もし皆さんが法人を立ち上げようとする場合、また個人事業主として開業しようとする場合には拠点となる住所が必要です。その際「住所だけがあればよい」という方であればバーチャルオフィスがおススメ。バーチャルオフィスは契約も簡単ですし、何より余計なコストをかけることなく事業をスタートすることができる、おススメのオフィス形態です。

今回は東京都内でバーチャルオフィスを検討する場合に注意すべきポイントや、おすすめのバーチャルオフィスについて紹介していきます。

 

バーチャルオフィスとは?

バーチャルオフィスとは、「仮想オフィス」という意味の通り、物理的なオフィスではなく「住所貸し」タイプのオフィスを指します。バーチャルオフィスは、物理的なスペースが伴わないことや利用料金を安く済ませるとあって、資金に余裕がないスタートアップ企業や個人事業主の方に多く利用されています。また最近では、地方企業の東京進出に向けて、まずは東京に住所があることをアピールするためにバーチャルオフィスを契約するところもあるようです。

バーチャルオフィス運営のみ行っている企業もありますが、一般的にはレンタルオフィスやシェアオフィスといった物理的なオフィスを保有している運営会社がバーチャルオフィスを運営していることも多いです。そのため契約した方の中には、バーチャルオフィスで事業をスタートしたのち、軌道に乗って資金に余裕が出てきたらレンタルオフィスやシェアオフィス利用に契約形態を変えるケースもあります。

バーチャルオフィスと一括りに言ってもサービス形態は運営会社ごとに異なりますが、ここからは一般的なサービス形態について見ていくことにしましょう。

 

バーチャルオフィスで受けられるサービス

通常バーチャルオフィスのサービスには

 

  • 住所貸し
  • 郵便物の受取、保管、転送
  • 秘書サービス(電話・FAX対応)

 

といったものがあります。

 

住所貸し

住所貸しはバーチャルオフィスの一番メインとなるサービスです。

ビジネスをスタートする際には住所が必要、と先に述べましたが、住所選びは今後のビジネスを左右する重要な要素の一つ。自宅で法人登記することが出来るからといって安易に登記してしまうと、会社住所=自宅住所ということがわかってしまいセキュリティ上の不安が付きまとうこともあり得ます。またマンションなどの集合住宅の場合、そもそも法人登記や開業が不可というところもあります。

「いや、バーチャルオフィスなんて使わず賃貸オフィスを借りればいいのでは?」という方もいるかと思いますが、賃貸オフィス契約は想像以上にコストがかかります。法人契約の場合には保証金として数か月分の家賃に加え、敷金や礼金がかかると月額費用の半年~1年分ぐらいの初期費用を準備しなければなりません。さらにそれ以外にもオフィス備品などを用意したとすると数百万以上のコストはかかってしまいます。

しかしバーチャルオフィスを利用して法人登記や開業届を行うことで、ランニングコストを大幅に軽減させられるだけでなく、セキュリティ的にも安全に事業をスタートさせることができるのです。

 

郵便物の受取、保管、転送

バーチャルオフィスでは、郵便物や宅配物の受取や保管、さらには転送サービスがあるところが一般的です。細かいサービス内容は運営会社によって異なりますが、転送に関しては「〇通までは無料」「〇グラム以上の場合には有料」「書留や特定記録郵便は不可」など制約があるケースが多く、利用を検討するバーチャルオフィスがどこまでのサービスをしてくれるのかは、契約前には確認しておきましょう。

 

秘書サービス(電話・FAX対応)

最近は携帯電話やIP電話などの普及により、固定電話がなくてもビジネスを円滑に進めることはできるようになりましたが、それでも固定電話があるだけで企業の信用度は大きくアップします。そんな専用固定電話サービスを利用した上でさらに秘書による電話代行サービスを受ければ、外出中に会社にかかってきた電話を秘書が代わりに対応してくれ、ビジネスチャンスを逃すことがなくなります。

またFAXも同様に、届いたFAXを秘書がPDF化、指定のメールアドレス等に添付してくれるサービスを提供しているバーチャルオフィスもあります。

 

バーチャルオフィスを選ぶ際に注意すべきポイント

バーチャルオフィスを選ぶ際に注意しておくと良いポイントはいくつかありますが「サービスの質」「アドレス」「会議室利用の可否」「料金」といった点に注意しておくのが良いでしょう。

まず「サービスの質」ですが、各社で大きな開きがあります。丁寧さ、正確さ、ホスピタリティなど大きな差がありますので、しっかり確認しましょう。

次に「アドレス」ですが、できるだけ知名度が高いエリアのバーチャルオフィスを選ぶことが信用度アップには重要です。銀座や新宿、渋谷など都内の一等地にあるバーチャルオフィスにて契約を行えば「一等地に事務所のあるしっかりした会社」という印象を与えられ、ビジネス上のメリットを享受することが出来るでしょう。

続いて「会議室利用の可否」ですが、バーチャルオフィスの中には商談や会議に利用できるスペースが借りられるところもありますので、「商談できるスペースがないと不安」という方は事前に確認しておきましょう。前述のようにレンタルオフィス運営会社がバーチャルオフィスを展開している場合には、スペース利用可能なケースが多いので、そのような会社を選ぶのが安心です。

最後に「料金」ですが、一般的にバーチャルオフィス利用にかかるコストは、都内の場合月額10,000円前後の料金となっています。それ以外に初期費用や個室利用時にかかる費用なども事前に知っておく必要があります。運営会社の中にはホームページに金額を表示しておらず「お問い合わせ」対応となっているところもありますので、イニシャルコストとランニングコストはしっかり把握しておくようにしましょう。

 

バーチャルオフィス機能を備えたレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

以上のようにバーチャルオフィスの特徴を知った上で、東京都内においておすすめしたいレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」をご紹介しようと思います。

なんといっても「サービスの質」は、業界で最も良いでしょう。

「銀座ビジネスセンター」は2000年より銀座で運営開始、バーチャルオフィス機能を備えたレンタルオフィス。銀座6丁目の「銀座風月堂ビル」の5階を拠点として、スタートアップ企業や個人事業主、士業、副業従事者など、様々な方に利用され続けている業界の先駆者的レンタルオフィスです。

東京都内でバーチャルオフィスを検討している方に「銀座ビジネスセンター」をおすすめしたい理由としては、以下のようなものがあります。

 

バーチャルオフィスとして住所利用できる上、個室スペースも利用可能なレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は月額11,000円~の会員料金で、バーチャルオフィスとしてのサービスを受けることができるだけでなく、全部で22ある個室や会議室を1時間1,760円~で利用可能な時間貸しレンタルオフィス。

バーチャルオフィスとして利用できるサービスには「法人登記・銀行口座開設可能な住所の利用」「郵便物や宅配物の受取・転送」があり、住所利用だけを考えている方にはそれだけで十分なサービスですが、商談やミーティング、面談などで急遽個室スペースが必要となった時にも「銀座ビジネスセンター」であれば安心。事前予約をすればほとんどの場合で問題なく個室利用が可能、「バーチャルオフィスしかないので人を呼ぶことが出来ない」という不安を払拭することが出来るのは大きなメリットとなることでしょう。

 

知名度抜群の「銀座」アドレスが利用できるレンタルオフィス

銀座の中でも超一等地にある「銀座ビジネスセンター」のアドレスは「東京都中央区銀座6-6-1銀座風月堂ビル5F」。「銀座ビジネスセンター」の会員になれば、このアドレスをホームページや名刺に記載してビジネスを展開できます。

銀座は誰もが知る知名度抜群のエリア。スタートアップ企業や1人会社、フリーランスといった方が、まだ事業の小さいうちから銀座にオフィスがあることをアピールできれば、事業のスピード拡大も決して夢ではありません!

 

まとめ

東京都内でバーチャルオフィス利用を考えるなら、知名度抜群の「銀座」にある「レンタルオフィス銀座ビジネスセンター」。レンタルオフィスとして個室利用も可能なうえ、バーチャルとリアルを用途に応じてフレキシブルに使い分けることができて大変おススメです!

おすすめの記事