レンタルオフィス白山

働き方が多様化の一途をたどり、オフィスで働くことなく自宅やカフェといった場所で仕事をすることが不通となっています。カフェやファミレス、ファストフード店は一見便利なワーキングスペースと思われますが、周りの話し声や雑音、Wi-Fiのセキュリティの緩さやネット環境の不安定さといったことがあって、ビジネス環境としてはあまり良いものとも言えません。

そこでおすすめなのが「レンタルオフィス」。レンタルオフィスなら、個室スペースで仕事を行えたり、スタッフにバックオフィス業務を依頼することも可能です。最近では月1万円程度で利用できるレンタルオフィスもありますので、コスト面でレンタルオフィス利用を躊躇している方も気兼ねなく利用できます。

今回は白山エリアでワークスペースを探している方を対象に、白山のレンタルオフィス事情とおすすめのレンタルオフィスについてご紹介していきます。

白山ってどんなエリア?

白山は東京都文京区にあるエリア。行政地名としては白山一丁目から白山五丁目までが存在しています。白山(はくさん)という地名は、地元にある白山神社に由来しているようです。

同エリアは大学のキャンパス・学校・寺院が多く、文教・住宅地区というイメージで広く知られています。商業施設や飲食店などはエリアの玄関口となる白山駅の周辺に集積しており、昼間は学生たちで非常に賑わっているのが特徴です。

都営地下鉄三田線が乗り入れる白山駅は、1996年に近隣の本駒込駅が開業した影響などで一時は利用客が大幅に減少しましたが、近年は大学のキャンパスの都心回帰やマンション開発などにより利用者数が増加傾向にあります。

白山のレンタルオフィス事情

白山は、住宅街や文教地区といったイメージが強く、あまりビジネス的な側面は感じられません。そのためレンタルオフィスやコワーキングスペースの数もかなり限定的です。

同エリアに唯一存在するレンタルオフィスは、最寄り駅である白山駅から6分以上歩く必要があるため、交通利便性はそれほど高くありません。また、このエリアのレンタルオフィスは非常に希少であり、2022年3月現在では個室のレンタルオフィスはすべて満室となっています。

以上のようなことを踏まえると、このエリアで希望の条件に合ったレンタルオフィスを見つけるのは至難の業です。都内を代表するビジネス街である渋谷や銀座では、リーズナブルでありながらサービスが充実しているレンタルオフィスも数多く存在しますので、ややエリアを広げて物件探しをしてみるのも良いでしょう。

参考までに、白山にあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などを下記に記載しましたので、気になる方はチェックしてみてください。

白山エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 白山駅から徒歩6分 レンタルオフィス 現在満室のため料金開示なし 1名~ 24時間利用可能

完全個室型レンタルオフィス

登記可能

ビジネス環境としては申し分なし!銀座の時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

白山エリアにはレンタルオフィスがあまりありません。そのためJRの巣鴨駅周辺や上野・池袋駅といったターミナル駅を検討する必要があるように少々エリアを広げることで選択肢が広がります。とはいえ、あまり遠くのレンタルオフィスを選んでしまうと「通うのが億劫になる」「交通費がレンタルオフィスと同程度」となってしまうなどデメリットが多くなります。

では都内に沢山のレンタルオフィスがある中、どのエリアのレンタルオフィスを検討すればよいのだろうか?」と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?利用するからには「通いやすい」「コスト面でメリットがある」「サービスが良い」といったものがあると思いますが、すべてを包括したようなそんなところはなかなかありません。

そこでレンタルオフィスを検討している方にオススメなのが、白山から都営三田線で日比谷駅まで乗り換えなし、銀座・有楽町エリアにある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は銀座6丁目にある「銀座風月堂ビル」5階に拠点を構えている、業界の先駆者的なレンタルオフィスです。すでに運営実績は20年以上を数え、都内の大企業から中小企業、個人事業主、地方企業にも活用されているレンタルオフィスとなっています。

都内のみならず銀座エリアにも多くのレンタルオフィスがある中でなぜ「銀座ビジネスセンター」がおすすめなのか、その理由を以下にまとめてみました。交通利便性も高く、最寄りの東京メトロ銀座線の銀座駅から徒歩2分、JR有楽町駅からも徒歩5分、銀座一丁目駅や東銀座駅、新橋駅などの駅も徒歩で移動できます。さらに新幹線停車駅の東京駅や品川駅、羽田空港へも30分圏内と、国内出張にも事欠きません。

そんな「銀座ビジネスセンター」がなぜおすすめなのか、その理由について以下に簡単にまとめてみました。

完全密閉個室が1時間1,760円~で利用可能なレンタルオフィス

レンタルオフィスを利用するといっても利用料金や営業形態はそれぞれ異なります。基本的なレンタルオフィスは、月額固定型(部屋を契約期間中固定で利用できるもの)タイプが多く、使用しても使用しなくても一定料金がかかってきます。こちらはなかなか空きが出ずに数か月待つこともしばしばです。

しかし「銀座ビジネスセンター」は時間貸しタイプのレンタルオフィス。月額利用料金が11,000円かかりますが、これにはバーチャルオフィスとして利用できるだけのサービスが含まれており、「お金を払っているのに一切のサポートがない」といった不満もおきません。

部屋利用に関しては1時間1,760円~の料金で天井まで密閉された専用の完全個室が利用できます。月額固定型でないので、使用しない間はコストがかかりません。完全個室なので他人の声に邪魔されることもありませんし、静かに落ち着いて仕事を行える環境は何とも言えない満足度を誇ります。

郵便物の受け取り拒否などもない安心のレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」の月額利用料金には郵便物や宅配物の受取・保管・転送サービスが含まれています。レンタルオフィスの中には郵便物の受取・転送可と謳っているところでも、利用者本人が不在の場合には速達や簡易書留、定形外郵便といった普通郵便以外の郵便物の受取を行わないところもあります。重要な郵便物ほど不在に受け取ってほしいのに、受け取ってくれない、それは困りものです。特に税務関係などの国や役所関連の書類や保険証券・銀行のカード再発行などは発送元に戻ってしまうと再送してもらうだけでも時間がかかりますし、不在届をもらえば近くの本局郵便局まで取りに行かねばならないといったことも起こり得ます。

しかし「銀座ビジネスセンター」は、本人不在時であっても裁判所からの特別送達以外は基本的に郵便物を受け取ってくれるレンタルオフィスです。届いた郵送物の対処方法は受け取った秘書がすぐに会員に連絡してくれ、重要な郵便物をすぐに手元に届けてくれるような配慮がなされています。

まとめ

白山エリアでレンタルオフィスといったワーキングスペースを検討しているのであれば、コストパフォーマンスもよく、サービスクオリティが高い「銀座ビジネスセンター」が断然おすすめです。

「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」なら、レンタルオフィスにおける不安や心配もなく安心して利用することができます。ぜひ一度内覧して、疑問点・不明点を確認してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事