近年はコロナ禍の影響もあってか、多くの企業でテレワークやリモートワークといったワークスタイルが導入される傾向にあります。コロナが下火になってはきましたが、働き方が多様化する現在、地方企業の東京拠点やテレワーク・リモートワークの地域拠点として注目を集めているのが「サテライトオフィス」というオフィス形態です。

サテライトオフィスを構える際に、重要となるのが交通アクセスの良さやエリアイメージ。特に、この2つの条件を満たしたエリアとして人気なのが「東京都中央区」です。東京都中央区は、日本を代表するビジネス街・ファッション街として知られる銀座を筆頭に、八重洲や日本橋、京橋など知名度が高いエリアが多数存在する地域。営業や採用活動を行う際に好印象を与えやすく、まさに「企業がサテライトオフィスを置くのに相応しい場所」と言えるでしょう。

そこで今回は、東京都中央区でサテライトオフィスを探している方に向けて、サテライトオフィスの概要を説明するとともに、最適なサテライトオフィスの見つけ方についてもご紹介していきます。

サテライトオフィスってどんなもの?

サテライトオフィスとは、本社とは別の離れた場所に位置した比較的小さな拠点となるオフィスのことを指します。サテライトオフィスがあれば、本社にわざわざ出社することなく、自宅に近くに設置されたオフィスなどで滞りなく業務を行うことが可能。そのため、子育てや親の介護などを行う社員が多く在籍する企業を中心に導入されているケースが多いようです。

また、地方企業が東京などに営業拠点を置く際にもサテライトオフィスは活用されています。とはいえ、地方企業がサテライトオフィスを一から構えようとする場合には、賃貸契約をする際の時間的コストや、オフィス環境を整えるための金銭的なコストなどが発生してしまいます。そんな悩みを一気に解決してくれるのが、レンタルオフィスやシェアオフィスの存在。レンタルオフィスやシェアオフィスには、オフィス家具やビジネスツールなど、テレワーク・リモートワークを行うにあたってのビジネス環境が一通り揃っており、初期費用を抑えスピーディーにオフィス立ち上げを実行できます。

ただし、サテライトオフィスとひとえに言っても、企業戦略によって選ぶスタイルは異なります。
たとえば、

  • 都心向けサテライトオフィス
  • 地方企業向けサテライトオフィス

といったスタイルがあります。
それぞれ詳しく見ていきましょう。

都心向けサテライトオフィス

テレワークやリモートワークの一環として、本社や支社とは別にサテライトオフィスを設置するケースです。都心に本社がある企業で働く人の中には隣接県から電車通勤している方も多いことでしょう。コロナ禍が落ち着いてきたとはいえ現在も、通勤中・勤務中の感染症拡大を防ぐためにテレワークやリモートワークを導入する企業もあり、「密を避ける」「分散して仕事をする」といった目的で積極的にサテライトオフィスが取り入れられています。

また、企業としては交通費の削減にもつながるというメリットもあり、会社のリスクマネジメントや従業員満足度などの観点からも効果が期待されています。

地方企業向けサテライトオフィス

地方経済の衰退が加速していく中、生き残りをかけてより市場規模の大きい東京エリアへの進出を試みる地方企業は少なくありません。しかし地方企業の東京進出には大きなリスクが伴うため、「進出の決断ができない」「投資するのを迷っている」というケースもあるでしょう。

そんな時、サテライトオフィスを利用すれば、ローリスク・ローコストで東京にてビジネス展開することができます。もし東京進出に失敗したとしても、ほとんどのサテライトオフィスでは撤退に伴う原状回復の必要がないため、トライアンドエラーがしやすいことも人気の理由のひとつです。

東京都中央区のサテライトオフィス事情

では、実際に東京都中央区にはどのようなサテライトオフィスが存在するのでしょうか?

サテライトオフィスの形態としては、レンタルオフィス・シェアオフィス・コワーキングスペースのいずれかであることがほとんどです。契約の際には、事業形態や利用頻度、目的などに合わせて適切なオフィス形態を選ぶ必要があります。たとえば、複数人のプロジェクトで利用するのであれば個室スペースの確保がポイントとなります。

東京都中央区は人気の高いエリアのため、「個室がほとんどない」「空室だと思ったら、コストが高すぎて手が出せなかった」という場合もあります。そのため、空き状況や利用料金などは事前にしっかり確認しておきたいところです。

以下に東京都中央区エリアにある利用可能なレンタルオフィス・シェアオフィスの料金体系や特徴などをまとめてみましたので、サテライトオフィス化を検討する際の参考にしてみてください。

中央区にあるサテライトオフィスの料金イメージ

  エリア 形態 料金 その他
レンタルオフィスA 日本橋から約1 コワーキングスペース・レンタルオフィス・シェアオフィス、バーチャルオフィス 非公表 無料ラウンジあり

コンシェルジュ常駐
耐震構造万全

サテライトオフィスB 東京駅から約2 レンタルオフィス・シェアオフィス・バーチャルオフィス 月額22,990円~ 受付常駐

登記可能

サテライトオフィスC 銀座駅から約2 レンタルオフィス・シェアオフィス 月額66,000円~ 管理費他初期費用ありオフィス家具完備
サテライトオフィスD 銀座駅から約4 レンタルオフィス 月額136,000 6名部屋あり
24
時間365日利用可
サテライトオフィスE 銀座駅から約5 レンタルオフィス・シェアオフィス 月額52,000円~ 会議室無料

入会金別途

サテライトオフィスF 東銀座駅から約6 レンタルオフィス 月額172,000円~ オフィス家具完備

2~5人の利用まで対応可能

東京のど真ん中「中央区」にサテライトオフィスを!レンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

サテライトオフィスをリーズナブルに利用したい。ただしあまりグレードを下げたくない!という方におススメしたいのが、中央区銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」。

「銀座ビジネスセンター」は銀座6丁目「銀座風月堂ビル」の5階にあるレンタルオフィス。2000年にスタートした同オフィスは20年以上の実績を持ち、中小企業をはじめ士業、個人事業主、大企業のプロジェクト利用に活用されてきました。昨今は、その利便性からサテライトオフィスとしての地位も確立しつつあります。

月額利用料金は11,000円からとなっており、中央区銀座エリアとしてはリーズナブルな料金設定となっています。完全密閉個室の利用は時間貸しのため、月額料金とは別となりますが、1時間1,760円から利用が可能。使った分だけの料金精算となりますので、コストパフォーマンスも抜群、ビジネスで重要な固定費を軽減させることができます。

また、10名程の正社員受付秘書が利用会員をホスピタリティあふれたサービスで支援してくれます。格安なレンタルオフィスでは、無人のオフィスやアルバイトスタッフが対応しているかのようなサービスクオリティが決して高いとは言えないところも多々あります。その点「銀座ビジネスセンター」は、来客対応をはじめ郵便物対応、電話・FAX対応(プランによる)、清掃・消毒対応などさまざまなサポートを誠心誠意行ってくれる点が魅力です。

まとめ

「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」は、中央区ならではのブランド力を持ちながら、リーズナブルに完全密閉個室を利用できるレンタルオフィス。業務効率を高めたいと考える企業のサテライトオフィスとして、「銀座ビジネスセンター」は貴社の新たな拠点となることでしょう。

契約を思い立った場合にも即日利用が可能。他のサテライトオフィスの場合、もしかしたら「満室にて空席待ち」という状態になることも多い昨今、ビジネスチャンスを逃さずオフィスを構えられます。今すぐ公式ホームページにアクセスして、内見申し込みからスタートしてみましょう。

おすすめの記事