 

岩手県内で実績がある企業が東京進出を目指す場合

次に岩手県内での実績豊富な企業が東京進出を検討するといった場合、まずはレンタルオフィス契約から様子を見るケースにも活用できます。

いきなり賃貸オフィス契約をしてしまうと初期費用や撤退コストに莫大なコストがかかりますが、レンタルオフィスをうまく活用すれば低リスク・低コストでビジネスをスタートできます。本社機能は地元に残しつつ、営業チームのみ東京オフィスに移転させ、東京市場への参入可否について試験的にトライしてみることが可能です。

岩手県内にある企業が東京のレンタルオフィスを活用するメリットとは?

岩手県内では実績も知名度も十分にあるけれど、全国展開でさらにマーケット拡大を図りたい!という企業が、東京のレンタルオフィスを利用するメリットには次のようなものがあります。

 

低リスク・低コストで東京・全国の市場リサーチができる

地方企業にとって、東京への事業進出には大きなリスクが伴います。
賃貸オフィス契約を前提とした場合、保証金や賃料など以外にもオフィス備品や人件費などに数百万単位の出費がかかりますし、万が一事業展開に失敗した場合のリスク(撤退条件)も考えておかなければなりません。
しかしレンタルオフィス契約であれば、低リスクで東京に拠点を持つことができるだけでなく、低コストで効率的にビジネスを始めることが可能です。本格的に東京進出に乗り出す前に、3か月程度テストマーケティングに利用したり、プロモーション活動をしたりしながら東京進出を検討することに利用できます。

 

岩手県内と比べて東京のマーケットはビジネスチャンスが豊富

岩手県の人口は約120万人と、人口ランキングでは47都道府県32位に位置する比較的人口の少ない地域です。
それに比べて東京は約1,400万人が居住しており日本最大のマーケット規模を誇ります。

さらに東京にオフィスを構える企業や研究機関の数は群を抜いており、岩手県内と比べてもビジネスチャンスが豊富にあることは間違いありません。つまり東京でビジネスチャンスを掴むことができれば、更なるマーケットの拡大や知名度アップも期待できます。

 

東京のど真ん中、銀座エリアにあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

そこで、岩手県内から東京進出を考える企業にぜひおススメしたいのが、東京都中央区銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年から運営スタートした業界でも老舗のレンタルオフィス。20年という長きにわたって競合ひしめく銀座でレンタルオフィス運営を続けており、安心と信頼があるレンタルオフィスです。
中小企業や士業の方のオフィスとしてだけでなく、大企業がプロジェクト単位で利用するなど、様々なシチュエーションで選ばれているのが特徴です。

 

「銀座ビジネスセンター」がある銀座6丁目の銀座風月堂ビル周辺は、有名百貨店や高級ブランド店、老舗企業が立ち並ぶ日本の最先端エリア。東京メトロ銀座駅B5番出口からは徒歩12分、JR有楽町駅からもおよそ5分で利用できるため非常にアクセスがよく、クライアントも招きやすい環境です。

さらに羽田空港や新幹線の停車駅である東京駅や品川駅からのアクセスも抜群で、地方との往来が多いビジネスパーソンにも便利なレンタルオフィスとなっています。

 

東京のレンタルオフィスで「銀座ビジネスセンター」をおススメする理由

東京にたくさんレンタルオフィスがある中でも「銀座ビジネスセンター」をおススメする理由をいくつかまとめました。

 

オフィス家具や備品が完備。PCやタブレット、スマホがあれば即ビジネススタートが可能

「銀座ビジネスセンター」では、必要書類の提出や申込書の記入、捺印、入会金と基本料金の支払いにより契約が締結します。スムーズにいけば即日で契約完了となりすぐビジネスを開始することができます。

「銀座ビジネスセンター」には、机や椅子、ホワイトボードなどのオフィス家具、プロジェクターややスキャナー、コピー機やFAXなどの備品類も完備。業種にもよりますが、パソコンやタブレット、スマートフォンさえあればすぐにでもビジネススタートできる環境が用意されています。

 

電話の音や打ち合わせの声が漏れない完全個室

「銀座ビジネスセンター」は、22ある個室スペースや会議室といった部屋を必要な時間だけ借りることができる時間貸しのレンタルオフィス。各個室は全室天井まで密閉されたつくりとなっています。レンタルオフィスの個室といっても、パーテーションで区切られただけのもの、上部分が開いているタイプのものなど密閉されていないところも多くありますが、「銀座ビジネスセンター」はそんなことはありません。
そのため通話や打ち合わせの際、声漏れに気を使うこともありませんし、場所を移動する必要もありません。

その上「銀座ビジネスセンター」はほとんどの部屋で窓付きの個室が用意されているため、圧迫感もなく快適に利用できます。

 

銀座ビジネスセンターまでの交通手段

岩手県から「銀座ビジネスセンター」のある銀座まで行く場合には新幹線利用が一般的です。

岩手県の主要駅である盛岡駅から東京駅は新幹線で最速2時間10分ほど、一ノ関からは2時間程度となっています。東京駅から「銀座ビジネスセンター」までは、JR山手線を利用して有楽町駅へ約2分、そこから徒歩5分ほどとなっています。また、東京駅からタクシーを利用する場合には、銀座までは1000円以内で移動可能です。

 

他に高速バスという移動手段もありますが、時間がかかるので忙しいビジネスパーソンには不向きと言えるでしょう。

 

まとめ

岩手県内にてレンタルオフィスの利用を検討している起業準備中の方、また東京進出を目指す岩手県内の企業にとって「銀座ビジネスセンター」は、誰もが気軽に安心して利用できるレンタルオフィスです。
ぜひこの機会に「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」を活用して東京進出を試みるのはいかがですか?

おすすめの記事