レンタルオフィス熊本市

熊本市内を拠点に活動している企業の中には、販路拡大のために新たな拠点を検討しているところもあると思いますが、この機会に思い切って東京にオフィスを構えてみるのはいかがでしょうか?

とはいっても「東京でオフィスを持つには莫大なコストがかかるのでは?」と不安に思う方もいるかもしれませんが、レンタルオフィスならそんな問題をクリアにしてくれます。

レンタルオフィスは手続きも簡単、月数万円で都内にオフィスを持てるだけでなく、「2年契約」「退去費用の高額請求」といった契約リスクもほとんどないため、気負わずに東京進出にチャレンジできます。またバーチャルオフィスを持つレンタルオフィスならば、東京の企業のように振る舞いながら関東圏の広い商圏で営業活動を行うことも可能となります。

今回はマーケット拡大や都内での拠点づくりを考えている熊本市内の企業や個人事業主の方に向けて、熊本市内のレンタルオフィス事情と、都内にあるおすすめのレンタルオフィスについて解説していきます。

熊本市とはどんなところ?

熊本県のやや北部に位置する熊本市は、熊本県の県庁所在地かつ日本最南端の政令指定都市であり、九州では福岡市・北九州市に次ぐ第三の都市です。

かつて54万石を誇る熊本藩として栄えたこの地は、戦前に陸軍の師団や国の出先機関が数多く置かれ、九州の軍都としても機能してきました。現在の市街地は熊本城の城下町が基礎となり発展したものであり、2011年に九州新幹線が全線開通してからは大規模な再開発プロジェクトが次々に着手されるなど日々進化を続けています。

2021年10月現在738,089人が居住する熊本市は、県民のおよそ4割が住むプライメイトシティ。市内の中心部には、現在もなお国の出先機関が数多く存在するほか、企業の九州支店や大型商業施設、商店街などが軒を連ねており、常に多くの人出で賑わっています。

熊本市内のレンタルオフィス事情

熊本市内のレンタルオフィスやバーチャルオフィスは、市内のランドマークである熊本城周辺に複数存在しています。中でも、市電の「花畑町駅」「通町筋駅」「熊本城・市役所前駅」などが最寄り駅となっているレンタルオフィスが多いようです。

いずれも市電の停留所から徒歩圏内にあるのが特徴で、「法人登記可能」「メンバーシップ特典あり」「有人受付」などサービスが充実していますが、個室のあるレンタルオフィスは少なくすぐに入居できない可能性もあります。
また、個室の利用料金はホームページ上で公表されていないケースがほとんどなので、比較・検討する際には見積依頼が必要です。

参考までに、熊本市内にあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などを下記に記載しましたので、気になる方はチェックしてみてください。

熊本市内にあるレンタルオフィス料金イメージ

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 花畑町駅から徒歩1 貸し会議室 小会議室1時間6,490円~ 1名~72 会議室6室完備

スタッフ常駐

最低3時間から予約可能

レンタルオフィスB 花畑町駅から徒歩3 バーチャルオフィス エコノミープラン

月額10,780

1名~ 登記可能

起業家応援パックあり

会議室なし

レンタルオフィスC 花畑町駅から徒歩5 レンタルオフィス、バーチャルオフィス 要問合せ 1名~ 24時間365日利用可能

セキュリティシステム完備

メンバーシップ特典あり

レンタルオフィスD 熊本城・市役所前駅から徒歩2 レンタルオフィス、シェアオフィス、コワーキングスペース、バーチャルオフィス 要問合せ 1名~ 受付サービス付き

オフィス家具完備

メンバーシップ特典あり

レンタルオフィスE 通町筋駅から徒歩2 コワーキングスペース 法人会員

月額55,000

固定席会員

月額27,500

1名~ フリードリンク完備

ドロップインOK

法人登記可能

バーチャルオフィスとして利用できる!銀座のレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

東京にあるレンタルオフィスやバーチャルオフィスは非常に多く存在しており、熊本市を拠点にする方が東京の拠点を選ぼうとしても、どこのエリアや、どんなタイプのものが最適なのかが良くわからないと思われます。できれば東京の主要エリアとなる「新宿」「渋谷」「銀座」といったエリアにあるレンタルオフィスなら、馴染みのない地方在住の方でもわかりやすいかもしれません。

そこで熊本市でビジネス展開している方の東京拠点に最適なレンタルオフィスを検討している方におすすめしたいのが、バーチャルオフィスとしての機能も備わった「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年に銀座で運営をスタートし、20年以上にわたり営業を続けるレンタルオフィスです。最寄り駅となる東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からは徒歩5分という銀座のど真ん中にあります。

そんな「銀座ビジネスセンター」が、東京都内に有数あるレンタルオフィスの中でおすすめな理由について、以下に簡単にまとめてみました。

月額11,000円~の料金が魅力!バーチャルオフィス機能が付いたレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」の利用会員となれば月額11,000円~の料金で各種サービスが受けられます。プランは全部で4種類あり、事業規模や業務内容、予算に応じた内容のものを選ぶことができます。

月額11,000円プラン

住所利用のみ行うのに適したプラン。法人登記や銀行口座開設に必要な住所利用、郵便物や宅配便の受取・転送対応があります。バーチャルオフィスとしての機能はこちらのプランで十分ですので、東京の住所を使ったビジネス展開を考えている地方企業やスタートアップ企業に最適です。

月額22,000円プラン

上記11,000円のプランに電話対応の付いたプランとなります。電話代行や電話転送対応が含まれます。東京03発信の番号が付与されるので、東京オフィスにかかってきた電話を熊本市内でも受け取れます。昨今はスマートフォンに直電という方や企業も多いですが、固定電話があることが信用につながることも実際にはありますので、こちらも便利なサービスです。

月額27,500円のプラン

上記22,000円のプランにFAX対応が付いたプランとなります。FAX受信時のPDFファイルへの変換・転送対応といったものがこのプランには含まれます。

月額55,000円のプラン

上記27,500円のプランに20時間分の部屋利用(4人部屋相当)が付いたプラン。月に数度の出張時に利用するなど、スポット的利用や軽度の利用であれば20時間まではこの料金しかかかりませんので、大変お得です。

代表が自ら利用希望者にお会いし審査・説明を行ってくれる安心のレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」では、利用希望者に代表自らがお会いして、オフィス契約に関する説明を丁寧に行ってくれるレンタルオフィス。あまり中身を見ずにイメージだけで契約して、のちのち後悔してしまった!ということが無いように事前にしっかり不安材料や疑問点を確認しておくことが出来ます。

レンタルオフィスやバーチャルオフィスは法人登記を一度その場所で行ってしまうと、移転する際には手間やコストが大きくのしかかってしまいますので、長く利用したい場合には安心できるところを選びたいもの。「銀座ビジネスセンター」は一度契約すると長期に渡り利用している方も多く、機能面やサービス面の満足度が伺えます。

まとめ

熊本市内でレンタルオフィスを検討している企業、また個人事業主の方で東京進出を本気で目指しているのであれば、まずはバーチャルオフィスとしても利用できる「銀座ビジネスセンター」がおすすめです。

地方企業であっても東京の拠点が作りやすい「銀座ビジネスセンター」は、月額11,000円~と銀座でもリーズナブルな料金で利用可能。バーチャルオフィス利用だけならこの金額以上はかかりません。

「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」を上手に活用して、東京でのビジネス展開の足掛かりとしてみませんか?

おすすめの記事