レンタルオフィス 市川

コロナ禍になり景気の先行きが見えない中、副業や起業などにチャレンジして複数の収入源を確保する人の割合は増加傾向にあるようです。当然ながら、市川エリアに住んでいる方や会社がある方の中にも「スマホやパソコンがあればできるビジネスを始めた」「副業が本業を抜き、とうとう起業することになった」というような方もいることでしょう。

副業やスタートアップの際には、コスト面を考慮し自宅や近所のカフェなどを作業場にするケースが多いと思いますが、「(家では)家族や他人の存在が気になってなかなか集中できない」「(カフェでは)セキュリティ面が気になる」といった理由から、思ったように仕事が進まないケースも少なくありません。

そこで、仕事の効率をアップさせたい方におすすめしたいのが「レンタルオフィス」。

レンタルオフィスなら、自分専用のプライベートスペースで誰にも邪魔されることなく仕事に従事できますし、賃貸オフィス契約のような高い賃料もかからず、コスト面は低減できることからいつでも気軽に契約できる点も魅力です。

今回は市川でワークスペースを探している方を対象に、市川エリアのレンタルオフィス事情とおすすめのレンタルオフィスについてご紹介していきます。

市川ってどんなエリア?

「市川」とは千葉県の北西部に位置し、千葉県内第4位の人口を有する地域。市の西側で東京都の江戸川区と接しているため、県境を越えて都内へ通勤通学する者の割合が多く、東京都のベッドタウンとしても知られています。

そんな市川市を代表する駅の1つである「市川駅」に乗り入れるJR総武線は、千葉と都内の往来を支える市民の重要な交通手段の1つです。東京に近いという立地もあって、駅周辺は商業施設やスーパー、教育機関などが多く集積し、常に多くの人で混雑。近年では駅南口において大型の複合ビルが建設されるなど再開発事業も活発化しており、さらなる利便性の向上が期待されています。

市川のレンタルオフィス事情

市川は千葉を代表する市の1つでもありますが、レンタルオフィスの数は限定的。特に個室のレンタルオフィスは少なく、レンタルスペースや貸し会議室のような形態が多いようです。仮に個室を借りられたとしても「完全個室料金は6名部屋で20万」を超えるような高額なものだったりと、副業やスタートアップ企業の方にはかなりハードルが高いと言えます。

以下に市川エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などをまとめましたので、検討の際には参考にしてみてください。

市川エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 市川駅から徒歩2分 レンタルオフィス、シェアオフィス 6名部屋

月額200,000円~

1名~ 2021年7月オープンの新しいレンタルオフィス

従量課金制プランもあり

Wi-Fi完備

レンタルオフィスB 市川駅から徒歩2分 レンタルスペース、貸し会議室 1時間330円~1,360円

 

1名~ 大型テレビモニター、Wi-Fiなどのビジネスツール完備

パーティーや撮影などへの利用もOK

レンタルオフィスC 市川駅から徒歩4分 レンタルスペース レンタルスペース

1時間1,650円~

1名~ 電源あり

カフェ併設

飲食物の持ち込み不可

市川エリアからも通いやすい東京・銀座にある「銀座ビジネスセンター」とは?

市川のレンタルオフィスはほとんど数がなく、利用したくてもすぐに利用できない可能性があります。それに加えて、個室の利用料金が極めて高額ということもあり、スモールビジネス従事者では現実的とは言えません。

そのためロケーションやコストの面から見て割に合わない市川エリアでレンタルオフィスを探すより、都内にてレンタルオフィスを構えたほうが断然安く、希望に合ったレンタルオフィスを見つけられることでしょう。

多くの方は費用対効果を考えると、「値段はリーズナブルでありながら高品質」なレンタルオフィスを選びたいというのが本音だと思いますが、実はそんな欲張りなニーズを叶えてくれるレンタルオフィスが銀座にあります。それが銀座の地で20年以上の長きにわたり運営し続けている老舗のレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年に運営スタート、全22ある個室の時間貸しおよび住所貸しをメインに展開しているレンタルオフィスです。最寄り駅となる東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からは徒歩5分という抜群の交通アクセスを誇るため、市川エリアとの行き来も全く苦になりません。

東京都内に数あるレンタルオフィスの中でも「銀座ビジネスセンター」が特にオススメな理由を、以下にまとめてみました。

利用希望者に対して代表自ら契約の説明や審査を行ってくれる安心のレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は、代表が自ら利用希望者と面会し、オフィス契約に関する詳細説明や審査を丁寧に行ってくれるレンタルオフィス。

ネットだけで申し込みを済ませたり、担当者の簡単な説明のみで契約させられたりするレンタルオフィスも多数ある中、「銀座ビジネスセンター」のように代表が直に利用希望者の契約に関する不安や疑問に答えてくれるのは非常に安心できます。

契約後に法人登記を移転させたりするのは思っているよりも大変です。「こんなはずじゃなかった」「契約前にきちんと説明しておいてくれたら考えたのに…」という点もすべて納得した上で契約できれば、長きにわたって利用していけることでしょう。

バーチャルオフィスとしても、レンタルオフィスとしても利用できる便利なレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は会員になると月額11,000円~の料金で様々なサービスを受けることが可能。用意されているプランは全部で4つありますが、のニーズ(予算・事業形態・事業ステージ等)応じてフレキシブルに選択することができます。

月額11,000円のプラン

銀座の住所を利用したい方向けのバーチャルオフィスプラン。市川エリアに拠点を置きながら「銀座」の住所でビジネスを優位に展開したい方にピッタリです。法人登記や銀行口座開設に必要な住所利用はもちろんのこと、正社員秘書による郵便物や宅配便の受取・転送対応があり、地方企業や東京郊外にある企業でも十分メリットを享受することができます。

月額22,000円のプラン

上記11,000円のプランに電話対応が付いたプラン。「電話対応や事務業務を秘書に任せて作業負担を軽減したい」という方にもオススメです。

月額27,500円のプラン

上記22,000円のプランにFAX対応が含まれたプラン。FAX受信時のPDFファイルへの変換・転送対応などが含まれており「業務上FAXの利用が必須」といった方に最適です。

月額55,000円のプラン

上記27,500円のプランに加えて、20時間分の部屋利用(4人部屋相当)が付いたプラン。「週に12度、2時間程度個室を利用したい」「定期的にクライアントとの打ち合わせがある」のであれば、20時間までは追加の個室利用料金がかからないため、最もお得なプランです。

市川から銀座ビジネスセンターまでの交通アクセス

市川駅から「銀座ビジネスセンター」までの移動手段ですが、JR総武線で東京駅までがおよそ19分、そこから銀座駅までは約2分です。

まとめ

市川エリアでレンタルオフィスを検討しているスタートアップ企業や個人事業主の方、また副業で自宅以外の住所利用やワークスペース利用を考えている方に、東京銀座の「銀座ビジネスセンター」は、ローコストで銀座オフィスを構えることができるレンタルオフィス。

「銀座ビジネスセンター( https://www.ginza-bc.co.jp/)」なら、リーズナブルでありながら、丁寧で正確な秘書サービスなどクオリティは最上級!ぜひこの機会に「銀座ビジネスセンター」を内見し、その良さを肌で感じてみませんか?

おすすめの記事