墨田区で起業して事業を始めたい、本店以外の新たな支店を構えたい、プロジェクトごとに仕事場を確保したいなどと考えている方にとって、後悔しないレンタルオフィス候補地の選び方についてまとめてみました。

墨田区とはどんな街?

墨田区とはいったいどんな街なのでしょうか?

 

墨田区は東京スカイツリーで有名なエリアで、両国国技館や江戸東京博物館といった名所があることでも知られています。20205月現在、この墨田区には13.77?のエリアに271,070(16/23区中)の人が居住しています。

 

昔は町工場がひしめく「ザ・東京の下町」というイメージでしたが、近年は東京スカイツリーを中心とした東京スカイツリータウンの開発により、商業施設やオフィスの進出など、街全体の雰囲気も下町のイメージから大きく変わりつつあります。

 

そんな墨田区の中心となる代表的な街といえば錦糸町。

錦糸町駅の南口には飲み屋やパブ、場外馬券場などがある歓楽街が栄えており、アジア系をはじめとした外国人も多く居住しています。その一方で北口は、バスロータリーを囲むようにアルカキット錦糸町やオリナス錦糸町などの商業施設があり、生活しやすい地域としてとしてファミリー層にも人気があります。

 

その他錦糸町以外にも墨田区で人気のエリアには、両国や曳舟、業平、駒形、押上などがあります。

墨田区にあるレンタルオフィス事情

そんな墨田区にもレンタルオフィスやシェアオフィスは数多く存在しており、個室完備のもの以外にもコワーキングスペース、バーチャルオフィスなどの機能を持ったオフィスが錦糸町や両国を中心に点在しています。

 

墨田区にあるレンタルオフィスの特徴としては、小規模運営のところも多く、用意されている部屋数が20にも満たないところも数多くあります。そのため個室スペースを提供しているレンタルオフィスは満室のところも多く、常に空室を待っているのが現状です。

墨田区のレンタルオフィス賃料イメージ

エリア 総戸数 広さ 使用料
レンタルオフィスA 両国 9部屋 10~20 34,000円(共益費別)
レンタルオフィスB 錦糸町 16部屋 - 28,000~41,000(共益費込)
レンタルオフィスC 錦糸町 19部屋 3~17 38,500~191,500

 

これらのレンタルオフィスもほとんど空きがありません(2020619日現在)

ちょっと待って!法人登記するレンタルオフィス候補地の決定は慎重に

墨田区で法人登記ができるレンタルオフィスを探すなら、錦糸町などの主要駅近くにあるレンタルオフィスを利用するのがベストでしょう。

 

でもちょっと待ってください!
先ほど見ていただいたように墨田区のレンタルオフィスでは個室に空きが少なく、仮に利用できたとしても部屋利用しなくても固定費がかかってしまうレンタルオフィスに問題はないでしょうか?

 

レンタルオフィス候補地選びは慎重に行わなければ、後々面倒が生じてしまい、後悔してしまう可能性が高くなってしまうものです。たとえば一度法人登記すると簡単には移動できませんし、法人移転登記の際には費用も掛かかります。同一区内の場合(管轄登記所内移転)30000円、別の区への移転(管轄登記所外移転)の場合、60000円の登録免許税が掛かってしまいますし、司法書士に代行を依頼する場合には別途手数料も掛かります。

さらに印刷物の住所変更などに掛かる費用など、移転に掛かる諸経費も頭に入れておかなければなりません。

 

費用的な問題以外にも、代表電話番号が変更されてしまう、税務関係の移転手続きや社会保険や年金の移転届、銀行への住所変更連絡といった面倒な手続きも発生します。従業員がいる場合には、オフィス移転によって退職する社員もでてくる可能性もあるでしょう。

交通アクセス・立地にも申し分ない「銀座ビジネスセンター」という選択肢

そこで墨田区でレンタルオフィスを検討している皆さん!交通アクセスも良く、銀座の住所で法人登記が行える「銀座ビジネスセンター」を利用してみる、という選択肢はいかがでしょう?

 

「銀座ビジネスセンター」は創業が今から20年前の2000年、レンタルオフィス業界のリーディングカンパニーとしてこれまで銀座の地で事業を行ってきた会社です。現在は、銀座6丁目にある銀座風月堂ビルという一等地に450㎡のワンフロアーを使ったバーチャルオフィスと22の個室を「時間貸し」するサービスを行っています。

銀座ビジネスセンターで法人登記をおススメする理由

銀座で法人登記が行えてオフィスを借りることができるのは、事業を始める上でも大変メリットがあります。

 

銀座は世界中の人が誰でも知っている地名

銀座は日本人なら誰でも知っている有名な場所であり、外国人も日々訪れる世界的にも有名なエリアと言えます。そんな銀座で法人登記を行うことができ、オフィスを持てるということであれば、事業を行っていく上でメリットを数多く享受することができるでしょう。

 

たとえば名刺やホームページに書かれた住所によって、相手に与える企業イメージもアップしますし、「銀座ビジネスセンター」で法人登記を行うことによって、都市銀行の銀座支店の口座開設が可能となります。

 

クライアントもアクセスしやすい便利な環境

「銀座ビジネスセンター」のある銀座6丁目ですが、いくつかの路線が乗り入れるエリアとして交通アクセスも非常によく、クライアントを呼びやすい環境にあります。また、商談スペースもクライアントに対し自信を持ってご利用いただける仕様となっていることから、仕事上の信用度を高めるのにも最適です。

 

ビジネスをスタートするのに必要な備品が完備

さらに「銀座ビジネスセンター」では、ビジネスをスタートするのに最低限必要となるネット環境やホワイトボードといった備品類が完備、無料で利用することができます。起業したばかりで、コストをセーブしたいという方でも安心して利用できるのはとても魅力です。

墨田区から銀座ビジネスセンターまでの交通手段

そんな「銀座ビジネスセンター」へのアクセスですが、墨田区の主要駅からでも比較的スムーズに移動できます。

 

錦糸町駅の場合

錦糸町駅は「JR総武線」、「JR総武本線」、「東京メトロ半蔵門線」の3路線がありますが、東京駅・秋葉原駅などの主要駅へも乗り換えなしでの移動が可能な上、銀座駅、東銀座駅には乗り換え1回でアクセスできます。

 

押上駅の場合

押上駅は「京成押上線」、「東京メトロ半蔵門線」、「都営浅草線」、「東武伊勢崎線」の4路線があります。銀座駅へは1回乗り換え(32)、東銀座駅へは都営浅草線で乗り換えなし(14)で行くことができます。

 

両国駅の場合

両国駅は「JR総武本線」「都営地下鉄大江戸線」の2路線があります。両国から銀座までは総武線で御茶ノ水乗り換え、東京メトロ丸の内線利用により30分ほどで行くことができますし、有楽町駅を利用する場合、秋葉原駅乗り換えだと21分で移動できます。

まとめ

このように、現在墨田区でレンタルオフィスを探している方でも「オフィス候補地にはこだわりを持ちたい」、「法人登記後の移転手続きなど煩わしいことはできればしたくない」という方であれば、「銀座ビジネスセンター」は法人登記から口座開設をスムーズに行うことを可能にし、あなたの新しいビジネスのスタートを円滑に進めてくれるだけでなく、さらには企業ステータスを高めてくれます。

 

個室の空きを待ちながら墨田区内のレンタルオフィスを探すより、「銀座ビジネスセンター」のホームページ(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)にまずはアクセスしてみるのはいかがですか?

おすすめの記事