岐阜県内にお住まいで起業を目指しレンタルオフィスを探している方や、新事業立ち上げに向けて東京進出を検討している岐阜県内の企業に向けて、東京のレンタルオフィス契約をするメリットについてまとめてみました。

 

岐阜県とはどんなところ?

岐阜県は、中部地方に位置する内陸の県です。

県内は南部の美濃地方と北部の飛騨地方に二分されており、前者は流通・産業の面で愛知県との繋がりが深いエリア、後者は飛騨山脈をはじめとする山岳地帯で日本海側にも近く、富山県との結びつきが強い地域となっています。

 

岐阜県の観光名所には、世界遺産にも登録された「白川郷の合掌造り」、日本三名湯の1つである「下呂温泉」、国選重要伝統的建造物群保存地区として有名な「飛騨高山の古い町並み」などがあり、見どころが豊富です。

 

2020年8月現在、岐阜県には10,621.29㎢の面積に1,977,334(17/47都道府県)が居住しています。

 

そんな岐阜県の県庁所在地で最大の都市は「岐阜市」。

「岐阜市」は、県の行政と商業の拠点であり、多くの市民が名古屋市へ通勤・通学する衛星都市としての側面も持っています。市内の中心は岐阜駅周辺で、オフィスや商業施設が数多く立ち並び賑わいを見せるエリアです。
名古屋都心部への交通アクセスがよく、近年その利便性が見直され、再開発事業が進む地域でもあります。

 

岐阜県にある他の主要エリアとしては、日本列島のほぼ中央に位置する「大垣市」、かつては中山道の宿場町として栄え現在は工業都市として発展した「各務原市」、美濃焼の産地として有名な「多治見市」などがあります。

 

岐阜県にあるレンタルオフィス事情

岐阜県のレンタルオフィスやシェアオフィスは、県の中心地である岐阜市、大垣市、各務原市にいくつか存在しています。いずれも法人登記可能・比較的安価な金額で借りることができるようです。
ただし、創業・新分野での進出を目指す企業や個人を対象にしたものや、契約期間が5年以内と限定されているものなど、条件設定がされているオフィスも多く、誰もが簡単に入居できる訳ではありません。

また、ほとんどのオフィスは個室完備となっていますが、人気が高く空きが少ないことも多く「利用しようと思ったら満室だった…」というケースもあります。

 

岐阜県内でなく東京のレンタルオフィスを使うという選択肢

岐阜県内で起業を考えている方、東京進出を検討している岐阜県内の企業が、東京のレンタルオフィスの利用を考える場合には、大きく次の2つのパターンが想定されます。

 

現在起業準備をしている人の場合

IT関連の事業で起業を志す方や士業、コンサルタントなどで新たなビジネス展開しようと考えている人が、あえて東京のレンタルオフィスを利用して起業および法人登記を行うケースです。

東京のレンタルオフィスで法人登記や口座開設を行えば、クライアントからの信頼や安心感を高めることができます。また東京でビジネス展開する場合、案件規模や取引企業も地方に比べて大きい傾向にありますので、事業スピードも早まります。

 

岐阜県内で実績がある企業が東京進出する場合

もう一つは、岐阜県内では既に知名度を誇る企業が全国展開を図るための布石として東京進出を考えている場合、最初のステップとして東京のレンタルオフィスを活用するケースです。

すでに東京のレンタルオフィスを東京営業所として位置づけ、本社から派遣された少人数スタッフで営業の感触を確かめたり、市場調査を行ったりしている地方企業も多数ありますので、やるなら早いに越したことはありません。

 

岐阜県内にある企業が東京のレンタルオフィスを活用するメリット

岐阜県内ではそれなりに知名度はあるものの、東京進出によってさらに認知度アップを図りたい!という企業も実は多いのではないでしょうか?そんな岐阜県内にある企業が東京のレンタルオフィスを利用するメリットには次のようなものがあります。

 

東京の人口は岐阜の人口の7倍! 東京ならビジネスチャンスが広がる

東京は日本中から企業や研究施設が集まる大都市でもあり、人口は1,400万人を誇ります。その数は岐阜県人口の7倍にあたり、圧倒的な分母差があります。地方経済が鈍化・衰退している現在、地元にいるよりも東京進出によってビジネスチャンスを格段に広がることができます。そこで効率的に活用したいのが東京のレンタルオフィスです。

 

レンタルオフィスを利用すれば低コスト・低リスクで東京オフィスが持てる

東京への事業進出への大きなハードルとなるのはコスト面や事業の成否に伴うリスク部分ではないでしょうか。
「できるだけ低コスト・低リスクでスタートできれば、東京進出をしたいのに」と考えている企業もあることでしょう。

 

そこで東京のレンタルオフィスを活用すれば、初期費用を抑えながらリスクを低く東京オフィスを持つことができます。最初から大きな賃貸オフィス契約をすることなく、本社から数名のスタッフのみを派遣してレンタルオフィスを利用し、東京マーケットで自社製品のニーズがあるかどうかを確かめてみるといった利用ができます。

地方企業でも安心して利用できるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

そこで岐阜県から東京進出を考える企業にぜひおススメしたいのが、東京都中央区銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年から運営スタートし、20年という長きにわたり銀座でレンタルオフィス事業を展開する業界の先駆者ともいえる存在。東京の銀座という一等地にあり、最寄りの東京メトロ銀座駅B5番出口から12分、JR有楽町駅からはおよそ5分と交通アクセスも抜群で、地方企業の東京進出を後押ししてくれます。

 

また地方と東京を行き来するビジネスパーソンには羽田空港や新幹線の停車駅となる東京駅・品川駅からのアクセスも気になるところですが、いずれも30分圏内と非常に優れたロケーションとなっています。

 

東京のレンタルオフィスの中でも「銀座ビジネスセンター」をおススメする理由

東京で無数にあるレンタルオフィスの中で、なぜ「銀座ビジネスセンター」がおススメなのか?その理由を以下にまとめてみました。

 

3つのプランから事業規模に合わせて自由に選択可能

「銀座ビジネスセンター」は、22ある個室スペースや会議室といった必要な部屋を必要な時に必要な時間だけ借りることができる時間貸しのレンタルオフィス。

料金は「月額10,000円」「月額25,000円」「月額50,000円」の3つから選べ、プランによって利用できるサービスが異なりますが、いずれのプランでも法人登記や口座開設が可能、さらに常駐秘書による受付応対サービスや郵便物の引受・転送サービスが受けられます。事業規模や用途に合わせて自由に選択できるのが特徴となっていますので、スモールスタートから始めようと考えている地方企業の方でも安心して利用できます。

 

また、個室スペースは空きがあれば会員ならいつでも利用することができますが、月額50,000円のプランの場合に限り20時間分の利用料金込み(1か月32,000円分)となっています。

 

個室利用料金

1~6名様部屋 400/15(1,600/時間)
8~10名様部屋 800/15(3,200/時間)
16名様部屋 1,600/15(6,400/時間)

5分単位で利用可能。キャンセル料はかかりません。

 

常駐秘書が提供してくれる丁寧かつ質の高いおもてなしサービス

銀座ビジネスセンターには10名ほどの秘書が常駐しており、月曜から土曜の9時~2045分までの間、丁寧で正確なサービスを提供しています。他のレンタルオフィスを利用したことがある会員企業の方からは「非常に質が高い」「間違えがなく安心できる」との評判です。

 

例を挙げると

  • 電話は3コール以内に出る
  • かかってきた電話内容を瞬時に判断し、その場にあった適切な応対をしてくれる
  • 郵便物や宅配物の受取や転送対応の間違いをしない
  • いつも笑顔で対応してくれる
  • 困りごとに対してもしっかり話を聞いてくれる

 

などビジネスマナーをわきまえた対応をしてくれるため、安心して秘書業務を任せることができます(秘書業務の内容はプランによって異なる場合があります)

 

銀座ビジネスセンターまでの交通手段

岐阜県内から「銀座ビジネスセンター」への移動は、新幹線を利用することになります。まずは岐阜県内から名古屋駅まで出て、東京駅までは「JR東海道新幹線」でおよそ1時間30分。東京駅から「銀座ビジネスセンター」のある有楽町までは「JR山手線」で1(2)ですが、東京駅からはタクシーのほうが移動手段としては便利です。1,000円以内で銀座まで移動できます。

 

まとめ

岐阜県内でレンタルオフィスを検討している起業予定の方や、東京進出を視野に入れている岐阜県内の企業にとって、東京の銀座にある「銀座ビジネスセンター」は、地方企業の方が利用するにも安心・信頼性の高いレンタルオフィスです。

 

東京都内にあるたくさんのレンタルオフィスの中でもおもてなしの心で満ち溢れた「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」で東京進出をスタートしてみませんか?

おすすめの記事