起業に向けて広島県内でレンタルオフィスを探している方や、東京進出を目指している広島県内の企業に向けて、東京のレンタルオフィス契約をするメリットについてまとめてみました。

 

広島県とはどんなところ?

広島県は中国地方にある、海と山の豊富な自然に恵まれた地域です。

広島都市圏と備前都市圏を中心に商業や工業が盛んな一方、農業や漁業が盛んなエリアとしても知られ、「日本の縮図」と呼ばれることもあります。

 

観光名所としては、世界で初めて核兵器による攻撃を受けた広島市にある「原爆ドーム」、海上に浮かぶ朱塗の大鳥居で知られる「厳島神社」、日本で唯一潜水艇を見学できる「海上自衛隊呉資料館」などがあります。

 

2020年8月現在、広島県には8,479.64㎢の面積に2,798,596人(11/47都道府県)が居住しています。

 

広島県の県庁所在地は「広島市」。政令指定都市でもあり、中国・四国地方における最大の都市です。
広島県の行政・経済の中心として、多くの企業や金融機関、商業施設などが軒を連ね、賑わいを見せています。

都会でありながら自然も豊富で、子どもからお年寄りまで幅広い世代が暮らしやすい街としても人気があります。

 

そんな広島市の玄関口となるのは「広島駅」です。広島駅は新幹線をはじめ5路線が乗り入れる県内のターミナル駅。オフィス街である八丁堀・大手町などのエリアへは市内を走る広島電鉄で10分少々で行くことが出来ます。

 

広島県にあるその他の主要エリアには、中核市にも指定されている「福山市」、防衛・軍事施設が観光資源になっている街「呉市」などがあります。

 

広島県にあるレンタルオフィス事情

広島県のレンタルオフィスやバーチャルオフィスは、県の中心地である広島市に集中しています。

個室スペースに関しては人気も高く空きが少ない上、費用も比較的高めです。利用の際には初期費用なども含めてよく検討したいところです。

 

また東広島市や呉市の場合、新規事業展開を図ろうとする地方企業や新規創業者向けのインキュベーション施設として個室利用が可能なレンタルオフィスが複数存在しています。こちらは入居条件が細かく定められているケースも多く、利用したくても簡単には利用できないことも想定しておきましょう。

広島県内でなく東京のレンタルオフィスを使うという選択肢

広島県内で起業を目指して準備している方、また東京進出で新規開拓を試みようとしている広島県内の企業が、東京のレンタルオフィスの利用を検討する場合には、おそらく次の2つのパターンが考えられます。

 

起業準備中の人の場合

テレワークやノマドワークなど、場所を選ばないタイプの起業を検討している場合、あえて東京のレンタルオフィスを利用して起業および法人登記するケースです。

 

東京のレンタルオフィスで法人登記を行えば、東京の企業としてクライアントに接することができますので、事業規模や案件単価が大きくなる可能性が高くなります。ベースが広島でも東京に進出しているということを見せることによって、新興企業ながらエネルギッシュな会社である印象を与えることが出来ます。

東京のレンタルオフィス契約をしておけば、広島県内に住みながら定期的に打ち合わせのために東京出張する、といった利用も可能です。

 

広島県内で実績がある企業が東京進出する場合

もう一つは、広島県内ではある程度知名度も獲得した企業が、新たなマーケットを求めて東京進出する場合、初期投資を抑えるためにレンタルオフィスを利用するケースです。

コストやリスクを考えてこれまでなかなか東京進出に踏み切れなかった企業でも、まずはレンタルオフィスからスモールスタートして東京の拠点を作り、営業活動を行っている例も少なくありません。

 

広島県内にある企業が東京のレンタルオフィスを活用するメリット

広島県内ではそれなりに知名度も実績もあるものの、さらなる販路開拓に向けて東京進出を検討している企業が、東京のレンタルオフィスを利用するメリットとには、次のようなものがあります。

 

東京の人口は広島のおよそ5倍!東京で営業するほうが営業効率は高い

東京都の人口1,400万人に対し、広島県の人口は270万とおよそ5倍の人口がありその差は歴然です。母数が大きければその分ビジネスチャンスが広がり、新規開拓も行いやすくなります。

 

また広島で活動をするよりも東京をベースに営業するほうが営業効率がいい点もメリットです。

広島は大部分を中国山地に囲まれた山が多いのが特徴で、広島市内を出ると車がなければ移動手段がほとんどありません。車で片道2時間かけて営業するといったことも普通にあります。

その点、東京であれば電車での移動手段も充実していますし、都内近郊であれば1時間程度でどこでも移動できますので、広島で営業する数倍の機動力を持って新規顧客開拓に勤しむことが可能となります。

 

レンタルオフィスを利用すれば低リスク・低コストで東京進出が可能

東京進出を狙う企業の経営者の方ならば、できるだけリスクは少なく、なるべくお金をかけずに東京にオフィスを持ちたい、というのが本音ではないでしょうか。

 

もし賃貸オフィス契約をした場合、オフィス契約にかかる保証金や敷金、月々のランニングコストに加え、内装費、オフィス家具や備品類の調達、スタッフの採用コスト、社員の人件費などに数百万~数千万近くかかることになります。

 

しかしレンタルオフィスであれば、初期費用やランニングコストも大幅に抑えることもできますし、撤退リスクを視野に入れながら東京での営業戦略を進めることができます。レンタルオフィスを拠点に数名の営業部隊のみ東京に派遣し、本社と連携を取りながらビジネスを行うことも可能です。

地方企業の東京拠点に最適なレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

そこで広島県から東京進出を考える企業にぜひおススメしたいレンタルオフィスが、東京都中央区銀座にある「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年から運営スタート、レンタルオフィス業界の先駆者として20年という長きにわたり銀座でレンタルオフィス事業を続けています。最寄り駅は東京メトロ銀座駅またはJR有楽町駅、その他銀座一丁目や東銀座、新橋などからも歩けるほどの距離です。

また、羽田空港や新幹線の停車駅でもある東京駅や品川駅からも30分圏内と、国内外への出張が多い企業の方にも利用しやすいロケーションでもあります。

 

東京にレンタルオフィスの中でも「銀座ビジネスセンター」をおススメする理由

東京にあるレンタルオフィスの中でも、なぜ「銀座ビジネスセンター」がおススメなのか?その理由を簡潔にまとめました。

 

常時10名の秘書による一流のおもてなし

銀座ビジネスセンターには月曜から土曜の9時~2045分までの間、10名ほどの秘書が常駐しています。非常に高いスキルと一流のおもてなしを学んだスタッフが揃っており、丁寧かつ正確なサービスを提供してくれます。

 

電話の応対時を例に挙げると、単なる営業電話の場合には取次ぎを断わってくれたり、外出時に重要な電話がかかってきた場合にはメールまたは電話で即座に連絡をくれたり、3コール以内に応対する、といった具合に素早く臨機応変に対応してくれます。

他のレンタルオフィスサービスの中には、用件のみ取り次ぐだけの対応をされるところもあり、クライアントに不信感を与えてしまうところもあるようですが「銀座ビジネスセンター」ではそのようなことは一切ありません。対応の良さをお褒め頂くこともあります。

 

他にも秘書サービスには

  • 郵便物や宅配物の受取・保管・転送対応
  • FAX対応
  • 急な来訪者への受付対応
  • 飲み物の注文対応
  • アルコール消毒や清掃対応
  • 事務作業の代行

 

など、すべてにおいておもてなしの心を持って対応してくれます(一部のサービスは別途費用となります)

 

月額1万円から、事業規模や事業形態に合わせてプランが選べる

「銀座ビジネスセンター」は、22ある個室スペースや会議室といった必要な部屋を必要な時に必要な時間だけ借りることができる時間貸しのレンタルオフィス。

料金プランは「月額10,000円」「月額25,000円」「月額50,000円」と3つ用意されています。

プランによって利用できるサービスは異なりますが、いずれのプランでも法人登記や口座開設が可能なため、銀座のアドレスを利用することが出来ます。

 

個室スペースは空きがあれば会員ならいつでも利用することができますが、月額50,000円のプランの場合に限り20時間分の利用料金(1か月32,000円分)が含まれています。個室を頻繁に利用するのであれば、月額50,000円のプランが断然お得です!

 

銀座ビジネスセンターまでの交通手段

広島県内から銀座ビジネスセンターへの移動に関してですが、飛行機でも新幹線もほぼ同じくらいの時間がかかります。

 

まず飛行機の場合ですが、広島市内から広島空港までは約1時間半、羽田空港までのフライト時間は約1時間25分です。羽田空港から銀座へは、東京モノレールの場合、浜松町まで行き「JR山手線」に乗り換え新橋駅まで約25分。

京急線では、エアポート急行で東銀座駅まで行き(35)、そこから徒歩または「東京メトロ日比谷線」で銀座駅まで行くルート(1)だと乗り換えが少なくて済みます。全体の移動時間を踏まえると4時間程度の時間を要します。

 

新幹線の場合、広島駅から東京駅まで約4時間かかります。移動時間はあまり変わりませんが、移動時に立ったり座ったりできる飛行機での移動を好むビジネスパーソンも多いです。

 

まとめ

広島県内でレンタルオフィスを検討していた起業準備中の方や、東京での展開を考えている広島県内の企業にとって、東京都中央区銀座にある「銀座ビジネスセンター」は、地方企業でも安心して利用できるホスピタリティあふれるレンタルオフィスです。

 

この機会に「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」を有効活用して東京進出を実現してみるのはいかがでしょうか?

おすすめの記事