2020年のコロナ禍により、多くの企業ではテレワークやリモートワークといった会社に来ずとも仕事を行うスタイルが取られるようになりました。多くの企業で働き方が大きく変わる中、「サテライトオフィス」というオフィス形態に注目が集まり始めています。

 

サテライトオフィスとは、本社とは別の離れた場所に位置した比較的小さな拠点となるオフィスのこと。本社にわざわざ出社することなく、自宅に近くに設置されたオフィスなどで滞りなく業務を行うことを可能にしてくれるため、子育てや親の介護などを行う社員が多く在籍する企業を中心に導入されています。また、地方企業が東京などに営業拠点を置く際にもサテライトオフィスが利用されることもあります。

 

このサテライトオフィス構築を簡単・スピーディーにしてくれるのがレンタルオフィスやシェアオフィスの存在。レンタルオフィスやシェアオフィスにはテレワークやリモートワークを行うにあたってのビジネス環境が一通り整っていることから、大手企業や地方企業のサテライトオフィスとして活用されています。

 

その中でも特に地方企業のサテライトオフィスとして「銀座」は人気のエリアのひとつ。銀座は知名度も高く、営業活動や採用募集を行うにおいても好印象を与えやすい街であることから、支店としてサテライトオフィスを置くのには最適な場所とも言えます。

 

ここでは銀座でサテライトオフィスを探している方へ、サテライトオフィスとはどのようなものなのか?を解説するとともに、サテライトオフィスとして最適なオフィスの見つけ方についてご紹介していきます。

 

サテライトオフィスの種類

サテライトオフィスとひとえに言っても、企業戦略によってスタイルは異なります。ここではいくつかのサテライトオフィスについて見ていきましょう。

 

1.地方企業向けサテライトオフィス

地方経済の衰退が加速していく中、生き残りをかけ市場の大きな東京へ進出を試みる地方企業もあります。地元と違って競合も多く、ネットワークも乏しい企業の東京進出には大きなリスクが伴うため多大な投資はできません。

 

そこでレンタルオフィスやシェアオフィスといったサテライトオフィスを利用し、本社から何名かの人間を送ったり現地採用を行ったりしながらスモールスタートを行う地方企業は多く存在します。仮に東京進出に失敗しても投資コストは少なくて済みますし、撤退に伴う原状回復の必要もないためトライアンドエラーがしやすいことも利用されやすい理由として挙げられています。

 

2.都心向けサテライトオフィス

都心に本社がある企業で働く人の中には隣接県から電車通勤している人も多いと思いますが、そんな中通勤による感染症拡大を防ぐためにテレワークやリモートワークの一環としてサテライトオフィスを設置する企業が増えてきました。

企業としては社員の感染症防止に配慮しつつ交通費の削減にもつながることから、BCPの観点からも効果が期待されています。

 

サテライトオフィスとテレワーク・リモートワークの違い

サテライトオフィスでの仕事はテレワークやリモートワークと似ているものの、内容が異なります。

 

サテライトオフィスが企業の本店以外の小規模オフィスであるのに対し、テレワークやリモートワークは自宅やカフェで行う業務を指します。

 

自宅で作業できればサテライトオフィスは必要ないという意見も世の中的にはあるようですが、「自宅では家族がいて仕事がしにくい」、「通信環境に不安がある」、「業務内容がうまく伝わらない」といった社員の声もあり、サテライトオフィスを継続する企業は多いようです。

 

地方企業の方必見!銀座エリアのサテライトオフィス事情

先ほど地方企業の方のサテライトオフィスとして「銀座」が人気であると述べましたが、銀座エリアでサテライトオフィスとして利用できるレンタルオフィスやシェアオフィスはたくさんあるものの、企業の規模や予算によって利用形態が変わってきます。

 

たとえば、複数人で利用するのであれば個室スペースの確保が必須となります。レンタルオフィスであれば個室が利用できるところがほとんどですが、利用ニーズが高く、空きがほとんどないという現状もあります。

 

以下に銀座エリアにあるサテライトオフィスに利用可能なレンタルオフィスシェアオフィスの料金体系や特徴などをまとめてみましたので、サテライトオフィスを検討する際の参考にしてみてください。

 

銀座エリアにあるサテライトオフィスの料金イメージ

エリア 形態 料金 その他
サテライトオフィスA 銀座駅から約5 サテライトオフィス・レンタルオフィス・シェアオフィス 月額52,000円? 会議室無料・入会金あり
サテライトオフィスB 東京駅から約2 サテライトオフィス・レンタルオフィス・シェアオフィス・バーチャルオフィス 月額20,900円? 会議室・受付等あり

バーチャルオフィス機能付き

サテライトオフィスC 銀座駅から約2 サテライトオフィス・レンタルオフィス・シェアオフィス 月額60,000円? 管理費他初期費用あり
2
名まで
サテライトオフィスD 銀座駅から約4 レンタルオフィス 月額136,000 6名まで
24
時間365日利用可

 

サテライトオフィスとしての設備は十分!銀座にある「銀座ビジネスセンター」とは?

銀座でサテライトオフィスとして利用できるレンタルオフィスやシェアオフィスは数が多いため、何を基準に選んでいいか悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?

 

一般的にはエリアが決まればコストや設備をベースに検討することになると思いますが、出来る限り実際の施設を確認するようにしましょう。よく「バーチャルオフィスとして利用するから、別に見なくても大丈夫」といった人がいますが、自分はあまり訪れないとしても、住所を公開する以上クライアントがアポなしで訪れる可能性もあります。その際「受付に誰もいない」、「外観が今にも崩れそうな雑居ビルだった」といって不安にさせることがないようなものを選ぶようにしなければなりません。

 

また、個室スペース利用を求めるなら「個室に機密性はあるのか(情報漏洩防止のため)」、「複数人が利用しても問題ないスペースか」といった点にも注意が必要です。

 

そこで銀座エリア内でレンタルオフィスやシェアオフィスを検討している方におススメするのが、オフィス外観やサービス内容にも申し分ないレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年スタートとなる実績十分のレンタルオフィス。現在は東京都中央区銀座6-6-1銀座風月堂ビルの5階のワンフロアーを利用し、バーチャルオフィス機能付きのレンタルオフィスを展開しています。利用している会員も中小企業やコンサルタント、カウンセラーといった個人事業主から大企業におけるプロジェクト利用、地方企業のサテライトオフィス利用など幅広い客層の方々が利用しています。

 

では、サテライトオフィスとして「銀座ビジネスセンター」がなぜおススメなのか、その理由にまとめてみました。

 

バーチャルオフィスとしての機能あり!地方企業の東京進出を後押しする時間貸しレンタルオフィス

地方企業の東京進出に欠かせないサテライトオフィスとして「銀座ビジネスセンター」がおすすめの理由の一つに、バーチャルオフィスとしての機能が付随した時間貸しレンタルオフィスであることが挙げられます。

 

主な機能は本社のある地方に置いておき、営業やマーケティングの拠点として部屋利用をしながらクライアントとの打ち合わせを行うことが「銀座ビジネスセンター」であれば可能。「銀座ビジネスセンター」にはバーチャルオフィス機能が備わっているので、普段は個室利用がほとんどない場合でも郵便物の受取・転送対応してくれます。

 

さらに個室利用に関しては「時間貸し」なので、使う時のみ利用料金が発生するコストパフォーマンスに優れたレンタルオフィスであることもポイントです。

 

プライバシーやセキュリティ面でも安心!完全個室が利用できるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」の個室は、完全個室と呼ばれる天井まで密閉された空間が完備されています。個室レンタルオフィスの中には、天上部が空いている作りのものや簡易的なパーテーションで区切られたものも多く、個人情報や機密情報の取扱いについては必要以上に気を使わなければなりません。

 

最近はオンラインミーティングをする機会も増え、機密性が低いレンタルオフィスの場合では重要な会議を行うことは難しいでしょう。その点、銀座ビジネスセンターであれば隣の部屋の声が聞こえることはありませんし、こちらの声が相手に漏れることもありません。

 

さらに各部屋ではWi-Fi以外に有線LANの使用ができます。Wi-Fiは気軽にネットにアクセスできる反面、セキュリティ面が脆弱性で情報が盗まれる可能性が高い接続仕様です。会員によっては有線でのアクセスを望む声もあり、「銀座ビジネスセンター」では両方の仕様で接続可能な環境が準備されています。

 

まとめ

レンタルオフィスやシェアオフィスを利用してサテライトオフィスを準備したいと考えている企業の方、「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」は、銀座エリアで完全個室が利用できるレンタルオフィスです。

 

バーチャルオフィス機能も付いており、地方企業にも十分満足できるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」をサテライトオフィスとして利用してみませんか?

おすすめの記事