コロナ禍となり、従来の「同じオフィスで」「同じ時間帯に」「同じメンバーと」働くスタイルから、「好きな時間に」「好きな場所で」フレキシブルに働けるスタイルに働き方が大きく変化しつつあります。最近は、企業が在宅勤務やリモートワークを積極的に導入したこともあり、「自宅」「カフェ」「コワーキングスペース」「レンタルオフィス」などをワーキングスペースとして活用するビジネスパーソンも少なくありません。コロナが落ち着き始めた現在は、企業によって方針は異なりますが、いまだリモートワークで仕事を行うところも多く存在します。

そうした中、上記のようなワーキングスペースと同じように注目を集めているのが「サービスオフィス」です。サービスオフィスと聞くと、レンタルオフィスと似たようなイメージを持つ方もいるかもしれませんが、実際にはサービス内容やユーザーへのサポートメニューなどに細かな違いがあります。

そこで今回はサービスオフィスの概要やサービス内容について詳しく解説するとともに、サービスオフィスとしておすすめの東京のレンタルオフィスについて紹介していきます。

サービスオフィスはどんなところ?

まず、サービスオフィスの概要やサービス内容についてチェックしていきましょう。
一般的にサービスオフィスとは、

  • ビジネスに必要なデスクや椅子、ロッカーといったオフィス家具
  • FAXやコピー機、プロジェクターなどのビジネス備品
  • インターネット環境(有線・無線)
  • 受付対応
  • コンシェルジュサービス
  • 電話代行、郵便物転送、秘書代行業務
  • ビジネス相談や起業支援

などが揃っているワークスペースのことを指します。
サービスオフィスの大きな魅力は、最新のビジネス備品やオフィス家具が設置されているほか、秘書やコンシェルジュによるきめ細かなサービス、ビジネス相談などを受けることができる点にあります。ビジネスに必要なものが一式揃っているため、イニシャルコストやランニングコストが抑えられ、賃貸オフィス契約よりもはるかに少ない金額でオフィスを持てることが特徴のひとつです。

とはいえ、ワークスペースを探す方の中には、「スペースだけ確保できればいい」「過度なサービスは必要ない」と考える方もいらっしゃることでしょう。ですから、必ずしもビジネスに最適なワーキングスペースがサテライトオフィスであるとは言えませんが、ワークスペースには「コワーキングスペース」「シェアオフィス」「レンタルオフィス」「サテライトオフィス」「サービスオフィス」など多様な形態があり、それぞれに一長一短があります。その中から事業規模や予算などに応じて適切なものを選ぶことがポイントとなります。

東京のサービスオフィス事情

日本の首都である東京は、文化・政治・経済・流行の中心地でもあります。そのため、企業の本社ビルはもちろんのこと、外資系企業の日本支社なども多く進出。なかでも、東京を代表するオフィス街として知られる新宿・渋谷・銀座・丸の内などは、サービスオフィスやレンタルオフィス、コワーキングスペースなどの数が豊富です。

こうしたエリアにあるサービスオフィスは、月額数万円程度で借りることができる格安オフィスからエグゼクティブを対象とした高級オフィスまで仕様も料金も多彩。エリアイメージや交通利便性も良く、オフィスを開設する理想的な条件が多数揃っています。

以下に東京エリア(東京駅中心)にあるサービスオフィス(※一部レンタルオフィス的な形態を含む)の料金体系や特徴などをまとめてみましたので、検討する際の参考にしてみてください。

東京にあるサービスオフィスの料金イメージ

エリア 形態 料金 その他
サービスオフィスA 京橋駅直結 サービスオフィス 要問合せ 超好立地オフィス

高級家具完備

バリスタのいるカフェあり

サービスオフィスB 有楽町駅から約1分 サービスオフィス 要問合せ 200㎡の開放的なロビーラウンジ
コンシェルジュサービスあり会議室完備
サービスオフィスC 東京駅から約3分 レンタルオフィス フリーデスクプラン

月額9,505

登記可能

多拠点利用可能

受付常駐

サービスオフィスD 東京駅から約5 サービスオフィス 要問合せ ハイクラスサービスオフィス

男女別シャワー室完備

無料ラウンジあり

サービスオフィスE 大手町駅から約8分 サービスオフィス 要問合せ コンシェルジュ常駐

宅配受け取りあり

会議室完備

都内で完全密閉型個室が利用できる時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

たとえば、東京駅周辺にあるサービスオフィスは外資系企業の進出も目覚ましく、土地柄サイズ感も大きなものが多かったりします。スモールビジネス従事者には利用しやすい「コワーキングスペース」なども充実しており、一見するとふらっと気軽に立ち寄って利用できるそのような施設もアリなのでは?と思ってしまいがち。

しかしながら、「集中して仕事をしたい」「機密情報を扱った作業をするのにオープンスペースでは不安」という方には、できれば密閉された個室型レンタルオフィスの利用がベター。しかし、東京都内における個室レンタルオフィスの利用料金は、月額10万円以上のものがざらにあるなど、比較的高めに設定されていることが多く、スモールビジネス従事者やスタートアップ企業の場合、おいそれと手を出せないことが往々にしてあります。

そこで東京都内でサービスオフィスを探している方におすすめするのが、銀座の一等地にある高級感ただよう時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年に運営を開始。20年以上の長きに渡り営業を続ける業界の先駆者的レンタルオフィス。銀座の一等地に位置する銀座6丁目「銀座風月堂ビル」の5階にその拠点を構え、レンタルオフィスとバーチャルオフィスを併せ持ったハイブリッド型のレンタルオフィスが展開されています。

主な利用者はスモールビジネスを営む中小小規模事業者が中心。カウンセラーやコンサルタントといった個人事業主、士業、スタートアップ企業も多いですが、中には大企業のプロジェクト利用で活用されたり、地方企業のサテライトオフィス、異業種コラボレーションの集いに利用されたりとさまざまな用途に適応できるレンタルオフィスとなっています。「銀座ビジネスセンター」の月額利用料金は11,000円~、個室利用料金は別途となる物の1時間1,760円~から使用できます。

サービスオフィスを検討している方に、「銀座ビジネスセンター」がおすすめの理由としては、以下のようなことが挙げられます。

オフィス備品が充実して完備されているレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」では、ほとんどの備品が基本的に無料で利用可能です。
利用できるビジネスツールには、プロジェクターをはじめ、100Mbpsのインターネット有線接続やWi-Fi、カラー&モノクロスキャナー、シュレッダー、PCディスプレイ、ホワイトボード、文房具、LANケーブル、ハブ、80インチプロジェクタースクリーン、延長コード、レクチャーテーブル、コピーボードなどがあります。これだけのものがあれば、新たに購入する必要もありません。

ただし、電話(発信)やFAX(発信)、カラー・モノクロコピー、カラー・モノクロプリンター、キャビネット(ロッカー)、ノートPCなどの利用は有償となっています。

静かに作業したい人向けの快適な個室レンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は全22室ある個室全てが完全密閉型のレンタルオフィス。昨今主流なオンラインミーティングをはじめ、対面でのミーティング、電話なども防音対策がしっかり施されていますので、隣に迷惑かけることなく行えます。業務効率を高めたい方にはまさにうってつけの環境と言えるでしょう。

まとめ

サービスオフィスを東京都内で探している、誰にも邪魔されないワーキングスペースを探しているなら、完全密閉個室の時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」はおすすめの施設です。法人登記可能なのでスタートアップ企業の拠点に最適、それも完全密閉で防音対策ばっちりの環境が、なんと月額11,000円から利用できます。

まずは、公式ホームページで情報をチェック。その後内覧予約を行ってみれば「銀座ビジネスセンター」の虜になること間違いなしです。

おすすめの記事