銀行や金融機関がひしめく茅場町エリア周辺にお勤めの方、または自宅がある方で、近隣のカフェやファストフード店などを利用してテレワークや副業、これから起業をするための準備等を行っているビジネスパーソンは少なくないと思われます。

しかし、仕事をする場所が日々変わるというのは思った以上にストレスがたまるもの。
「落ち着いて仕事に集中できる環境が欲しい」そんなビジネスパーソンのニーズに応えてくれるのが「レンタルオフィス」なのかもしれません。

専用個室スペースが利用できるレンタルオフィスであれば、周囲の環境に左右されることなく効率的に仕事に取り組めますし、セキュリティ面でも安全です。

今回は茅場町でワークスペースを探している方を対象に、茅場町エリアのレンタルオフィス事情とおすすめのレンタルオフィスについて紹介していきます。

茅場町ってどんなエリア?

「茅場町」とは東京都中央区日本橋にある地名であり、茅場町1丁目~3丁目のエリアを指します。
「茅場町(かやばちょう)」という珍しい名前は、かつてこの地域が茅の生い茂る草原地帯であり、茅を商いとする商人たちが多く居住していたという説が由来となっているようです。

しかし現在では人々の住む居住エリアは限られており、企業のオフィスや本社ビル、証券会社、銀行などが集積するエリアへと様相が変貌。都内でも有数のビジネス街である日本橋に所在することから「茅場町=オフィス街」というイメージが広く知られています。

そんな「茅場町」の玄関口となるのは、東京メトロ日比谷線および東西線が乗り入れる「茅場町駅」。
また東西線ホームの上にある改札外地下通路を利用すれば、都営地下鉄浅草線が通る日本橋駅にも通じており、銀座や六本木、上野などの都内主要エリアへの移動に大変便利です。

さらに東京駅や大手町に歩いていくことも可能なため、利便性については抜群の環境となっており、オフィスの立地場所として人気が高いのも頷けます。

茅場町のレンタルオフィス事情

日本を代表するビジネス街の1つである茅場町は、駅前を中心にレンタルオフィスやコワーキングスペースの数も非常に多めとなっています。

ただし人気エリアであるが故に賃料は非常に高額であることが多く、中には料金をホームページ上では公開していないような外資系レンタルオフィスも存在しています。
また料金が表示されているレンタルオフィスであっても、オプション料金等で予想以上にハイコストになるケースもあり、個人がリモートワークや副業などの用途で利用するのはかなりハードルの高いエリアと言わざるを得ません。

以下に茅場町エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などをまとめましたので、検討の際には参考にしてみてください。

茅場町エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 茅場町駅から徒歩1分 レンタルオフィス 5名部屋

月額108,900円(税込)+共益費別途

※空室の値段

1名~48名※会議室の収容人数含む 水光熱費コミの料金

多拠点の利用もOK

オフィス家具完備

法人登記可能

レンタルオフィスB 茅場町駅から徒歩2分 レンタル会議室、サテライトオフィス 要問合せ 12名~120 研修やセミナーにも利用OK

夜間利用可能(※要相談)

企業オフィスとしての利用も可能

レンタルオフィスC 茅場町駅徒歩2 レンタルオフィス 要問合せ

※現在空室なし

ワンフロアワンオフィス

スタイリッシュな外観

デザイン性の高いフロア設計

レンタルオフィスD 茅場町駅から徒歩2分 コワーキングスペース、レンタル会議室 24時間365日利用可能なプレミアムプラン月額19,800円(税込)

※入会金別途、登記・住所利用は審査あり

1名~ 登記可能

ドロップイン利用あり

イベント利用OK

電話等オプション料金

レンタルオフィスE 茅場町駅から徒歩3 レンタルオフィス、シェアオフィス、コワーキングスペース、バーチャルオフィス 3名用オフィス

月額73,700円(税込)+管理費別途

※空室の値段

1名~ フロントサービス付き

登記可能

24時間利用OK

意識が高いビジネスマンに最適!銀座の時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

茅場町エリアのレンタルオフィスですが、数は多いとはいえ気軽に利用したいワークスペースとしてはコスト高。カフェやファミレスでかかるコストと比べて出費が多くなることがネックになるようであれば、レンタルオフィス利用が逆に負担になってしまいます。

「できるだけリーズナブルな個室型レンタルオフィスを利用したい」そんなニーズに応えるため、茅場町エリアを中心に活動するビジネスワーカーにオススメしたいのが、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年より運営開始、競合ひしめく銀座でたくさんの利用者を持つ業界の先駆者的レンタルオフィス。銀座6丁目にある「銀座風月堂ビル」の5階を拠点とし、中小企業の経営者や士業、フリーランス、大企業の短期プロジェクトでの利用、スタートアップ企業、副業従事者などに利用されています

銀座エリアには非常に多くのレンタルオフィスがあるものの、なぜ「銀座ビジネスセンター」が中でも特におすすめなのか、その理由を以下に簡単にまとめてみました。

常駐秘書によるクオリティ高いサービスが自慢のレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は10名程の秘書が常駐しており、会員となった企業や個人の方へのビジネスサポートを行ってくれますが、クオリティが非常に高いと評判なほどサービスレベルは申し分ないレンタルオフィスです。

秘書が行ってくれる業務内容ですが、来客時の受付対応をはじめ、郵便物や宅配物の受取・転送対応、電話・FAX対応、清掃・アルコール消毒対応、オプション事務作業など非常に広範囲にわたります。

一部の格安レンタルオフィスでは「受付すらない」「清掃作業が行き届いていない」といったところもあります。さらに秘書業務をアルバイトや派遣社員で対応するレンタルオフィスもある中、「銀座ビジネスセンター」の秘書は正社員で対応。そのため社員教育や接客業務の研修には抜かりなく、常にお客様に最適なサービスを提供できるような体制が整っています。

予算や利用用途に応じて3つのプランから選択できるレンタルオフィス

銀座ビジネスセンターの料金はすべて明朗会計。利用料金についてはホームページ上に「お問い合わせください」となっているレンタルオフィスも中にはありますが、「銀座ビジネスセンター」の料金はすべてホームページに記載されています。

基本となるプランは3種類あり、月額「11,000円」「27,500円」「55,000円」の3つが用意されています。
11,000円のプランは、住所利用がメインの方(バーチャルオフィス利用)に向けたタイプで、来客時の受付対応、法人登記や口座開設に利用できる住所利用可、郵便物の受取・転送対応などが含まれます。
27,500円のプランは、11,000円のプランに電話・FAX対応が加わります。
55.000円のプランは、27,500円のプランに個室利用20時間分(4名部屋相当)が付いたプランとなっています。

予算や用途、事業規模に応じてプランを選べるので、まずは11,000円のプランから利用しつつ、徐々にサービス内容が豪華になるプランに変更することも可能です。

茅場町から銀座ビジネスセンターまでの交通アクセス

茅場町駅から「銀座ビジネスセンター」までの移動手段ですが、東京メトロ日比谷線で銀座まで7分ほど。非常に近いので散歩がてら歩いていくことも可能です。

まとめ

茅場町エリアで快適なワークスペースを探しているなら絶対に「レンタルオフィス」。中でも銀座まで地下鉄だと数分で行ける「銀座ビジネスセンター」はとてもおススメです。

「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/) 」なら、月額利用料金が11,000円~、時間貸しとなる個室スペース利用料金は1時間1,760円~と、銀座価格としても非常にリーズナブル。
ぜひこれを機に「銀座ビジネスセンター」を一度内見してみてはいかがですか?

おすすめの記事