バーチャルオフィス 比較

一人会社や個人事業主といった方には、ビジネス上自宅住所を醸し出したくないという方もいるのではないでしょうか。そんな時に役立つのが「バーチャルオフィス」。オフィスと言ってもバーチャルなので、利用者が実際に出向いて仕事ができるわけではありません。バーチャルオフィスでは、住所貸しや郵便物や宅配便の受け取り・転送などといったサービスを展開しているため、「ビジネス戦略上、知名度の高いエリアで住所を構えたい」、「女性の一人暮らしだから自宅住所を公開するのは不安」「支店や営業所として活用したい」といった企業の方におすすめのオフィス形態です。

しかしながら、一言でバーチャルオフィスと言っても、さまざまなタイプが存在します。そのため自分のあったバーチャルオフィスを探すうえでもどのようなタイプがあるのかを知っておきたいところでしょう。

今回は、バーチャルオフィスの2つのタイプを比較するとともに、おすすめのバーチャルオフィスについてもご紹介していきます。

バーチャルオフィスの2つのタイプ

バーチャルオフィスは、主に

  • バーチャルオフィス専門
  • バーチャルオフィスやコワーキングスペースとレンタルオフィスのハイブリッド型

という2つの形態に分類することができます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

バーチャルオフィス専門

「バーチャルオフィス専門」タイプとは、物理的なスペースを持たない「住所貸し」スタイルのオフィス形態です。近年では、コロナ禍の影響でリモートワークが普及し、オフィスを構えずとも、近隣カフェや自宅などで自由に仕事ができるようになりました。とはいえ起業時やフリーランスとしての事業所として、拠点となる住所は必要です。しかし、法人登記や開業する住所を自宅にするとセキュリティ的に不安、ということもあることでしょう。そんな時におすすめなのが、「バーチャルオフィス専門」タイプです。

このスタイルでは、比較的低コストで法人登記や口座開設時に使用できる住所が利用可能。物理的になじみのない場所にあるレンタルオフィスでも契約することができ、「地方に住んでいるけれども、会社アドレスは都内に置きたい」といったニーズにも応えてくれます。最近は住所貸しだけでなく、郵便物や宅配便の受け取りや転送、電話・FAX代行サービスなどを展開しているバーチャルオフィス専門業者も多いようです。こうしたサービスを利用すれば、わざわざ事務スタッフを雇わずとも、効率的にビジネスを行えます。

バーチャルオフィスやコワーキングスペースとレンタルオフィスのハイブリッド型

バーチャルオフィスの中には、レンタルオフィスやコワーキングスペースなどのワークスペースとハイブリッドされている施設も少なくありません。

こういった施設では、

  • バーチャルオフィスのみの利用
  • コワーキングスペースやレンタルオフィスのみの利用
  • ワークスペースを利用しながら、法人登記用の住所・郵便物

受け取り用の住所(バーチャルオフィス)としても利用

といったパターンから、プランを選んで利用できるケースがほとんどです。そのため普段はバーチャルオフィスとして利用しつつ、来客がある場合にはレンタルオフィスを活用して打ち合わせを行ったり、面談を行ったりする、といった使い方もできます。特に時間貸しタイプのレンタルオフィスやコワーキングスペースなどとセットになったプランでは、利用時間に応じてフレキシブルに利用でき、月に数回は必ず対面で打ち合わせをする必要がある方などにおすすめです。

都内におけるバーチャルオフィスの比較

では、都内にはどのようなバーチャルオフィスがあるのか、チェックしていきましょう。ここでは、都内でも有数のビジネス街かつ世界的な知名度を誇る「銀座エリア」のバーチャルを比較していきますので、バーチャルオフィス選びの参考にしてみてください。

  エリア 形態 サービス 費用
バーチャルオフィスA 銀座一丁目 ハイブリッド型 バーチャルオフィスプラン 月額25,900円~

※初期費用別

バーチャルオフィスB 銀座七丁目 バーチャルオフィス専門 ファーストプラン 月額11,000

※初期費用別

バーチャルオフィスC 銀座七丁目 バーチャルオフィス専門 ビジネスプラン 月額9,790

※初期費用別

都内でバーチャルオフィスを探すなら銀座エリアにある「銀座ビジネスセンター」が最適

ここまでバーチャルオフィスのタイプや、料金・サービスの比較を行ってきましたが、実際にバーチャルオフィスを選ぶとなると、「どのように探せばよいかわからない」と思う方もいるのではないでしょうか。もし、レンタルオフィスとしても利用可能な「便利でコストパフォーマンスのよいバーチャルオフィス」を探しているなら、知名度抜群の銀座エリアにある「銀座ビジネスセンター」がおすすめです。

「銀座ビジネスセンター」は2000年に銀座で運営をスタート、これまで20年以上にわたりレンタルオフィスの運営を続けている業界の先駆者です。中小小規模事業者や個人事業主、士業のビジネス拠点として、また地方企業の東京営業所、大企業の短期プロジェクト利用時など、幅広い事業や用途に使用されています。地方企業の場合にはバーチャルオフィスとして利用するのがメインとなりますが、東京の営業所として地元にいても郵便物などを受け取ることができたりと大変便利です。

そんな「銀座ビジネスセンター」銀座エリアに数あるバーチャルオフィス・レンタルオフィスの中でもなぜおすすめなのか、その理由について下記にまとめてみました。

バーチャルオフィスとしての利用だけなら月額11,000円と大変リーズナブル!

「銀座ビジネスセンター」の料金プランには「月額11,000円」「月額22,000円」「月額27,500円」「月額55,000円」の4つがあります。なかでも、バーチャルオフィスとしての利用)がメインなら、月額11,000円の料金のみで十分なサービスを受けることは可能です。個室利用は1時間1,760円~となっており、利用した分だけの精算となっています。

月額11,000円のプランには、法人登記、銀行口座に必要な銀座アドレスの利用が可能なことだけでなく、秘書による来訪者への受付対応や郵便物・宅配物の受取・保管・転送対応が含まれます。電話対応が必要となる場合には「03発信の専用電話番号利用」「秘書による電話対応」「留守番電話システム利用」が付いた月額22,000円のプランを、また、電話に加えてFAX対応も必要な場合には「専用FAX番号」の付与、「秘書によるFAX対応・転送」が付いた月額27,500円のプランを選ぶことも可能です。最上位プランとしては、個室利用20時間分が付いた月額55,000円プランがあり、予算や事業内容、事業ステージに応じて最適なプランを選択できる点が魅力のバーチャルオフィス兼レンタルオフィスとなっています。

現在のところ入会金は0円ですので、バーチャルオフィスがどんなものか試してみたい方はお気軽にお問い合わせしてみるのも良いかもしれませんね。

知名度抜群の「銀座」アドレスが利用できるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は東京都中央区銀座6-6-1銀座風月堂ビル5Fにアドレスを持つバーチャルオフィス兼レンタルオフィス。銀座というと「高級感」「品位がある」「一流が集う街」といったイメージを持つ方もいると思いますが、ビジネスにおいて銀座にオフィスがあるということは、「対外的な信用を得られる」「(実際はそうでないとしても)家賃の高いエリアにオフィスを構えられる安心できる会社」という印象を与えることができます。東京に拠点がない地方企業やまだ実績が少ないスタートアップ企業などには最適です。

まとめ

東京都内でバーチャルオフィスだけの利用に限らず、レンタルオフィスとしての個室スペース利用も考慮するなら「銀座ビジネスセンター」の利用を検討してみませんか?バーチャルオフィスとしてのサービス内容はもちろん、リアルな個室利用も行える「銀座ビジネスセンター」、大変おススメです。

おすすめの記事