起業や副業用のワークスペースを探している方、企業のプロジェクト利用に活用できる個室を探している方、都内には様々な形態のレンタルオフィスがあることをご存知ですか?

 

レンタルオフィスとは、賃貸オフィスのような年単位契約とは異なり、短期や時間単位で利用できる便利な貸しオフィスを指します。最近では時間貸しやワンデイ利用など、多様なニーズに対応するフレキシブルなレンタルオフィスが登場したこともあって、多くのビジネスパーソンから人気を集めています。

 

ここでは東京都内で個室タイプのレンタルオフィスを検討している方に向けて、都内のレンタルオフィス事情やオススメのレンタルオフィスについて説明していきます。

 

個室タイプのレンタルオフィスとは?

近年、インターネットの普及に伴いパソコンやスマートフォンさえあれば場所を問わず仕事ができるようになりました。それによって会社だけでなく、自宅やカフェ、ファミレスなどで仕事をしたり、離れた相手とオンラインミーティングを開催したりする人も非常に増えてきました。

 

しかし一言でワークスペースと言っても、上記に挙げたような場所が全て仕事環境に最適な訳ではありません。

 

たとえば、自宅であれば家族の存在が気になって仕事が出来ないということもありますし、カフェやファミレスでは混雑していてうるさい、セキュリティ面に不安がある、Wi-Fiや電源環境が用意されてないといったケースも考えられます。ちなみに普段意識せず何気に使っているWi-Fi(無線LAN)ですが、ハッカーによって情報を閲覧される危険性が非常に高く、公共の場でのWi-Fi使用には大きな不安が募ります。

 

また企業のプロジェクト案件発足時には、社内のスペースに限りがあるため希望日時に使用できないといったことも多々あることでしょう。それ以外にもプロジェクトや打ち合わせの数だけワークスペースが必要となる現在、スペースが確保できるかどうかは深刻な問題です。

 

そうした際、集中できる仕事スペースとして有効なのが「レンタルオフィス」の存在です。

 

中でも個室タイプのレンタルオフィスは、シェアオフィスやコワーキングスペースのように他人とスペースを共有することなくリーズナブルな価格で自分だけの仕事空間を確保できるとあって、近年人気が高まってきています。

 

特にコロナ禍では隣の人とのソーシャルディスタンスが気になるのもの。個室タイプのレンタルオフィスなら一定の距離を保ち飛沫感染予防にもつながります。

 

またほとんどのレンタルオフィスでは、椅子や机、コピー機などのオフィス家具が備え付けられており、一から自分でオフィス環境を整える必要が無いため初期費用が抑えやすく、スピーディにオフィス立ち上げを実現できるもの魅力です。

 

下記に主要なワークスペースの比較表を作成してみましたので、形態や違いを知るための参考にしてみてください。

 

ワークスペースの比較

自宅 カフェ・ファミレス レンタルオフィス シェアオフィス
スペース 自宅の一室またはリビングの空きスペースなどを利用 施設の共同空間 専用の個室 共同のワークスペース、フリーアドレス席
利用者 1人または家族と共同 不特定多数 1人~最大で数十人のビジネスパーソン 多数のビジネスパーソン
契約 特定の契約は不要 特定の契約は不要 1人または複数、法人としての契約も可能 1人ずつの契約
利用時間 自由 施設の営業時間内 レンタルオフィスごとに異なる

24時間365日利用可能な施設もあり

シェアオフィスごとに異なる

 

利用料金 なし 飲食代 1室ごとの月額または時間単位での料金精算 月額または時間単位での料金精算

 

バリエーション豊富な都内のレンタルオフィス

このようにレンタルオフィスは他のワークスペースと比較しても、仕事に集中できる環境であることがわかります。

 

ただし「個室タイプのレンタルオフィス」にも様々なタイプが存在しており、よく検討しないまま契約してしまうと後々後悔することにもなりかねません。

 

たとえば個室と謳われているものの中にも、入口に施錠がついた完全個室タイプもあれば簡易的な壁やパーテーションで仕切られたタイプの個室(上下が開いていることが多い)もあります。後者のタイプは比較的利用料金の安いレンタルオフィスに多いようです。

 

値段の安さだけで選んでしまうと、「防音対策がされておらず機密情報が洩れる可能性がある」、「清掃が行き届いていない」、「秘書サービスの質が低い」などといった理由からクライアントと打ち合わせする場所には適さず、結局別のレンタルオフィスや会議室を予約しなければならないといったケースも考えられます。

 

一方エグゼクティブ専用やハイグレードタイプの個室は、オフィス自体のクオリティは高いものの「料金が高すぎて月々の支払いが厳しくなってしまった」、「色々なオプションを追加したら当初の予定よりも高額になってしまった」といったケースもあるようです。

 

このようにレンタルオフィスの実際の環境や料金体系は、ホームページや広告上からはわからない点も多数存在します。レンタルオフィスの中には料金や空室状況を開示しておらず、電話や問い合わせフォームから確認しなければならないところも多く、自分の希望に合ったレンタルオフィスを選ぶことは想像以上に難しいものです。

 

そこで、都内でレンタルオフィスを探している企業や個人の方にオススメなのが、エリア的にも申し分のない、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

東京の一等地・銀座にある個室タイプのレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

東京都内には、新宿や丸の内などビジネス街として知られる主要なエリアが多数ありますが、交通アクセスが抜群で、世界的なネームバリューを持つ場所といえば「銀座」に勝る地域はあまりありません。

 

そんな銀座エリアに場所を構える「銀座ビジネスセンター」は、20年以上にわたってレンタルオフィスを営んできた業界のパイオニアともいえる存在。東京都中央区銀座6-6-1銀座風月堂ビルの5階という最高のロケーションに、バーチャルオフィスの機能を備えたレンタルオフィスを運営しています。

 

東京都内で個室のレンタルオフィスを探している方に「銀座ビジネスセンター」がなぜおすすめなのか、以下にまとめてみました。

 

機密性が高い完全個室かつ時間貸しのレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は全22ある個室スペースや会議室で構成されたレンタルオフィス。全ての部屋が完全個室となっているほか、防音・セキュリティ対策がしっかりと整備されています。そのため、電話やミーティング内容が隣室に漏れる心配はなく、安心してビジネスを展開することが可能。窓が無く閉鎖的な環境のレンタルオフィスも多い中、「銀座ビジネスセンター」ではほとんどの部屋で自然彩光が取れるため、明るく開放的なオフィスであることも魅力の1つです。

 

ちなみに完全個室型のレンタルオフィスを東京都内で借りると月額で10万~が相場であり、銀座エリアでは20万円を超えるような施設も存在します。しかし、「銀座ビジネスセンター」は時間貸しレンタルオフィスということもあり、月額10,000円~からの料金で会員になれば、誰でも1時間1,600(16名部屋)で利用できます。

 

さらに5分ごとの精算システムを採用するほか、突然のキャンセルでもキャンセル料が一切かからないため、予算が気になるビジネスパーソンにも最適の完全個室型レンタルオフィスと言えるでしょう。

 

電話対応も安心!企業の雰囲気に合わせたアレンジ対応もOKな個室タイプのレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」では電話対応も行っています(月額25,000円のプランより)CTIシステムを駆使し、企業宛に電話がかかってくるとモニターに従業員情報や過去の対応履歴を表示し、違和感のない電話対応を行ってくれます。その際、機械的に対応するのではなく年齢や相手のトーンに合わせて会話スピードを変えたりするなどの配慮をしてくれるので、クライアントにも好印象を与えてくれます。

 

まとめ

東京都内で起業や副業用に最適なワークスペースを探している方、企業プロジェクト用にスペース利用を検討している方、「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」は銀座というステータスが手に入る最高のビジネス環境が用意された個室タイプのレンタルオフィス。

 

ぜひこの機会に「銀座ビジネスセンター」を利用して集中して仕事ができる環境を手に入れてみませんか?

おすすめの記事